02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

東北地方太平洋沖地震 

眠れない夜を過ごされた方も多いと思います。
わたし自身も、
はじめて目にする、あまりにも衝撃的な映像に言葉もなく、
ただ驚くことしかできませんでした。
そして、災害地のみなさんは、
停電もしているし、ネットなんてできるはずもありませんが、心配でたまりません。
みなさんの、ご無事を信じています。


------------------------------------------------


わたしの住んでるところは、そこそこ揺れた程度で、
後に停電になりかかったくらいで、それも復興しました。
津波も、高さのあるものは届いていません。
心配をしてくださり、ありがとうございます。
スポンサーサイト
2011.03.12 Sat 13:34
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

野田琺瑯 ポーチカ 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

これは、愛してやまない愛用お鍋で、
野田琺瑯のポーチカというシリーズです。
左が20cmのキャセロール、右が15cmのソースパンです。
お値段は、左が4000円くらい、右が3000円くらい、だと思います。
そんなに高いものではありません。

お鍋は素材も形も値段も、ほんとうに様々ですよね。
そして、
うるさいよ!、と思うくらいにこだわりのある御方から、
穴さえ開いてなければ、拾ったものでもかまいません、という御方まで、
お鍋の好みもいろいろでございます。

そんな中、
わたしが愛してやまないポーチカお鍋の一番よいところは、
どこまでも白く、そして形がたいへん可愛いところです。
そして、ちょっとうれしい日本製なところです。

わかりにくいですが、

e535.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

お鍋をひっくりかえすと、どこか懐かしい水色の文字で、
野田琺瑯・メイドインジャパンと、アルファベットで書いてあるんですよ。


e537.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

白いお鍋のよいところは、お鍋の中のお料理が、とても美味しそうに見えるところです。
ステンレスやフッ素加工のお鍋も機能的で良いのですが、
この点だけは、白いお鍋にかなわないところです。
キャセロールの方は、「ふたり鍋」くらいなら、このまま食卓に出せちゃいますね。

ただ、自分の料理の仕方が悪いせいか、
カレーやシチューを、これで作るとすぐ焦がしてしまいますので、
そういった類は、ティファールの中華鍋みたいな形の焦げにくいので作っています。
ポーチカは、スープやお味噌汁などが得意ですね。
ゆでたまごもいいですね。
まっ白いお鍋の中で、まっ白いタマゴがゆらゆらしている光景は、
とても美しいです。

とにかくポーチカは可愛いくて、
そこにあるだけで、癒される形状のお鍋ですので、
しまいこんではいけません。

また、琺瑯というのは、
表面がガラスなわけですので、
落とせば簡単に(表面が)割れてしまいます。
↓の写真でわかりますように、
とって部分に、フタを落としてしまったため、欠けてしまっています。


e538.jpg

欠けた傷まで愛おしい。

ステンレスのお鍋だと、こんな心配はいらないのですが、
ポーチカみたいなお鍋は、そんなこともあり大事に扱うようになります。
そして、大事に扱うことで、またいちだんと可愛い鍋だと思うわけです。

ポーチカとは、ロシア後で「つぼみ」という意味なんだそうですよ。
今のところ、ポーチカが自分には一番だと思って愛用していますが、
ル・クルーゼの、ひとつ二万円も三万円もする重たいお鍋を、
生涯に一度くらいは使ってみたいとも思っています。
2011.03.10 Thu 14:21
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

口腔洗浄器 エレピック 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

これは、口腔洗浄器というものです。
ネットで買えば、一万円弱な価格で買えますが、
こうしてみると、五千円でもよさそうな外観ですよね。
口腔洗浄器は、電動ハブラシに比べると、認知度が低いので説明しておきますが、
使い方は、青いケースに水をいれてから、
白いホースの先にノズルのようなものを差しこみ、
スイッチをいれると、
ノズルの先からジェット水流が出て、水流でお口の中のお掃除ができます。
やってることは、水の力で汚れを流すという単純なことです。
ジェット水流は強弱の調整ができます。
この機種は最強にすると、舌に穴が開きそうなくらいパワーがあります。
また、歯のスキマのお掃除だけでなく、
歯茎のマッサージにも使えて、歯周病予防にもなります。
すでになっちゃってる人は、改善させることができます。

これは洗面所やシンクで使うのですよ。
口の中に水がどんどん入りますので、
口を閉じていてはいけません。
口を半開きにして、排水しながら使います。
コツは、うんと前屈姿勢になって使うことなのです。
そうしないと、
そこらへんが水浸しになって、たいへんなことになります。
初心者の人は慣れるまで、水浸しを覚悟の上で使うとよいかもしれません。
それでも三日も使って慣れてくれば、それほど悲惨なことにはなりません。
ただ、シンクに向かって前屈姿勢、口は半開きで使うため、
使っている姿は、どんなに美しい人が使っても美しくないと思います。
こんなもんを使ってるところは、
誰だって他人はもちろん、親しい人にも見られたくないと思います。
また、機種にもよりますが、
このエレピックという名前のオムロンから出ている製品は、
音がものすごくうるさいのです。
ですので、下にタオルを4つ折りにして敷いて、
にぎやかな音を吸収させながら使っています。

それでどんな感じかといいますと。。。、
とにかく使用後が気持ちがよくて、スッキリします。
これは、口腔洗浄器でしか味わえない気持ちのよさなんです。
この気持ちよさを知ってしまうと、
デンタルフロスやピックなんて使う気になれなくなり、
ゴミ箱に捨てたくなります。
食事のあとは、口腔洗浄器で洗いたい!!と強く感じるほどになります。

電動歯ブラシもアンチ派の人に
エナメル質を傷つけてしまうとか、歯茎が痩せるなんて言われたりするように、
口腔洗浄器もアンチ派の人には、
何の効果もないとか、汚れをますます奥に押しこむだけだとか言われてます。
そんな中、わたしが個人的に思いますには、
口腔洗浄器+良い電動歯ブラシ+ガムデンタルリンス、
この3点の組み合わせのケアが最強だと思っています。
とはいえ、お口の中は人それぞれですので、
良い歯の質で、歯並びも良くて、虫歯もなくて、何の問題もない人は、
100円のハブラシでのお手入れが、最強であるという場合もあると思います。

また、ひと月ほど前から、新しい歯医者さんに通い始めています。
何もかもが真っ白で綺麗な歯医者さんは、
先生もスタッフの人も明るく優しく、
スケーリングも不思議なほどに無痛で丁寧で、通うのが苦になりません。
前の歯医者さんは、全身に力が入ってしまうほど痛かったんですよね。。。
なんでこんなに違うんだろって思います。
治療が終わったあとは、デラックスなマッサージチェアで
15分間のマッサージをしてリラックスして帰ります。
これがまた気持ちよくて、
あぁ、このマッサージチェアはいくらするんだろ。。。、
これが家にあったらどんなにいいか。。。、
って、いつも思うのです。
家に帰ってからもマッサージチェアのことを思い出し、
次に白く輝く歯医者さんに通うのが楽しみでしょうがないです。
2011.03.08 Tue 13:32
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

3月・4月の女の子 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

トイレのカレンダー。
3月・4月の女の子のイラストが、あまりに可愛いので撮りました。

明日は、おひなまつりなんですよね。
毎年撮ってる、おひなさまは、
このブログでも、この時期になると載せて、
みなさんに見ていただいて、幸せなおひなさまです。
つい、このあいだ見てもらったような気がするのに、
もう一年経っちゃって、早いですね。
今年も出して飾ってあるのですが、まだ撮ってません。
なんて言ってる暇があったら、ちゃっちゃと撮れば?、って気もしますが、
そうは言っても、腰が重くなったこともあり、
そういう気もちにならないと撮らないし、撮りたくないんです。
撮りたいときに撮って、撮りたくなければ撮らなくて、
失敗しても怒られないし、文句も言われないし、
そんなんだから上手くなりませんが、趣味って気楽でいいですね。
2011.03.02 Wed 14:55
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

大事な白手袋と洗濯機まわりは生活感がでます。 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

いつのまにか、3月になってました。
マーチ♪の響きが可愛い月です。

さて、洗濯機まわりは、生活感が出やすい場所ですよね。
写真は、古くて小さな家の、北東角の狭い場所です。
カタログなどを見ますと、
もっとお洒落で雰囲気のある、素敵な洗濯機周りのラックがいろいろ出ているのですが、
ここは幅が狭いために、サイズがあわなくて置けないものばかりです。
そのため、なんとかおける今のラックをずっと使ってます。
このパイプのラック、すごく安かったんです。2000円くらいだったと思います。
簡単にできていて、時々、ガタガタしてます。
また、堂々とぶらさがってる、この手袋のおかげで、
指先の荒れた状態が、だいぶ改善されました。
堂々とぶらさげているのは、はめるのを忘れないためです。
めんどくさいけど、ちょっとした時も、これをはめて用事をこなしているのです。
(炊事用は別にあります。)
よく、皮膚は28日サイクルでどうのこうの。。。。と聞きますが、
ひどく荒れた場合は、いくら高いクリームを擦り込んでも、
それくらいの月日が経過しないと、
効果を実感できないのかもしれないですよね。
最近になって、良い皮膚が出来上がってきたような気がします。
よかったです。

そして、このエリアの改善点としまして、
タオル類も、真っ白だともうちょい見映えがよくなるはずなのです。
しかし、どこのお家でもそうだと思うのですが、
お返しなどでもらったものが、たくさんありますよね。
わたしは好みでない柄の箱入りのものは、
たとえ、なんかコレは高そうだなぁ。。。と思うようなものであったとしても、
各種バザーに、迷うことなく出してしまいます。
だって、とっておいてもそういうのは使わないことが、経験としてわかっているからです。
でも、うるさくない柄や可愛いものは、使うようにしてます。
ここにあるのに、わざわざ買うのもなんだなぁと思っちゃうんですよね。
そのため、「真っ白で統一」の夢は、なかなか叶いません。
時々、お洒落な雑誌などで、
「タオルは@@@@の白と決めています。」
なんて言いながら、
何もかもホテルみたいに真っ白にして、
妥協を許さない人が登場しますよね。
いただきものなどを一切、使わないで、
自分の好みを貫くという強い意志を持ったライフスタイルは、
良い悪いは別にして、貫きっぷりがすごいなぁと尊敬します。
白が好きなので名前を「しろこ」にしているにもかかわらず、
そこまで貫けないわたしは、
(カゴの中に、フェイスタオルが入ってるんですが、)
チェックだの水玉だの犬柄・猫柄・鳥柄だの、いろんなのが入ってます。

↓詳細はこんなです。

e522.jpg

お化粧するときは、この洗濯機の上に箱を置いて、
隣の洗面台の鏡でしてます。
。。。なんて、そんなことはどうでもいいですかね。
見えてませんが洗面台は、いちおう、深型のシャンプーができる洗面台です。
また服は、一度でも身に付けたものは、
翌日、全て洗濯するという主義の人もいると思うのですが、
自分は、そこらへんはこだわらないし、
洗ってばっかりいると、色褪せちゃうような気がして、
まだ洗濯しないけど、しまえなく、
でもそのへんに置くと見苦しい、微妙な物の一時置き場として、棚上のカゴに放りこみます。
たとえば、まだ洗いたくない普段着のスカートとかニットとか。。。
そういうものありませんかね~。
洗濯機の正面にお風呂に続くドアがあります。

スタイリッシュでお洒落なサニタリースペースには、絶対になれませんが、
狭く限られたスペースを、スッキリ綺麗に使いたいと、ああだこうだと考えてます。
とにかく、「ア@ック」なんて書いてある洗剤の箱を、こういう棚に置いちゃダメですよ。
そういうのは、洗面台の下の見えないところに隠しましょう。
一日一回、使うだけなんですから。


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

そして、これは昨夜、測った数値です。
血圧は、バセドウ治療前は、高い方が120~130ほど上がったのですが、
今は、以前よく見かけた、
2ケタ&2ケタの、やる気のなさそうな数値に戻りました。
注目すべきは、小さい数字の脈拍で、
3ヶ月前は安静時でも120もあったのが、
半分になりまして、ほんとうに静かな身体になりました。
必要以上にドッキドキしないというのは、
何をするにも楽です。

この前、起きる前に、
おとなしくした状態で測ってみたら、
脈拍55で、はじめて5のゾロ目を出したんですよ。
脈拍が、60台になったのが、一ヶ月前だったので、
このままメルカゾールを飲み続けたら、
「どれだけ下がっちゃうの?、わたしの脈拍なくなっちゃう。。。」、
と想ってました。
しかし、たまに55という時もありますが、
60前後からは、下がる気配がありません。
ってことは、脈拍においては飲めば飲むほど下がるってわけではなくて、
ここらで落ち着いてきてるのかもしれませんね。
脈拍なくなっちゃったら、困っちゃいますもんね。

また、数値とは関係ない話なんですが、
この部屋は、夜はあまり明るくしません。
ケチなわけじゃなくて、その方が好きだからです。
実家では母親が、
「うす暗いのは、お化け屋敷みたいで気持ちが悪い!」
とか言って、
これでもかというくらい明るいのが好きでいます。
どこの部屋もどこの場所も事務所みたいなクール色な蛍光灯を、
3つなら3つ、MAXでつけ、青白い光が煌々としてます。
雰囲気もエコもへったくれもないのですが、
年をとってくると、明るい方が安心感があるのかもしれませんね。
2011.03.01 Tue 20:28
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。