10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II 

b363.jpg

予約してあったレンズが、午後3時半ごろ届きました。
AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II
27日の発売なのに、また今日も届かないのかと、
ほんと、ヤキモキヤキモキしちゃいました。

なにはともあれ、いつものように羊といっしょに。

b361.jpg

D700につけると、2.5キロくらいになるのはわかっていたのですが、
実際にかまえてみると、大きさと重さが身にしみます。
これを持って外出して、ずっと元気に撮れるのか心配になってきました。
また、大きいので外で出すのが、ちょっと恥ずかしいような気がします。
でもそんなこと言ってちゃダメですね。
こういう恥ずかしさは慣れだと思うので、
どんどん持って行って、平気にならなくちゃいけません。

b362.jpg

水筒よりも、羊よりも、大きいでしょ。

b360.jpg

このレンズで動作確認の一枚。。。なんてことない写真ですみません。
午後4時過ぎに200mmの、望遠側で撮りました。
綺麗です。買ってよかった。。。
自分の好きな感じに撮れそうな気がします。
重たいけどがんばります。
スポンサーサイト
2009.11.30 Mon 16:52
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

EVE A錠 



頭痛持ちなので、鎮痛剤は常備してあります。
EVEを買いにいったら、
60錠入りに、おしゃれなお姉さんのピルケースがついていたので、
欲しくなって買ってみました。
頭痛が起きても、EVEを服用すれば、
このお姉さんのような装いで、遊びにいけるということなのでしょうか。
いつもは24錠の小さな箱しか買わないんですけどね。
当分、ありそうです。

昔は、閃輝暗点(センキアンテン)という発作の後に、
始まる片頭痛に悩まされておりました。
閃輝暗点というのは、視野の一部がかげろうを通して見ているようにゆらゆら動きだし
突然頭の中に閃光が光って、
電光のようにギザギザした光の波が四方に広がり、
その内側が真っ暗になります。 
そしてこの閃光と暗点は、20~30分ほどで消え、その後に片頭痛が始まります。

初めて自分の身に起きたときは、
このまま目が潰れるのではないかと、めちゃくちゃ怖くなりました。

そんな、嫌な閃輝暗点ですが、
年齢と共に回数も減り、そうこうしているうちに、ほとんど起こらなくなるそうです。
自分の場合は、まさにそんな経過をたどってきて、
ここ数年は全く起きなくなりました。
嬉しい反面、悲しいような気もしますが、
閃輝暗点から始まる片頭痛持ちにとっては、
年齢を重ねることが、プラスに働くようです。

b351.jpg

10年くらい前に買ったメトロノームとショパンのワルツ集の楽譜です。
自分のピアノの練習はここんとこ全然していないのですが、
ショパンのワルツで好きなのは、
憂いのある7番と、華があってドラマチックな14番です。

今日はレンズが届くかなあと思っていたんですが、まだのようです。
明日かなあ、明後日かなあ。。。もう、早く送って。
2009.11.28 Sat 16:17
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ロゼデュエット  その2 

b341.jpg

ロゼデュエットの、ライラックローズです。
「やや甘めのローズの香りに、ライラック、オーキッド、カーネーションを加えた香り」、
なんだそうです。
モデルの薔薇は「スターリング・シルバー」

このソラフラワーの形は、シベがありました。
まだ丸一日しか経っていないので、花が少ししか染まっていません。
ちょっと茶色い部分がありますが、最終的には綺麗なブルーに染まります。
染まったらまた、撮ってみますね。

b342.jpg

ブログを見てくださった皆様から、

「女の子であることの、幸せを感じさせてくれる写真たちがいっぱいでした。」
「大好きな雑貨屋さんにいるみたいです。」
「乙女心がくすぐられ、自分の部屋にも花を飾りたくなります。」

という、ご感想をいただき、とてもうれしくなりました。
自分自身も、こんなふうな可愛い物を部屋で撮ってるときは、
心くすぐられる、とても楽しい時間です。
ほんとうに、ありがとうございます。

b340.jpg

そして、今月、届いたのは、
ビンに深紅のバラが描いてある、シャイニー・イエローです。
「甘めローズを、シトラス調のフレッシュフローラルにアレンジした香り」、
なんだそうです。
モデルの薔薇は「ソレイユ・ドール」。
トイレに置こうかな。。。


過去のロゼデュエットの記事は、↓↓にあります。
http://roseponpon.blog115.fc2.com/blog-entry-269.html
http://roseponpon.blog115.fc2.com/blog-entry-270.html
http://roseponpon.blog115.fc2.com/blog-entry-282.html

2009.11.26 Thu 16:48
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

おばあさんの手芸屋さんの刺繍糸 



刺繍は超初心者です。
最近、ちょこっとづつクロスステッチの練習をしています。

b332.jpg

はずかしいので小さい写真です。
これは鍵の形にしてるところです。
はじめたばかりなので、要領が悪くて、とっても時間がかかります。
バックのすみに、鍵モチーフあったら可愛いかも。。。などと、
いろいろ夢をふくらませ、練習、練習。

b330.jpg

商店街に、おばあさんがお店番をしている、
それはそれは昔からある手芸屋さんがあります。

薄暗いお店の一番奥の、更に暗い角に刺繍糸の売り場があります。
ジャスコの手芸コーナーの刺繍糸は、
売れそうな色が、一応そろっているといった感じなのですが、
おばあさんの手芸屋さんは、違います。
オリンパス、コスモ、DMCなど、数種類のメーカーの刺繍糸が、
何百。。。いや何千かもしれない、小さな引き出しにずらりと並んでいるんです。
グラデーションを描いて並ぶ、ほんのりと光沢のある刺繍糸。
薄暗い場所なのに、心の中はお花畑にいるような幸福感でいっぱいになります。

おばあさんには失礼ですが、
そんなに繁盛しているようには見えないし、
刺繍糸というのもは、そうそう売れるものではないと思いますので、
もしかしたら何十年も前からの刺繍糸が、
小さな引き出しの中で、
お客さんに買ってもらうのを、静かに待っているのかもしれません。

やわらかい感触の刺繍糸を、
おばあさんのところに持っていくと、
手書きの領収書に、鉛筆で買ったものを書いて、渡してくれます。
レシートの代わりです。
レジなんてありません。そろばんです。
おつりを渡してくれるときも、
「この金額でいいの?いいの?」
と、お客さんである私に、何度も確認するのはいつものことです。

繁盛しているようには見えないといいましたが、
私がたまに買いものに行くと、おばあさんと同じくらいの年のおばあさんたちが、
買い物に訪れて、ああでもないこうでもないと、
賑やかに、糸やら紐やらを買っていて、とても楽しそうです。

近頃は、小さいお店はどんどんなくなってしまいます。
最近も、小学生のころから通い、大好きだった個人のパンやさんの前に、
「廃業のお知らせ」の貼り紙があり、ショックのあまり、涙がこぼれそうなりました。
つい一週間前まで、食べてたのに。。
おばあさんの手芸屋さんは、いつまでもなくならないでほしいお店です。
2009.11.24 Tue 16:16
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

晩秋のチュチュ 

b320.jpg
D700+TAMRON SP AF90mmF/2.8 Di MACRO 1:1

D90を買ったときは、お花屋さんで好きなバラを買って練習したので、
今回もお花屋さんで、何か探してこようと思ったのですが、
今日はのろのろしてたら時間がなくなってしまいました。
とりあえず練習もかねて、庭のミニバラを撮ってみることにしました。

でも。。。、もういい花がありません。
これは、チュチュ・オプティマなんですが、傷んでます。
最近、寒くなったので虫もこないかなあと、
ちょっと手入れを怠けていたら、
しっかり虫にくわれてしまい、葉っぱは穴だらけ、
花も濃くておかしな色で、花びらの質感がよくありません。
でも、寒くなってから咲く、終わりごろのバラはいつもこんなような気もします。

また、来年の春になったらたくさん咲いてもらえるように、
植えかえて、ちゃんとしておこうと思います。
2009.11.23 Mon 16:50
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

小さなチャペル 



D700でいつものように、部屋の小物を撮ってみました。
奥の水色の箱には、クリスマスの雑貨をいれてあります。

b310.jpg

よいところに助っ人がきたので、綺麗なお手々で包んでもらいました。
ちょっとcomehome風。

b311.jpg

D700に、のろのろ動くタム90マクロをつけて試し撮りしてみました。
まだなんとも言えません。
いろいろやってみてます。

先日より、85ミリの保護フィルターを掃除しようと思ったのですが、
レンズから外そうとしても外れなくて、
どうしたものかと悩んでいたのですが、
今日試しに回してみたら、いとも簡単に外れました。
ああ、よかった。

換気扇のドラムや、ジャムや、ごはんですよのフタ同様に、
保護フィルターもあんまり、ぎゅうぎゅう回して、閉めないようにしようと思いました。
たまにペットボトルのフタも、全然、開かないやつありますよね。
指の腹の皮がむけるんじゃないかと思うほど、力を入れてもビクともしません。
そういうときは、ビニール(ゴム?)の手袋をして回すと、いとも簡単に開きます。
お掃除用とは別に、ビンのフタ開け用に、ひとつ用意してあります。
2009.11.22 Sun 16:33
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

D700 



D700がやってきました。
この写真はD90で撮ったD700。
D90とは、いろいろと違うところがたくさんありますよ。
カメラ本体の、ダイヤルもボタンも全然違いました。

あれ~、AとかPとかSとか、どこどこ??
ないよないよ??。。。!!。。あった。。。

まあ、説明書は夜になってから、
ひっくりかえって読めばいいので、
とにかく、明るいうちにわかる範囲で試し撮りしてみようと思い、
近くの公園に持って行って、
紅くなった葉っぱを撮りました。

b302.jpg

だいぶ葉が傷んでます。

b300.jpg

赤と橙色と緑が混ざって綺麗でした。

カメラの重さはD90が620gに対して、D700は995gです。
1キロ近いボディは、ずっしりときますが、
持っていると、だんだん手になじんで、その重さが心地よくなってまいりました。
一時間くらい外で撮って、家に帰って、
50ミリの小さなレンズがついてるD90を持ったら、
軽くて可愛くておもちゃみたいに感じました。

D700はD90がおよそ3台弱分、買えるという、
(現在の最安値でボディのみの計算)、
自分にはもったいないくらいの、とっても良いカメラなので、
予約したレンズがくるまでにせっせと練習して、
ちゃんと使えるように慣れたいです。
可愛い可愛いD90も引き続き使います。


~追記~
残念なことがひとつありました。
シャッターの音、
D700は
「かちゃん! かちゃん!」
と、少々、冷たく聞こえるんです。
D90は、
「かしゃっ❤ かしゃっ❤」
と、心くすぐる音がしたんですよ~。
ちょっとそこだけ残念です。
2009.11.21 Sat 16:22
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。