05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

くまの学校メジャーマグとサーキュレーターの落とし穴 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

フタが開けにくくて使いにくかったガラスジャーは、
お米をいれてディスプレイ用にしていたのですが、
数週間前より、実際に使うことにしました。
一日にたった一回のことなので、開けにくくても、
そんなに苦労することではないことに、やっと気がついた6月でありました。

そして、先日みつけた可愛い軽量カップ。

d340.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

くまの学校の、ほうろうシリーズの「メジャーマグ」というものです。

d435.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

内側に、数字と可愛い絵がついているんですよ。
50CCごとのラインなので、細かくは測れません。
だいたい。こんなもんって感じです。

d343.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

扉をちょっと閉めて撮ると、また違う表情になります。
食器は、だいたい3つづつ買います。
ほんとうに必要なのは、ふたつなのですが、
割れてもいいのと、お客様用に。

d342.jpg
D700+Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

これは、右手でD700+50mmF1.8を構えて、
左手でカップからお米をこぼしています。
デジタル一眼レフをはじめた当初から愛用している50mmF1.8は、
最短撮影距離が45cmなので、何かを持って、手をのばして撮れます。
50mmのレンズは小さくて軽いので、片手持ちにも耐えられます。
何が何でも、カメラは両手で持たなくてもいいですね。
そして、明るいのでお部屋の中でもブレにくいです。
こういう写真が撮れるのも、このレンズの好きなところです。
大好きな85mmF1.4は、最短撮影距離が85cmなので、
わたしが手をのばしても85cmには満たないため、
いくら大好きなレンズでも、ピントがあわなくて、こういう写真は撮れません。
ちなみに、50mmよりも、もっと最短焦点距離が小さいレンズもあります。
なんて書いてると、またレンズが欲しくなりますね。

これから欲しいのは、
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
と、
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
です。
どっちかっていうと先に、
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
が欲しいです。
両方とも、けっこうします。。。
けっこうしますが、
けっこうしたなあと思うものは、
大事に思うし、
たくさん使おうと思うし、
質がいいので、銭失いにはなりません。

ここに書いちゃったからには、
いつかは買えるようにがんばります!

さて、最後にサーキュレーターの落とし穴について書きます。

d436.jpg

先日、ピグで仲良くしてくださる可愛いピグともさんと、
暑さ対策についてお話をしました。
その際に、
「身体に優しい、扇風機がいいですよ~(。◕‿◕。)ノ♡」
とのおすすめで、
この部屋にはエアコンしかなかったため、ここにも扇風機を買うことにしたんです。
それで、以前よりちょっと気になっていた、
無印良品のサーキュレーターを買ってみたんです。
それが写真の白いものです。
「サーキュレーター」と「扇風機」の違いは、それなりにあるようなのですが、
サーキュレーターーは、首がふらない扇風機みたいなもんだと、
店員さんもおっしゃるので、
真っ白でシンプルなデザインに魅かれて、これを買ってきたんです。
コンパクトなのに涼しい風が送られてきて、風量も十分あり、たいへん満足しました。
部屋にも似合います。

がぁ~っ!!!!
重大な問題がありました。

扇風機って、すぐにホコリが羽根やカバーにつきますよね。
前のカバーを、めんどうでも外して、
洗うなり拭くなり、お掃除を頻繁にしないといけないものであります。
それゆえ、このサーキュレーターもカバーを外して、
掃除をする方法を確かめようと思ったのですが、
いくら引っ張っても回しても、白いカバーはビクともしないのです。
そこで、ここは腰をすえて取扱説明書をじっくり読もうと思い、
薄っぺらな説明書を広げてみたのですが、
カバーの外し方などどこにも書いてありません。
さらに、スミからスミまでじっくり読んだら、
「羽根についたホコリは、自転車の空気入れや掃除機等を利用して取り除いてください。」
とあるんです。
空気入れで吹き飛ばせ!、掃除機で吸いこめ!、と書いてあるわけですよ。
カバーのスキマから、↑↑これをやれっていうのは、
どう考えてもありえないし、絶対に何かの間違いで、
「カバーの外し方」の別紙を入れ忘れたに違いないと勝手に思い、
0120から始まるお客様相談室に尋ねてみたんです。
するとなんということでしょう、
「前のカバーは外れないため、説明書どおりのお手入れをされてください。」
と言い放つではありませんか。
間違いではなかったのです。

電話を切ったあと、サーキュレーターについて調べてみたら、
前のカバーが外れない製品が、けっこうあるんだそうです。
そして多くの方が、お手入れに困ってるそうです。
そんなこと夢にも思いませんでした。。。
サーキュレーターという、お洒落な響きに酔わされた、わたしがバカでした。

バカなわたしね。
ダメなわたしね。
おとなしく、扇風機にしておけばよかったです。。。

可愛く白いサーキュレーター、税込2900円は
今も、ぶんぶん調子よく回っていますが、掃除が心配でなりません。
みなさん、サーキュレーター購入の際は、
前カバーが外れて、掃除がしやすいかどうかを、確認されてくださね~。
スポンサーサイト
2010.06.30 Wed 13:41
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

プリンアラモッチとキャッチコピったー! 



気品ある、カラメル色のたたずまい。

d321.jpg

愛しの、ぷりん❤あ❤ら❤もっち。

d322.jpg

あら!? プリン!? もっち!

もっちプリンの可愛いことといったら。。。♡→ܫ←♡♪

プリンアラモッチ、とっても美味しいです。
冷やしてから食べるのが、おすすめですよ(。◕‿◕。)ノ♡

さて、お友達のブログで、「キャッチコピったー!」というのを見つけて、
わたしもやってみました。

そうしましたら、
『無限の可能性を秘めた肌のハリ! 主婦の心強い味方、白玉しろこ!!』
というコピーをつけてもらえました。
コラーゲンがんばって飲んでますからね!
「主婦の味方」も、すごくうれしいですね。
勇気づけられます。

ここで、ローズポンポンの素晴らしきコメンテーターから、
蜂蜜ウサギ様と、はちのんのん様のお名前の本日のコピーを、
勝手ながら調べてまいりました。

蜂蜜ウサギ様は、
『幸福を呼び込む不可解な言動! 静かなる革命者、蜂蜜ウサギ!!』
なんかもう、蜂ウサちゃんは私の思ったとおりで大物になりますね!

はちのんのん様は、
『生まれ変わった経済力! 月曜日は憂鬱、はちのんのん!!』
一週間の始まり、月曜日が憂鬱な、はちのんのんさんに親しみを感じます!

また、以前ピグで使っていた名前の、「しろりーぬ」でやってみたら、
『誰からも愛されるキック力! 永遠の17歳、しろりーぬ!!』
↑↑これがいいなぁ~と思いました。

おもしろいコピーを作ってくれる、「キャッチコピったー!」、
とても気に入りました~(。◕‿◕。)ノ♡
日替わりでコピーが変わるそうなので、もっと良いコピーも作ってくれると思います。
みなさんもどうぞ。

「キャッチコピったー!」
http://shindanmaker.com/8782
2010.06.29 Tue 15:15
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ジニアとチョウチョ 

d310.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

近くで見たら、百合の花が痛んでいました。
しょうがないので茎を撮りました。


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

チョウチョは、こちらに近づいてくると怖いです。。。

d314.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

アガパンサスのつぼみ。
今、あちこちで咲いてますね~。
アガパンサスって、アザパンガスなのか、アカパンザスなのか、
毎年わからなくなります。
なんてことを、去年も書いたような気がします。

d311.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

今日は、ものすごく暑いです。


d312.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1


お花はジニア。
ジニアは遠目からのほうが綺麗にみえる気がします。
近くで見ちゃうと、ややワイルド感もあり、
(品種や色によるかもしれないのですが、)
それほど、わ~かわいい、わ~きれい、と思えるような花ではないのですが、
夏の暑いときに、耐えることなく、咲き続けるがんばりやさんです!
せっせと100日間、咲きそうな勢いなので、ヒャクニチソウとも呼ばれているそうです。

ジニアの花言葉は、「遠い友を想う」
2010.06.28 Mon 15:19
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

フレンチ風なバスケット 


D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

フレンチ風のバスケットです。


d304.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

フタをしめると、こんな感じ。

d302.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

軽いので、高いところに置いても可愛いです。

このバスケットの中身に、一番似合うのは、なんでしょうか?

サンドイッチ?
それとも、真っ白なハムスター?

でもなぁ。。。。、
サンドイッチをいれたこのバスケットを持って、
どこかに出かける勇気はありません。


d300.jpg
D700+Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

お花はブルーデイジー。
外でちらほらと咲いています。

d301.jpg

このトイレットペーパーは、ビスケのお手入れに使うものなのですが、
(ちょっとした掃除や、ヨダレを拭いてやります。)
扇風機の風にヒラヒラしていたので、ちょっと撮ってみました。
2010.06.26 Sat 20:13
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

クローバーの傘を持って 

今日は、じとじとの梅雨空の下を散歩しながら、
女の子が好きそうな写真を、うんと意識しながら、撮ってきました。


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

女の子は、シロツメクサ畑が大好きなので、
傘をほうり投げて写真を撮りましょう。

d201.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

女の子は、色褪せた可愛い色のベンチも大好きなので
荷物を置いて(置き引きに気をつけながら)、写真を撮りましょう。

d202.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

女の子は、傘の模様と葉っぱの形がいっしょだと、
もうそれだけで、うれしく♡なっちゃうので、
写真を撮りましょう。

d204.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

女の子は、やや内股気味にして(←ここ大事)、
何気ない可愛らしさを、
自然を装い、しっかりと演出しつつ、
必ず、足元を自撮りしましょう。

大小のダルマさんのような足指ですみません。。。
(ご心配いただいた、足のクロムなめしかぶれ、綺麗に治りました!)

d200.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

なんて感じで、今日は撮ってみました。
女の子もいろいろなタイプがいますので、
わたしの中でのイメージですけどね。

なんとか風にとか、テーマを決めて撮るのもおもしろいですね。
2010.06.22 Tue 14:18
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

imageと心配事について 


D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

d196.jpg
D700+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1

もっと、花びらを散らして、ひきで撮ったのもあるのですが、グロかったのでやめます。。。

d197.jpg

マカロニ。


実はここ一週間ほど、ある心配事で、
ごはんがおいしくない状態で、胃がキリキリと傷み、お腹も壊れてしまいました。
ですが、今日その心配事は、心配しなくてもよいようだということがわかり、
万歳三唱したくらいに、今、晴れ晴れとした気持ちでブログを書いています。

自分は、あることに対して異常なまでに、心配しすぎてしまうところがあります。
もともとそうだったわけではなく、
過去の経験から、そうなってしまったのですが、
それについて書くと、とてつもなく長い連載になり、
蒸し暑い中、写真を見にきてくださった大切な読者様を、
ますますどよよ~んと、暗い気持ちにさせてしまいそうなので、
やめておきます。

そんなこんなで、わたしは心配事があると、
心とお腹が直結しているかのように、胃腸にくるのですが
なかには、どんなに心配事があっても、
(極端な例では、身内が死ぬか生きるかというときでも)
三度の食事の時間がくると、平気でモリモリと食べている人がいます。
そういう人は、わたしのような胃腸にくるタイプから見ると、
「よく、ごはんがノドを通るものよね、
こんなときにモリモリ食べちゃって、なんとも思わないのかしら。。。」
と思ってしまいがちなのですが、
決してそうではないのですよね。

人は心配事から円形脱毛症になってしまう人もいれば、
蕁麻疹がでてしまう人もいます。
自分はたまたま胃腸にくるだけであって、身体の反応は人それぞれなんですよね。

円形脱毛症になってしまう人からすれば、
「自分は髪が抜けおちるほど心を傷めて心配しているのに、
いつもどおりのフサフサで、なんとも思ってないのかしら。」
と、いうことになってしまうので、
どんなことががあっても、
三度、三度、ごはんを食べる人が
決して、無神経というわけではないのだと思っています。
2010.06.20 Sun 13:47
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ラダーシェルフ 


D700+Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D

ラダーシェルフは、窓際に置いてみました。
くるんとした茶色のフックを動かそうかどうするか、迷っています。
5段目が写ってませんが、5段あります。

d192.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

カーテンふんわり。
先週、ひどい目にあった憎きサンダルは、押入れにしまっちゃおうかと思いましたが、
夏中、インテリアにしようと思います。

d190.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

この時計、かっこいいでしょ(。◕‿◕。)ノ♡


さて、あいかわらずピグがおもしろい毎日です。
春頃より始まった、テレビのCMのせいでしょうか、
最近、ほんとうに小さな子が増えたように感じています。
小さな子というのは、小学生です。
大人だってこんなにおもしろいんだから、
子どもだって遊びたいわけです。
そして、仕方がないことですが、
大人と子供では、話がなかなかあいません。
ですので、大人の方はプロフィールに、
「未成年NG」とか、
「子どもとは絡みません」、
などという文章で、
子どもとの接触を、予め避けている方もよく見られます。

それで、自分はどうかというと、
正直、小学生と会話を続けるのは、苦手なんですが、
しかし、未成年と言っても中高生になると、
ピグから、ブログにとんで、
写真を見て、丁寧な感想をくださったり、
写真に共感して、読者さんになってくださる方もいます。
若い感性に、写真を見てもらい、
「いいな。」と思ってもらえるのは、
自分にとっては、すごくうれしいことでもあります。

また、小学生でも、
「しろこさん、はじめまして。こんにちは。」と、
言える子もいます。
でも、
「ねー」とか、「ねーねー」とか、「こん」から、はじまる子が
圧倒的に多いです。
でもでも、大人でも、
「ねー」とか、「ねーねー」とか、「こん」から、はじまる人は
履いて捨てるほどいます。
コミュニケーションのとり方や、
話し方の好みは人それぞれなので、
「こん」、からコミュニケーションをとりたい人が間違っていると、
言ってるわけではありませんが、
わたしが個人的に、嫌悪感を抱くのは、そんな大人の方なのです。
2010.06.17 Thu 12:54
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。