02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./03

Sajouのソーイングボックス 

g782.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II


g784.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

Sajou(サジュー)のソーイングボックスです。
アンティーク復刻版シリーズのひとつです。



D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

フタをしめるとこんな感じ。
フランスにもミケネコいるのかな。


g780.jpg
D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

メジャーの文字に心くすぐられます。
Sajouというのは、伝説的なフランス刺繍店なんですって。


g787.jpg
D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

もちろん、使う気はありません。
観賞用です。


g785.jpg

2段になっていて、下の段には、フレンチアンティーク柄の糸巻きが入ってました。
左すみはピンが入っています。


g781.jpg

懐かしい雰囲気のお裁縫道具が、16点入っています。


g786.jpg
D700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

3月に届いてから、毎日、眺めて楽しんでいます。
世の中には、素敵なものがたくさんあるんですね。
スポンサーサイト
2012.04.17 Tue 14:19
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

お弁当をいれる巾着袋を作りました。 

今日は2回目の更新です。
1回目は、「ジェントリースープ・トマトポタージュ」の記事があります。

先週、「くまのがっこう・2段ランチボックス・フラワーガーデン」の記事で書きましたように、
ちょうどいい大きさの巾着袋を作りました。

g351.jpg
D700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

なんの工夫もなく、シンプルに作りました。
布が可愛いので、その方がいいかなと。
袋物は、裏をつけて作るのが好きなのですが、
今回は、早乾性を重要視して、一枚にしました。
若干、大きくなっちゃったので、
バナナやオヤツを、いっしょにいれてやろう。

g355.jpg

今日は、高校が家庭学習日のため、
モナカに手伝ってもらって、写真を撮りました。
これ、小さい子のぷっくぷくした手でやったら、可愛いでしょうね。


g353.jpg






g354.jpg

よし、できたできた。
2012.03.06 Tue 16:38
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

大事なウサギのクロスステッチ 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

2匹のウサギは、母が昔、作ってくれたクロスステッチで、
もともとは、小さめのクッションカバーでした。

ぶっといあんよの2匹のウサギさん、
眺めていると、とても癒されます。
そして、なんだか涙がでそうにもなっちゃうんですよね。
それはどうしてかというと、
自分もちょっとだけやってみたクロスステッチの、
単純だけれど根気のいる作業のことを思うからかもしれません。
忙しい中、一針一針、苦労して刺してくれたのが、わかるようになりました。

可愛いので、もう一枚。

c811.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

それもしても刺しゅう糸ってすごいですよね。
当時、毎週のように洗っていて、
ものすごい年月が経ったのに、
色、褪せていません。

男の子ウサギからの贈り物を、
「あら、ありがと♡」
なんて感じで、
遠慮のかけらもなさそうな顔をして、もらっちゃいそうな、
無邪気な女の子ウサギ。
可愛いふたりの刺しゅうは、わたしにとっての、お宝です。
2010.05.13 Thu 19:46
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

お裁縫ごっことロマンチックについて 


D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

雑誌を見ていたら、可愛いお裁縫部屋の写真があったので、
わたしもやってみました。

b914.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

気に入ったレースや糸は、部屋に飾っておくと可愛いです。

b913.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

引き出しの中。

先日、ハンドメイドをはじめようと思われたお友達が、
「はじめての場合、何を作ればいいでしょうか?」
と、相談してくださいました。
そのときは、胸をはって、「きんちゃく袋」と言ってしまったんですが、
ピンクッションはいかがでしょうか。
これから使うものですし、自分で作ったものは愛着がわきます。
そして、とても簡単です。

b911.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

これは、数年前にパッチワークっぽく作ったものです。
曲がっていますし、綿もスミまでしっかり入ってないですが、いいんです。
好きな布で作ったので、気に入って愛用しています。

b912.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

こちらは、一年くらい前にこのブログでも記事にしましたが、
リネンに余ったレースを縫い付けただけのピンクッションです。
レースがガタガタ曲がっていますが、いいんです。
リネンなので、目が荒くて、針が刺しやすいです。

b915.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

白くてうるさくないので、いつもこの場所に飾ってあります。
アクセサリーの撮影のときに使うと可愛いです。

さて、今日も小物の撮り方で、
自分なりに気をつけていることを書きます。
カメラの技術的なことは、詳しい方がたくさんいるので、
わたしがブログで書くのは、被写体について想うことを書きます。

本日の記事の5枚目の、レースのピンクッションの写真を例にあげます。
このピンクッションは、白くてレースがいっぱいついていて、
ロマンチックな雰囲気があります。
ロマンチックなものを撮る場合、
背景までロマンチックにしがちですが、ちょっとまってみてください。
ロマンにロマンを重ねると、ロマンチック度はあがりますが、
コテコテの居心地が悪い写真になる危険性が高まります。
スイートなブラウスに花柄フリフリのエプロンの御婦人を
スーパーでお見かけしますが、少々、胃もたれしますよね。
それゆえ、ロマンチックなものは、
この写真で使ったような、古い机や古いはさみ、
少々薄汚れたものをあわせた方が、
美しく感じられるように思っています。
綺麗なお花畑の美女も、もちろん素敵ですが、
廃墟の美女は格別だと思いませんか。

その反対で。。。。、

b916.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

これは、裁縫好きな母が長年、愛用した指ぬきなんですが、
こんなような飾り気のないもの、長年使って化石化したようなもの、
こういうものこそロマンチックな背景が似合うと想うんです。
イメージしてください。
お花の咲き乱れるロマンチックな庭に、
古びたバケツ、錆びたジョウロがあると、それはそれは素敵ですよね。

なんて書きましたが、
私自身も、ロマンにロマンを重ねた失敗を繰り返してまいりました。
また、あくまで、私個人の好みで書きましたので、
ロマンチックなものを、重ねるのがお好きな方は、
もちろんそれでよいと思います。
2010.02.14 Sun 16:04
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

デジカメケース 



お裁縫の本を見ていたらデジカメのケースを作ってみたくなりました。
このコンパクトデジカメは、ここ数年、全く使ってません。
でも、作ってみたくなりました。

わたしは使いたいから作るというわけではなくて、
必要であろうがなかろうが、
作ってみたいので作るタイプです。

季節はずれのマリンですみません。
裏地は「花柄お弁当バック」 を作ったときに使った布です。

b150.jpg

お見苦しいところも、ございます。

本当はこんなケースにいれておいたら、
さあ撮りたいと思ってから、
いちいち、ちまちまとカメラを引っ張り出して、
それはそれはめんどくさいです。
携帯だって可愛い入れ物が売ってますが、
外出時に使うだけにしたって、
用があるたびに、
いちいち、ちまちまと引っぱり出して、
またしまってと、
それはそれはめんどくさいです。

ですので、わたしは基本、バックの中になにもかも裸のまま放りこみ、
そのつど、手探りで探しあてて使っています。
2009.11.02 Mon 11:13
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

肩掛けグラニーバック 

b095.jpg

レモン色のはチャコですよ。
薄くてパリンと割れちゃいそう。
「平和」という刻印がしてあります。



さてさて、ひさしぶりのお裁縫です。
昨日、「やろう。」と決心してから、
一日と少しで血眼になって作って完成です。

ちなみにグラニーバックとは、
直訳すると、「おばあちゃんのバック」になるそうですが、
ギャザーやタックをいれた、ふんわりとした形の、
まるみのあるバックのことなんだそうです。

b090.jpg

ポケットの入口にゴムがはいって、
くしゅくしゅと可愛い感じになっています。

花はスプレーストック。花言葉は「ふくよかな愛」

b093.jpg

お見苦しいところもございますが、
裏地は淡いグリーンのドットを使いました。

b094.jpg

愛機は3年ほど前に買ったジャノメのG5000。
その前のが、ポンコツだったので、とても縫いやすいです。
2009.10.22 Thu 14:39
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

レースとリボン 

b060.jpg


b063.jpg


b062.jpg

何か作ろうと思い、
まずは買いだめしてあるレースやリボンにアイロンかけました。
レースにアイロンをかけていると、
なんだかとても女らしいことをしているかのような気分になります。
綺麗になったレースたち。
そこで写真を撮りたくなりました。

しかし。。。
ひととおり撮り終わったら、
何かを作る気持ちが、すっかりしぼんでしまいました。
言いわけのようなんですが、
作りはじめると、必死で作っちゃうんですけど、
とりかかるまで時間かかります。
とりあえず、アイロンがけしたレースは、
また丸めて箱にしまっておきます。

いつか何かをつくるために、
箱の中のレースにアイロンをかけます。
2009.10.16 Fri 15:03
カテゴリ: お裁縫
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »