05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

仔犬とデンタルコットン 



今日もまたビスケですみません。

これは、「デンタルコットン」というもので遊んでいます。
デンタルコットンは、
「犬が遊びながら噛む事で、
歯の隙間に入り込んで歯垢を落とし、
歯茎をマッサージし、歯茎の血行を促進し、
歯槽膿漏の予防と健康な歯と歯茎を育てます。
また、噛むことでストレス解消。家具などへのイタズラが減ります。
適度な噛み応えがアゴを強化します。」
というものです。

a242.jpg

飼い主さんと引っ張りっこして、遊ぶこともできます。
今は、ちゃんと手加減しながら遊びますが、
仔犬のころのビスケは
遊んでいるうちに
だんだんエキサイトしてきて、見境がなくなりました。
そして暴れ狂う犬となり、
凶悪な顔をして唸りながら、
私からデンタルコットンを奪い取ろうとするため、
引っ張りっこは、わたしのほうがまっぴらゴメンでした。

a240.jpg


a243.jpg


a245.jpg

丈夫そうにみえるデンタルコットンですが、
このデンタルコットンの寿命も意外に短く、
1~2週間ほどで結び目を上手に噛みちぎって、
バラバラに分解し、処分となりました。
スポンサーサイト
2009.06.30 Tue 12:32
カテゴリ: ビーグル
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

仔犬とおもちゃいろいろ 



仔犬だって、話しかけてやれば、言葉をどんどん覚えていきます。
「ごはん」と「たべる」という言葉は、すぐに覚えて反応するようにまりました。
動きをピタリと止めてこちらを見つめます。

今日はビスケの2~3ヶ月、パピー時代のおもちゃを紹介します。
写真に書いてある、おかしな説明は、当時のものです。

a238.jpg

今では、「もってこい」はできますからね。
その後、破壊が進み、補充されました。

a236.jpg

上の写真の青いおもちゃは
穴があいていて、その中にドックフードをいれます。
うまく転がすと、ドックフードがこぼれてきて食べることができるのですが、
様子がわからなくて、
不思議にそうにしていたころのビスケです。

a233.jpg

a234.jpg

a235.jpg

a232.jpg

写真は2005年 ビスケ2ケ月。
2009.06.29 Mon 15:55
カテゴリ: ビーグル
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

アガパンサスと雨また雨 



アガパンサスです。
古い木戸を背景に、
鉛色の空の下で咲くアガパンサスは
これまでどこで見たアガパンサスより、しっとり風情があってステキでした。
しゅ~んとまっすぐに伸びた茎が美しいです。

花言葉は「恋の便り」 「恋の訪れ」

また、アガパンサスという名前は、
いつもこんがらがってしまって覚えられず、
アサバンガスやアザパンザスのようになってしまいます。

a221.jpg

今日も雨で、何もかもびしょびしょです。

a220.jpg

今週も梅雨空が続きそうですね。

a224.jpg

これは昨日、カラオケに出かけたときに撮った一枚。
「曇天」をみんなで歌って、すっきりしてきました。
お祭りがやってくるので、田舎町はこんな飾りがいっぱいです。
2009.06.28 Sun 15:20
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ニチニチソウ 



ニチニチソウ(日々草)です。
梅雨の時期の今頃から、本格的な秋になるまで、
ひと夏、咲き続けます。

この花は、よく見かけると思うのですが、
何もかも夏枯れしそうな猛暑の中、
たくさんのお家の玄関脇のプランターで、
元気に咲いている姿は、たいへん健気で可愛いです。

a212.jpg

ニチニチソウは、白、ピンク、濃ピンク、赤など、
たくさんの色が売られていますが、
わたしは写真の、白に赤目があるものが好きで、
毎年かかさず植えています。

また、身近に感じていたニチニチソウですが、
含まれている成分が、抗癌剤に用いられていることを先ほど知り、
驚きました。

花言葉は「友情」 「楽しい思い出」
2009.06.27 Sat 11:34
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

大事なズルズルパーカー 




a201.jpg


a202.jpg


a203.jpg

ビスケ劇場が続いてしまいましたが、
予告していた、大事なズルズルパーカー編です。
2005年。ビスケが4ヶ月くらいのときのものです。
少し顔が長くなってきました。

ズルズルパーカーについての詳細は、こちらの記事にあります。

a204.jpg

これはズルズルパーカーを敷いてバリケンで眠っていた仔犬のころ。
今のビスケは出世してこちらが寝室です。
2009.06.26 Fri 12:17
カテゴリ: ビーグル
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

咬みたい仔犬 その2 



これはビスケが2、3か月のころです。
気がつくとタオルかけから、タオルをもってきては、
何枚もこのように、ズタボロにしてくれました。

仔犬はありとあらゆるものを噛みますし
食べてしまいますので、
常に注意を払っていないと、たいへん危ないです。

へんなものを口にしたときは、
口の中に指をつっこんで、出してあげます。
そして、噛んではいけないものを
根気よく教えてあげなくてはいけません。

a193.jpg


a191.jpg


a192.jpg


a194.jpg

ビスケ劇場、予告していたパーカー編にしようと思ったのですが、
ひさびさに見たビスケの悪っぷりがおかしくて、
今日はこちらにしてしまいました。
ズルズルパーカー編はまた後日♪

写真は2004年
2009.06.25 Thu 10:42
カテゴリ: ビーグル
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

マフィンとデュランタ 



梅雨空がもどり、午前中は本降りでした。
いくらなんでもこの雨では、ビスケの散歩にいけそうもないので、
メープルマフィンを作りました。

a181.jpg

とっても簡単です。
ホカホカはおいしい。

a030_20090624150335.jpg

そして、これはデュランタという花です。
カットして飾ってみました。
デュランタの白は清楚で気品があって大好きですが、
紫の「タカラヅカ」という品種の方が、よく見かけるかもしれません。

a184.jpg

こちらは2004年に撮った「タカラヅカ」という品種です。
紫の花にはトゲが何もないのに
なぜか白いデュランタの茎には、
うかつに触るとケガをしてしまうような、
危ない危ないトゲがあります。
手袋をしていても、気をつけないとケガをします。
それなのに、わたしはいつもそのことをを忘れて、
白のデュランタの剪定をすると、
必ずバンドエイドのお世話になります。
花が可憐なので、忘れてしまうのかもしれませんね。

花言葉は「あなたを見守りたい」
2009.06.24 Wed 15:26
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »