01/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28./03

ブルーデイジー 



2004年、春の写真。
カメラはキヤノンG5。
たしか寄れるオプションのレンズをつけて撮ったと思います。

この写真は、自分にとってはすごく思い入れがあります。
これを見た、と、あるお店のご主人が、
「くるんとした花びらがいいね」と言って、この写真を気に入ってくれました。
そしてそのお店のカードやチラシに使ってくれたんです。
すごくうれしかったです。
ほんとうにありがとうございました。

さて、
さきほど、中川昭一財務相兼金融担当相が辞表を提出したそうですね。
国会議員の中では、この人が一番好きです。
この人に投票できる、北海道11区にお住いの人がうらやましいです。
著書である、
「飛翔する日本」や
「日本を守るために日本人が考えておくべきこと」も、
いっしょうけんめい、読みました。
しかし、G7後の酩酊会見は、ひどかったですよ。
あれでは、誰が見たってただの酔っ払いにしか見えません。
酔うとああなるのかぁ。。。と思ってちょっと楽しみながら見ていましたが、
世間は、わたしのように優しく見守ってくれるはずはありません。
世界中にあんな醜態をさらしては、仕方がないことなのかもしれないです。
でも辞めないでほしかった。
あ~~も~~、テレビ見るのがつらいです。
でも最後まで見届けなくちゃ。

ヒラリー国務長官も来日してますね。
笑顔がまぶしい。華があります。
スポンサーサイト
2009.02.17 Tue 18:55
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

夏の引き出し(「風変りなおけいこ教室」の作文つき) 



説明します。

これは机の引きだしの中身です。
集めた可愛いものというのは、ひとつ残らず飾っておきたいです。
しかしそれをやると、こってこての部屋になってしまうため、そうはいきません。
飾れないものは、引き出しの中にいれ、時々のぞいて我慢しています。

この引き出しは夏の引き出しで、
白や水色など夏を感じさせるものを適当にいれてあります。
冬の引き出しもあるので、また今度、載せますね。
ちなみに洋服は季節も素材もすべて無視して、色だけで分類しています。
え~っと思うかもしれませんが、
引き出しを開けたときに同系色のグラデーションが目にとびこんでくるのは、
ほんとうに気持ちのいいものです。
ウソだと思ったら一度やってみてください。
もう、ニットはニット、TシャツはTシャツ。。。と
分類する気持ちにはならないのではないかと思います。

さて今日の作文は、風変りなおけいこ教室について書いてみました。

子供のころ、習字とピアノをならっていました。
どちらも母親が勝手に決めてきたことです。
両方とも、幼稚園の年長から通い、
習字は中一まで、ピアノは中三まで続けました。

長いこと通ったので、
さぞかし字も綺麗でピアノもけっこう弾けそうなんじゃないのかと
思われるかもしれませんが、
筋が悪く努力もしなかったため、両方ともモノになりませんでした。
決して他人のせいにするわけではないのですが、
モノにならなかったもうひとつの一因として、、
指導に恵まれなかったことが
あるような気がしてならないのも本音です。

まず、習字教室ですが先生というのは80くらいのおばあさんで
足が悪く、机から一歩も移動しない御方でした。
生徒というのは、他の曜日に関してはわからないのですが、
金曜日の4時からは、自分とたまにくる大人の女性の二名だけでありました。
さらに同じ部屋で、娘さんの手芸教室も開いていて、
そちらの方は生徒さんも多く、
5、6人名のご婦人方が刺繍の輪っかを手に、
なんやかんやと楽しげにおしゃべりしている風景が思いおこされます。

そんなご婦人方のすぐ横に、小さな机を並べて、
お稽古していた私なのですが、
絶対に変だと思うのは、

フェルトの下敷き

ビニールぶくろにはいった朱色で書いた先生のお手本

半紙、

このように重ね、7年間もずっとお手本だけをなぞり続けていたということです。

「なぞっているうちに字の形を覚えるからね。」
と、先生が話してくれた記憶はあるのですが、
「いったいいつになったら学校の習字の時間のように、お手本を左に置いて書けるのだろう?」
と、こども心に感じてはおりました。
同時に、それは絶対に口にしてはいけないことだとも感じておりました。

5枚なぞり終わると、週に一度の書道の時間は終わります。
帰り際には、クッキーやらチョコだのを、
手芸教室のご婦人方といっしょに、ごちそうになります。
余ったお菓子は半紙に包んで、毎回いただいて帰りました。
「しろこちゃんは、いつもおけいこを休まないでえらいわね。」
などと、ご婦人方に誉められたことも度々ありました。

そんなこんなで、よい思い出もたくさんあるのですが、
それにしても、このやり方はなんだったのでしょうか。
七年ものあいだ、ビニールをかぶせたお手本をなぞり続けるって、
あまり上手になれないような気がしませんか?
また、中学生になっても、まだなぞっていたのですから、
あのまま通い続けていたら、今でも、なぞっているのでしょうか。

続いてピアノ教室のことも書きたいのですが、
すっかり長くなってしまったので、また今度にしますね。
2009.02.17 Tue 15:10
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |