02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./03

バラの季節と体幹トレーニング180日目とタンパク質を食べなくちゃ。 



品種名は不明です。
数年前に苗をいただきました。
昨年、鉢から花壇に植え替えたら、とても元気になり、
今年はたくさん咲きました。

まだ5月だっていうのに、台風がくるというから、
出来る範囲で鉢を玄関にいれたり、集めて固めたりして避難させました。

さっき、インナースキャンのデーターをパソコンに落としたんだけど、
体重↓
体脂肪率↓↓
…は、いいとして、
筋肉量も↓でがっかり。
計算しなおしたら、減った体重のわりには筋肉量は落ちてなかったから、
これでいいのかもだけど、
どうしても体重が落ちると、脂肪だけでなく筋肉量も落ちてしまうものなのだな。
なので、筋トレするのよね。

(体幹トレーニングは、180日めを超えました。)
妊娠線やら、服の線やら、すみませんw

m195.jpg

若干、縦線がはっきりしてきました。


食事制限だけで減量する場合、都合よく脂肪から減ればいんだけど、
脂肪も筋肉も一緒に減るのだそうです。
つまり、食事制限だけの減量をしてるってことは、
大事な筋肉まで、今この瞬間も、せっせと減らしちゃってるってことになるのだ。
そして、筋肉を維持するには、タンパク質が重要で、体重1㎏あたり1gは最低必要。
50㎏なら、50g。
筋トレに励む人ならその2倍!

目安は、
納豆1パック→8g、
豆乳1カップ→10g、
タマゴ→7g、
ささみ1本1→10g、
鶏むね肉一枚の半分(皮なし)が約100g→22g
豚ひれ100g→23g

とこんなかんじ。
体重×1なら、なんとなりそうだが、
体重×2となると、なかなかたいへん…
鶏はむ作らなくちゃw

ただ痩せればいい、体重さえ減ればいい、筋肉落ちてもかまわないなら、
タンパク質もろくにとらない、運動もしないような減量でもいいけど、
それだと痩せたというか、やつれた…になりそう。
それに自分が満足できればいいけど、
かっこよくなりたい、美しくなりたいって目的だと、真逆。
風邪ひいて痩せて、病みあがったときと同じだもんね。
10代の若い子なら、こんにゃくだけ食べて痩せても、見られるんだろうけど、
もうここまできたら、ちゃんとやらないとあかんと想う。
痩せたい人ってのは、減量したことに満足して、自分を客観的に見れなくなるから、
気をつけなくちゃだよね。

適当に食べたいもの食べて、飲みたいだけ飲んで、
あれあれ~太っちゃった...からと、
今度は適当にダイエットして、
鍛えもせずに、ぐうたらしてたって、
人はそんなヤワじゃないから、
普通に元気ではいるんだろうし、特に困ることもないと想うよ。
(そのうち、生活習慣病になる人も多いけど。)
それでよければOKなんだけど、
日々、いや、刻一刻と老化していく中で、
人よりかっこいい身体や、人より美しい身体が欲しいってなれば、
それなりのことをせねばならないのだ。
楽な道はないってことだよね。
そして、それはそれだけの価値があるから、
大金を払ってでも、プライベートジムに行く人もいるんだな~。

綺麗に鍛えてる人は、すごいなと想う。

考えてちゃんと食べて、ほどよく運動して、なりたい自分に近づけるようにしたいな。
「パンは軽いから太らない~。」って言ったアイドルがいるそうだけど、
あんまりバカだと、変な身体になっちゃう。

自分のための覚書です。



スポンサーサイト
2015.05.12 Tue 17:08
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

チュチュ・オプティマと今日の会見。 



チュチュ・オプティマ。
今年も咲いてくれました。
愛らしいミニバラ。


m190.jpg


うつみ宮土理さんの記者会見を見た。
愛川欣也さん、80才、肺がんで病死。
今は、遺骨を抱いて寝ていると。
ご主人を大好きだったのは、とてもよく伝わった。
ただ、最愛の人を失った怒りと悲しみをコントロールできないままに開いてしまったような、印象を受けた。
いろんな意味で、痛々しかった。
この時期に、こんな状態で会見を開く必要なんてあったのか。

老夫婦で、わたしの周りで多いのは、
爺ちゃんが若いころから、さんざん好き放題して困らせて、
年取って、病気から介護となり…そしてお迎えがきて、
残された婆ちゃんは、やれやれというパターン。
しばらくすると老妻は、第二の人生を楽しもうと歩み出す。
そのうちイキイキとして、好きなことをしはじめる。
ウチの母親がまさにこれなんだけど、うつみさんは、そういったのとは、真逆な感じ。
いっしょに天国に逝きたい…と想えるなんて、ほんとうに仲がよかったんだなと想う。

自分はどうだったかというと、夫が亡くなった後は、やることも山積みだったし、
幼いモナカがいたのでメソメソしてらんなかった。
というか、「おかあさん」という存在は感情まるだしじゃダメだよ。
子が不安定にならないようにするには、まずは母親が安定してないと。
悲劇のヒロインになって、感情のまま泣いたり嗚咽したり憔悴したりなんてことは、許されはしないのだ。
甘えてらんないの。
なぜならば、その姿を見た子はその数十倍、揺さぶられちゃう。
父親が亡くなり大ショックなのにこれ以上、揺さぶってどうすんの。
そんなことできるわけがない。
そんなんじゃ、まともに育たない。
かっこつけて言うと、そんなことをしたら、わたしに娘を残してくれた人に申し訳ない。
そして、現在に至る。

うつみさんは、お子さんに恵まれなかったようで、
最愛のご主人がすべてだったのかもしれない。
人の気持ちなんてその人にしかわからないし、夫婦のこともその夫婦にしかわからない。
今日の会見を見た人が
自分もをふくめて、好き勝手を言うんだろうけど、
ご主人をご自宅で看取るというのは、ほんとうに大変なことだったと想う。
体力も精神力も、限りなく消耗しただろう。
心身ともに、どうか今はゆっくりと休んでほしい。


2015.05.11 Mon 15:57
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

結局、何をどう食べればいいのかってことを、自分なりに考えてみる。 



シャンテロゼ・ミサトのつぼみ。
一番最初に開花しそう。
こうしてみると地味だけど、咲くと見応えあるんだよ。


さて。
世の中には一部の不摂生三昧の人もいるけれど、
多くのまともな人々は、自分のためにも家族のためにも健康でいようと、
小学生時代に指導してもらったとおり、
赤・黄・緑に分けられた食品群から、バランスよく食べようと、日々心掛けて食生活を送る。
誰だって元気でいたいのだ。
にもかかわらず、体調が悪くなったり、太ったりと、不都合がおきる。
不摂生しないで、真面目にバランスよく食べているつもりでも、
不都合が起きてしまう場合もある。
だから人は、いろんな栄養法を試してみたくなるのもしれない。


最近知ってびっくりしたMEC食
これはなんとなんと、肉(meat)、卵(egg)、チーズ(cheese)を中心に栄養を摂ると言う考え方。
穀物や野菜中心の食生活なんてやめちゃってOK!、ってことらしい。
肉たまごチーズっていえば心配なのがコレステロール。
このコレステロール、
ちょっと前までコレステロールといえば、悪者扱いだったじゃないですか。
しかし最近は変わってきた部分もあり、
血中コレステロールは重要な指標だけど、
いまや大半の科学者は、
「コレステロールが高い食事をすると、血中コレステロールも上がる!」、とは考えてないよ、
考えてないよ、考えてないよ、って事となったと。
それにしたって、テレビをつければ、
野菜をもっととれ!現代人は野菜不足だ!そこで青汁だ!、
なんて念仏のように言われてきたのだから、
こんな斬新なこと言われても、これをやる勇気など、そう簡単にはでない。
だけど、世の中には勇者達がいる。
MEC食を試し、痩せた人もいればイキイキとして元気になった人もいるのだとか。
(逆に太った人もw)
個人的には、朝からチーズオムレツをお腹いっぱい…って悪くないから、
一日だけならやってもいい。
でも動物性タンパク質ばっかりだと、身体が獣臭くならないかが一番心配だわ。
女豹のようになれるならカッコいいけどねw


次はマクロビオティック、よく耳にするマクロビ。
MEC食の真逆のようなイメージで、
玄米を主食とし、野菜や漬物や乾物などを副食とする...といういわゆるヘルシーな食生活。
やっていらっしゃる方々も、自然に優しい生活をし、
木綿やリネンなどをまとい、厚化粧とは無縁で、サラサラさわやかナチュラルな印象。
男女ともに、自然と同化し、まるで草の民のようでもある。
大きさお世話だけど、そのうち干し草になってしまわないかと心配になる人もいる。
で、このマクロビ。
わたし自身は、目指すところにありません。
フェロモンというか動物的な艶っぽさが激減しそうで、どうもこれには魅力を感じない。
あと自分自身だけの偏見かもだけど、なんかこう信仰みたいな雰囲気の要素を感じてしまう。
そういうものが少しでもすると、肌にあわないのよね。
なわけで、未来のことはわからないけれど、今のところはマクロビには興味なし。
たまーに、マクロビ料理をお店で楽しむのはやってみたいけどね。
ただ、脂ギッシュで太っちゃって添加物だらけのものばかり食べてる自覚があって、
身体が変になっちゃった人は、こういうのをやると変わりそうだなとは想う。


こだわりのある食生活に徹する人々は、自分がやってるのが一番よいと信じてやっている。
そりゃそうだ。
あたりまえだ。
自分だってそうだ。
脱線するけど、
大酒飲みが、酒は百薬の長だとか、生きる糧だとか、
大酒飲みのくせに、自分の飲み方は適量だと言うのと、
ちょっと被る要素も感じてしまう。
(自分も含めてだけど、)人は都合のよいところしか見えなくなりがち、って意味で。

ま、飲酒はともかく、人は何かを食べていかなければ生きていけない。
食は避けて通れないし、生きている以上は食に関心を持たずにはいられない。
結論は、自分の身体だから、気に入った方法で好きなように食べればいい。
身体にあえばめでたく、あわなければ変えればいいじゃん。
長い人生だもん。(でも以外と、短かったりもするのだがw)
それで、寿命が縮まったり、さらなる病気になるかもだけど、失敗もふくめてその人の人生だ。
赤黄緑の小学校の指導のとおり、バランスよく食べてたって、
調子が悪くなるから、人はあれこれしたくなるのだから、
結局はバランスよくですよね…っていう、つまらない結論にはしたくないw
自由にやりたいやつをやりましょう。自己責任で。

(ただ子供を育てるときの食生活はまた違う話。親は責任重大。好きなようにってわけにはいかん。)


で、今のわたしは、筋トレを始めたので、しっかりとタンパク質をとるのが食の関心事。
あと、干からびないように質の良い脂質もとりたい。
筋トレ関連ページばかり見てるせいか、
男の人も、しっかり食べ、しっかり鍛えてってのが、今は一番カッコイイと想う。


ためておいたのを長々書いちゃった。
最後までお読みくださり、ありがとう。




2015.04.30 Thu 18:13
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

オオデマリと筋肉にキスを。 



鉢植えのオオデマリが咲いたので。
オオテマリの方が可愛い響きなのに、オオデマリ。

小さな紫陽花みたいで可愛いです。


m166-01.jpg

玄関に。
バラの蕾もふくらんできました。
あと10日もすれば5月だもんね。


さて、フロントブリッジから始まった体幹トレーニング、各種運動も160日が経過。
やり始めてからは、せっかくだから効果をあげようと、
口にするものにも気を使い、ここ数ヶ月は岩盤浴にも通い出す。
わたしのお腹からはじわじわと脂肪がなくなり、ウエストは締まる。
おしりのサイズは腰骨やら骨盤が貼りだしている為、あまり変化しないので、
ウエストだけくびれ、ヒップとの差は30センチとなる。
これで90㎝のバストがあれば、数字上では峰不二子に近づけるのだろうが、
自分の場合、胸はささやかにあるだけなので、そっとしておいてほしい。
豆乳は飲んでいる。
(ちなみに、不二子ちゃんは、
B:99.9cm W:55.5cm H:88.8cm、
身長は167cm、体重は50kgで、想像以上にすごかった!)

かつて、ブログのどこかに書いた覚えがあるけど、
自分のお腹がぽよんとしていたころは、
女性は少しくらいなら、
お腹がぽよっとしていた方が可愛気があると想っていたし、
男性のお腹も、少しくらいなら、ぽよんとしていたってかまわないと想っていた。
きっと、自分のぽよんとした腹で、人の事など言えないと想ったり、
なにより、自分自身が安心したかったのがあったのだろう。
しかし、自身が日々、コツコツと運動した結果として、
腹部に縦線が現れ、いい感じになってくると、考えは変化した。
そうなのです、
心が狭く、器が小さく、都合のよいわたしは、考えなど簡単に変わるのだ。
女性よりも遥かに筋肉がつきやすい身体をもっていて、
もともと女性より体脂肪率も少なく、
妊娠も出産せず、体型の変化がない男性のお腹がぽよんとしているなんて
情けないにもほどがあるような気がしてきちゃったのよ。
病や怪我などで身体を壊しているのなら仕方がないけど、
怠惰な生活習慣で腹部に脂肪をため込めるなんて、
人生に美意識というものがないのか。
(それは男も女もだけれど。)

また、そういう脂肪を抱えた男性に限って、女性の体型に文句をつけたりもする。
文句があるのなら、
まずは己の体脂肪率を10%未満にし、腹部を6個、または8個に割ってからじゃないと。
話しはそれからよw
だって男性は私たちより、ず~~っと有利なんだもん。

。。。なんて、人間の小さいわたしは思ってしまう今日このごろなのですが、
先日、テレビを見ていたら、鍛え抜かれた40代の女性ボディビルダーが、
その肉体を披露していました。
インタビューで、
「恋人は、やはり鍛え抜かれた男性でなければなりませんか?」
という質問に、
「そんなことは求めません。ただ今の私をそのまま受け入れてくださる方ならば。」
と答えていらっしゃった。
ここまでくると、恋人の腹に脂肪があろうがなかろうが、
そのようなことは、些細なこととなるのですね。
自身の鍛え抜かれた肉体を賛美し、
そのひとつひとつの筋肉にキスをしてくれる人であれば…、と想われるのでしょうか。
何事も極めた人は違います。
発言も美しいのでした。

わたしは凡人だから、
どれだけ賛美してくれても脂肪まみれのルシタニア国王より、
裸は見てないけども、推定体脂肪率5%のダリューンにそっけなくされたいw 
(アルスラーン戦記、おもしろいです。)


また事情が変わっちゃって、
「やっぱり、お腹は少しくらい出ていた方が、男女問わず可愛い気があるものですよね~。」、
な~んて書かなくてもいいように、
引き続き、各種トレーニングがんばるのだw


2015.04.22 Wed 17:08
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

スカビオサ・ブルーバルーンと黒タイツの悩み 



スカビオサです。
あんまり可愛いので苗をひとつ買いました。
ブルーバルーンという品種。可愛い響き。

でも花言葉は、悲しいのばっかり。
「不幸な恋」、「恵まれぬ恋」、「わたしはすべてを失った」、
「悲しみの花嫁」、「風情」、「健気」、 「未亡人」、「恵まれぬ心」


l833.jpg

この写真、カップの取っ手は右側だったなー。
なんか気持ち悪いな。
以前なら撮り直したんだけど、まぁいいか。

週末、こうして愛でて、
来週になったら植えてやりましょう。


さて、寒くなると黒いタイツをはく人が多くなりますが、わたしもそのうちのひとりです。
どんなにオシャレしても、
毛玉のついた黒いタイツほど、それをだいなしにするものはないので、
点検して古いものは潔く捨てます。
モナカにも毛玉のついたのなんて、絶対に外に履いていくな、
あんな哀しいものはないのだから…、と言ってあります。
悩みは、
一年経つと。。。、
いや一年経たなくても、どれがどれで、なんだったのかわかんなくなっちゃうことです。

その理由は、
タイツというのは、
透け間のある30デニールから、40、60、80、110...など展開し、
(150というのも見たことがある)
数字が大きくなるに従い、厚くなり暖かくなります。
ただし、数字が大きくなるに従い「色気」というものもなくなります。
大人ですので、
厚みだけでも、季節やら装いに応じて、いろいろ必要となります。
さらに他機能も、
着圧、発熱、着圧&発熱、
つま先ゆったり編み、つま先スルー、
消臭加工、静電気防止、
なめらか加工、こだわりの黒、
足を長くみせる切り替えのないオールスルー、
などそれぞれに、あるのとないのとあり複雑極まりなく、
これは好ましい!ってのをみつけて、
その年には、なんとか他と区別がついても、翌年になると、もうさっぱり???
(いちおう、好みのものには、袋に詳細を記入して貼り、
お洗濯してしまうを繰り返し努力はしてはいる…。)
娘とふたりぶんなので、混乱するばかりです。


2014.10.18 Sat 18:09
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

秋のバラと好きなタイプは嫌いなタイプは。 



小ぶりですが、ペッシュボンボン。


l633-02.jpg

花びら、何枚重なってるんだろ。
前にバラバラにして数えたんだけどなー。


l634-01.jpg

チュチュ・オプティマ。


l635.jpg

ジョイ・ハート。
とても小さなバラ。


l609_201409171153019ef.jpg

ぬくもりの森のレストランの残り。
コーヒーも紅茶も飲めないモナカは、
このオシャレなお砂糖をいくつもいくつもいれて、ミルクも全部いれて、紅茶を楽しんでました...w


先日の美容室の会話で、
好きなタイプはどんな?・・・という話になり、
「えー、うーん。。。。。(しばらく間が空き...)、タイプとかは特にないんだよね。」
と、つまらなさすぎる答えをしたんだけど、
そのあと、
じゃあ、嫌いなタイプはどんな?・・・と聞かれ、
「ケチな人。」
と即答。
前の質問と比べて、あまりの即答っぷりに美容師さんに、
「まず、ケチときたか。」
と笑われたんだけど、
なにも贅沢をさせろというわけではない。
ただ、お金にケチだと愛情もケチるというのがわたしの考え。

いや正確にはケチというか、損得というか、
何をするにも、天秤で計ってるのがチラチラ見える人が嫌い。
「損をして得を取れ」ってコトワザがありますよね。
ビジネスの世界のことは、よくわからないけど、
恋愛でも、無防備なほど愛されると、
それ以上に愛したくなる。
倍返しよ。
同じように相手もそう感じているときは、増幅して幸せな関係でいられると想います。
まー、そういうときは損も得も計算もへったくれもなくて、
せずにはいられない」からそうしちゃうんだけど、
あえて損か得におきかえれば、損をして得...ってことになるのかもしれない。

他にもよく考えてみれば、
不潔な人、言葉が汚い人、無神経な人、えらそうな人、悪趣味な人、品性のカケラもない人、
などたくさんある中、「ケチな人。」と即答した自分は、自分でもハシタナイと想いました。
まさしく、品性のカケラもなかったわね~。

2014.09.18 Thu 15:14
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

夏休みの自由研究、親はどうしましょ。 



シャンテロゼ・ミサト。
5月にバラの季節をむかえ、
その後、梅雨にはいったら、害虫にやられて、綺麗に咲けなかったのですが、
また真夏に元気に咲きだしました。
癒されます。

昨年もわたしは耳管開放症に悩まされたのですが、
この夏もぼわんぼわん、開いてしまうことが多く不快です。
高い所にいくと、耳が詰まったようにぼわーんとするでしょ、
あんな感じが続くのをイメージしてください。
24時間開きっぱなしではないのですが、
暑いところを歩いたり、お腹がすいたり?、水分不足になると開きます。
ただし、横になればいつても閉じます。
また深々とお辞儀しても閉じるんだけど、頭をあげると、一瞬でまた開いちゃう。
これ、夏に悪化する人、多いようですね。
昨年は数件の耳鼻科をハシゴしたのですが、
ちっともよくならず、(優れた治療法もないらしいです)
でも気温が下がってきたらいつのまにか治っていたので、
今年も、秋になれば治ってくると想います。


l515-01.jpg


シャンプーのあとで、おとなしいビスケ。
タオルはモナカのひいばあちゃんの老人会の記念品w
お風呂だと、別の犬のように、やたらおとなしいんです。
部屋に戻るとはしゃいでしまい、こんなことさせてくれません。

夏休みといえば、小学生のうちは各種ワークのほかにも、
自由研究や読書感想文という大物宿題が課せられます。
ワークは、学校で習ったことの復習ですから、
基本的には自力でやれるものだと想いますが、
自由研究は、手伝う親御さんも多いのでは。

【自由研究】親はどう関わり、どう導くの?【ヒントあり】

↑の記事を読みましたが、わたしは共同作業派で、
毎年、夏休みに入るまえから、今年はなにやろうか~と相談してました。
小学3年生から、自由研究がありましたが、
やり方を教えてもらったでもなく、まとめ方の書式があるわけでもなく、
いきなりひとりで研究して、まとめてこいってのは、ムリがあるように想いました。
学校も親がいっしょにやるのを承知で出した宿題としか思えなくて。
しかし、
「いやいや、そうではありません、
それを子ども自身が自力でなんとかするのを見守ることこそ、親の務めでは?」
というお考えもあるようです。
でもなぁ~、
自力でなんとかしなくちゃならないこと、
親が助けてやりたくてもできない試練なんて、
自由研究以外にも、いくらでもあるもん。
夏休みの自由研究を手伝ったら、
将来ひとりではなにもできない大人になってしまう…!、なんてことないと想うなぁ。
そんな心配しなくてもいいのでは。
それより親子で好きなことを仲良く楽しくやって、
毎年ちょっとづつ成長して、
できることを増やしていって、
夏休みの想い出として、胸に刻んでくれたら幸せ。

モナカの自由研究は全部とってあるけれど、
このあいだふたりで見て、笑いました。
大きな文字や幼いスケッチや、内容が面白くて可笑しくて。
ほんとうは、3年生から6年生までの自由研究を、
「夏休みの自由研究にお困りのご家庭に その1」
って、
日替わりで1ページづつ紹介したいくらいなんだけど、
親バカすぎるのでやめることにしました…w
でもって、
たくさん文字をかいたり、線をひいて表をつくって、
まとめるだけだって、小学3年生にはたいへんな作業よ。
娘が大学生になった今、振り返って眺めてみれば、それだけでも、えらいよえらい。
がんばった~~w
娘の小学校時代の自由研究は、わたしのお宝です。


さて、モナカの個別指導のアルバイト、
当然のことながら、自分と人は違うわけで、
人に教えるのはとてもたいへんなことで、ひとコマひとコマ、反省ばかりだそうです。
でも、いろんな生徒さんと接するのが楽しくなってきたとのこと。
あいからわず、いろいろな話しをしてくれます。
なんだかキラキラしてみえるから、
耳管は開きっぱなしだけど、わたしもうれしい。

いい夏休みだね。
やってみてよかったね。

2014.08.19 Tue 16:22
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »