03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

ツリガネスイセン 


D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


e654.jpg


釣鐘水仙(ツリガネスイセン)です。
シラー・カンパニュラータとも呼ばれています。
「シラー」って、かっこいい響きですが、毒、有害、という意味なんだそうです。
花の大きさは、2cmくらいです。
球根で、鉢に植えっぱなしになっています。とても丈夫です。
今頃、花が咲き、
確か夏ごろ葉っぱが枯れて、地上部は何もなくなっちゃうのですが、
冬を越して、
また春がくると新しい緑がでて、花をつけます。

散歩をしていると、
よそのお家で、何も生えていない植木鉢が転がっていたり、
土しか入っていないプランターを見かけることありますよね。
「だらしな~い。片づけるか目立たないところに置けばいいのに。。。」
と思うことありませんか?
思ったとおりの、だらしない人もたくさんいると思いますが、
中には、地上枯れした後、
次のシーズンを待っている植物が入ってるものも、あるのかもしれません。
うちにも、そんな鉢がいっぱいあります。
でも、先ほど書いたように、
だらしな~い、と思われると困るので、
見た目の悪い地上枯れ後の鉢は、
花台の下などの、人目につかないところにつっこんでおきます。
季節が廻り、可愛い芽を出しているのに気がつくと、
「今年も気がつくのが遅くて、ごめんごめん。。。」
と心の中で謝りながら、
慌てて、日当たりの良いところに移動させてやります。
そんな、いい加減な管理を毎年、繰り返していても、
きちんと咲いてくれるので、えらいものだと思います。

e653.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

釣鐘水仙の花言葉は、「哀れ」、「淋しい」。
哀れって、あんまりですよね。
スポンサーサイト
2011.04.30 Sat 22:18
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

アフタヌーンティーのランチバックと夏のタイマー炊飯の悩み相談 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

ランチバックを新調しました。
アフタヌーンティーのものです。
中がアルミになっていて、保冷バックとして使えます。
ビニールコーティングされた素材で、汚れにくそうです。

柱が裂けていて、まっぷたつに割れそうですが、来た時からこうなので、大丈夫。
たぶん。。。

e642.jpg

濃い色のところは水玉になっています。

e644.jpg

こちらは、水玉とストライプになってます。
おいしそうなミルクティー色とでもいいましょうか。

週に5回、5時半に起きてお弁当を作るんですが、
お弁当の悩み・疑問というのは、中身のおかずのこと以外にも、あれこれありますよね。
今日はその中のひとつの、
「夏のタイマー炊飯」について、相談にのってください。

冬は、夜タイマーをセットして、朝、炊きたてのご飯をお弁当箱につめればいいのですが、
夏場はどのようにするのが、最も安全な方法なのでしょうか。
夜、タイマーをセットしておくと、
朝までに、炊飯器の中の水と米が傷んだりしないのでしょうか?
それとも、万が一、傷みかけたとしても、
炊飯器で炊いちゃえば、
菌も死んで、わかんなくなっちゃうのでしょうか?(←知り合いが、こう言いはります。)
それとも、お酢をいれておけば大丈夫?(この場合、お酢の酸で内釜が傷んだりしませんか?)
それとも、そんな心配をするんだったら、
夜、炊いたごはんを、即座に冷蔵庫で保存して、
朝、電子レンジで、加熱した後に、冷ましてもっていった方がよいのでしょうか?
一番良いのは、タイマーなんて使わずに、炊飯のために、4時半に起きて、
お米を洗って(無洗米ですけどね)、炊けばいいのでしょうけどね。
うううむ。一日ならできても、続きそうにありません。

このように、「ごはんを何時、炊くか。」ということ、
ひとつとっても、お弁当の悩みはつきませんよね。
実際のところ、真夏に、夜タイマー炊飯をセットして、
朝、炊けるようにしても、
これまで腐らせた経験は、自分自身はありません。(冷蔵庫で冷えている水でセットしてました。)
しかし、「去年の猛暑で腐らせた。」、という、
友達の話を聞いてから、悩みはじめるようになりました。

e646.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

今日のビスケ。
元気にしてます。
白眼がちょっと見えるところが、可愛いんですよね。

e643.jpg

自分で、毛布を丸めて枕を作ってから寝ます。
ちらっとしか見えてませんが、☆星☆の飾りの首輪がわかりますか。
避妊手術をがんばった褒美として、12月に買ってやりました。
首輪の写真を撮ろう撮ろうと思ってるうちに、4月も終わりになってました。
今度は、もうちょっとよく見えるように撮ってみます。
2011.04.28 Thu 14:02
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

タツナミソウ 

e633.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

うちの花壇の様子です。
ビオラの間から咲いている白い花がタツナミソウと言います。

e632.jpg

タツナミソウは、最初はどこかに植えたはずなのですが、
その後は、勝手にどんどん増えて、適当な場所から自由に出てきて、
良い感じに、もしゃもしゃと毎年、咲いてくれます。

e630.jpg

タツナミソウは「立浪草」と書きます。
横から見ると、白い浪が立っているよう見えなくもないですよね。

花言葉は、「私の命を捧げます」、
という、たいへんな花言葉でした。

e631.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

その手前にはエリゲロンが咲いてます。
無造作で飾り気のないところが、この花の魅力です。
この花のことも、好きなんですよね。
とても丈夫で、ちょっとやそっとじゃ枯れないです。
むしろ増えて困ります。
種が飛んで、あっちこっちで勝手に育って咲いている姿もよく見ます。

エリゲロンのさらに手前は、地植えで育てているミニバラが数種類あります。
たくさんのツボミがついてきていますが、
そのやわらかい花首をアブラムシや憎きウドン粉病菌が容赦なく狙います。
早期発見駆除予防に忙しい季節です。
このあいだも書きましたが、バラの開花がまちどおしいです。

------------------------------------------------

最近、ほめられたこと。

その1
狂犬病ワクチンの接種に行ったときに、
動物病院の担当の先生に(ビスケが)誉められました。
昨年の11月末に避妊手術をしてから、
体重の変動が全くないということが、誉めるべきことなんだそうです。
避妊手術後はホルモンの関係で、多くの犬が太りやすくなるのだそうです。
まぁこれもビスケが立派でも偉いわけでもなくて、体質なんでしょうけどね。。。
主食はユカヌバライト中粒を定量、食べてます。
あと、(犬の身体に悪さをしない)食べられそうなものも少々。

その2
バセドウ病で通ってるクリニックの主治医の先生に、
(わたしが)誉められました。
昨年の12月から薬を飲んでいるのに、
体重の変動がないことが誉めるべきことらしいです。
こちらのほうも、薬を飲むことで代謝が落ちるため、多くの人の体重が増えやすくなるらしいです。
まぁこれも、(自分自身である程度はコントロールしているのですが、)
わたしが偉いわけでもなんでもなくて、体質なんでしょうけどね。。。
主食は米や小麦粉を定量、食べてます。
あと、食べられそうなものはなんでも。

その3
10回通った歯医者の歯科衛生士さんに(わたしが)誉められました。
10回も何をしていたのだと思われるかと思いますが、
おおまかな内容は、以前の歯医者さんでの虫歯治療を、やり直してもらいました。
甘いものが大好きで、虫歯を育ててしまった人間なので、
そちらの方は誉められたものではないのですが、
虫歯のことはおいといて、
歯周ポケットの検査で誉められたんです。
ほとんどの歯が1mm、3本のみ2mmという成績で、
「健康な歯茎で、とても良い状態です。」
と言われたのですよ。
これは以前、記事にしました、口腔洗浄器の威力だと思ってます。
ちなみに3mmまでは、なんとかセーフで、
それ以上になりますと、
4mmで軽度の歯周炎、5~6mmで中度、7mm以上は重度になるそうです。。。
そんなになっちゃうと、虫歯がなくても、歯がグラグラになっちゃうんですよ。
たいへんです。
衛生士のおねえさんに、
若い人でも、4ミリ5ミリある人がけっこういると聞いたので、
ちょっと自慢したくなりました。
歯茎であっても、プロに誉められるとうれしいものですね。
2011.04.26 Tue 20:54
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

メルカゾール140日目で思うこと 


D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

(写真は)ぱっとしませんが、可愛い後ろ姿をパチリ。
幼稚園にはいったばかりの男の子かな。

e624.jpg

本日午後の、やる気のなさそな血圧と脈拍です。
ここのところ、だいたいこんな調子です。

バセドウ治療経過報告です。
一昨日の木曜日に採血の結果がでました。
結論から書きますと、4月は、さらなる減薬には至りませんでした。
3月に減薬した量で、まずまずの成績を残せたため、
この量を続けましょうということになりました。
今回は、T3とT4が、(ギリギリ)基準値に入ってきたため、
先生は、
「おお、綺麗に入ってきてるよね!」
と満足そ~うに喜んでくれました。
薬の量を調整しながら、
すべての数値を基準値にいれるのが、最終目標で、
それが先生のお仕事でもあるので、うれしい気持ちはわかります。
わたしだって、自分のことなので、うれしくないわけじゃありません。
でもなんと言ったらいいのでしょう、
そんなに喜ばなくてもいいじゃないかって思うのですよね。
数値のいくつかは綺麗に入ってきても、困ってることもあったんです。
すね毛のことや春が来たのに寒いこと。
それを訴えてみたら、
「あれあれ。困っちゃうね。」
なんて、笑ってるんですよ。
そしたら、わたしも「あはははぁ。。。」なんて、
情けなく笑うしかないじゃないですか。

よく言うじゃないですかね、
「病気を診ずして病人を診よ。」
。。。でしたっけ?

でもまぁ、自分が求めるような反応を、
お医者さんに100%求めるの酷ってものだし、
文句を言えばキリないですもんね。
考えてみれば、
中学のころからの親友だって、10年ごしの恋人だって、長年連れ添った夫婦だって、
自分のことをなんでもわかってくれてるような親しい人であっても、
場合によっては、とんでもない返事が返ってきて、がっかりさせられることありますもんね。
そして同じようなことを、自分もやっちゃってるのでしょうね。
ならば、数ヶ月のつきあいのお医者さんなら、無理もありませんよね。
話は戻ります。
さきほど文句を書いてしまいましたが、
クリニックの主治医の先生は、話しやすくて気さくな良い先生です。
自分の場合、この先はひどく困ったことにはなりそうもない気がするので、
ここに腰をすえて、のんびり通おうと思ってます。

TSHは、薬が効きすぎて、まだ高め(前回よりは低め)。
TRAbと呼ばれる、バセドウ病の人が持ってるTSHレセプター抗体は、
前回よりも、雀の涙の0.1減↓。
TSH、FT3、FT4が基準値に入ってきても、
TRAbが入らないと薬を止めることができないそうなのですが、
このTRAbというやつが、
そう簡単には基準値になってくれないのだそうです。
こいつのせいで、投薬が長引くのでしょうかね。

あと、白くて綺麗な歯医者さんは来週で最後の通院となります。
ほぼ毎週せっせと通い、合計10回で終わりました。
震災以来、デラックスな無料マッサージチェアも控えていたのですが、
最後は短いコースで座らせてもらおうかな。。。
2011.04.23 Sat 20:03
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ネコのポーチとモッコウバラが咲きはじめました。 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

昨年の春に、近所の家のモッコウバラを少しいただいて、
大きめの鉢で挿し木に仕立てたら、(←と言っても、母が来た時にやってもらいました。)
今年は、なんと家のフェンスに這わすことができるくらいに大きくなったんです。
そして、可愛い白いツボミがいくつもいくつもついて、花が咲きはじめました。
うれしい。


e621.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

モッコウバラはバラなのにトゲがありません。
クリーム色と白がありますが、芳しい香りが楽しめるのは白の方です。
また、モッコウバラは四季咲きではありません。
(どういうことかと言いますと、自分が育てている他の多くのバラのように、
春から秋までの長い期間、次々と花をつけません。)
モッコウバラは、5月ごろ一斉に、ぱあ~っと咲くんです。
そして、
「ハイおしまい、また来年ね!」
といった感じで、その後はまた葉っぱだけになってしまいます。
ですので、花が咲いたら可愛い姿を満喫しなくては。
もっといっぱい咲いたら、また撮って載せますね。
女の子の帽子に飾りたくなるような雰囲気で、ロマンチックに咲くんです。

4月下旬、他のバラたちのツボミも、日に日に膨らんでいます。
あと10日で5月なんですもんね。
バラの季節が、目の前です。

モッコウバラの花言葉は、「幸せな時間」。

e622.jpg
D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

猫のシルエットのポーチは、首にリボンを巻いたウサギさんのシルエットのもあって、
そちらが欲しかったのですが、売り切れだったので、ネコにしました。
そういえば、猫のついたものは、あまり買ったことがありませんでした。

2枚目の写真の、小さい本のようなものは、
マンスリークラブのリトルライブラリーの「オズの魔法使い」です。
このあと、「ちびくろさんぼ」が届いたのですが、
ここで打ち切りました。
わたしがリトルライブラリーを続けようが続けまいが、
何がどうなるわけではないですが、
震災以降、自分なりに、あれこれ考えているうちに、
リトルライブラリーをコレクションする気持ちが、なくなってしまったのでありました。
今にして思えば、「おやゆび姫」までがんばればよかった。。。

昨日、ナルトの55巻を買ってきて読みました。
発売日が遅れたので待ち遠しかったです。
読んでる人しか、わからない話なのですが、
大戦争がはじまっちゃって、たいへんなことになっちゃいましたね。
懐かしい人もいっぱいでてきてました。
大きい流れは、クライマックスに向かっているのでしょうか?
いやいや、そう簡単には終わらないですよね。
サスケはどうなるんだ。。。
55巻は、最後の方でカカシ先生のターンになり、たいへん目の保養になりました。
昨夜はそこばっかり、10回くらい読み返しました。
はぁ~、かっこいいったらありゃしない。
2011.04.22 Fri 15:09
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

白いフリージアと新品と交換 

e610.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

花壇に咲いてるフリージアです。
数年前に植えた球根で、毎年、元気に咲いてくれます。
本当は、白いフリージアだけを植えたかったのですが、
当時、見つけることが出来ずに、
ミックス球根(いろんな色が混じっていて、どれが何の色なのかわからない球根。)の
詰め合わせ?を買ってきて植えました。
結果、20個ほどの球根のうち、3本か4本のみ白い花が咲きました。
残りは黄色や派手なピンク系でした。

。。。もしかしたらこんなようなことを、昨年も書いたような気がしているのですが、
以前にも増して忘れっぽくなっています、すみません。


D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

白いフリージアは色のついたフリージアとは別の花のように、
可憐で清潔で、美しいと思います。
自分の好きな花ベスト5に入ります。

白いフリージアの花言葉は、「あどけなさ」です。


さて、以前、インフィーという体重計を買って、記事にしたことがあるのですが、
その後の話です。
以前の記事は、 「体重体組成計・インフィー」  ←です。

この体重計は、一度登録すると、次回からは乗った人が誰なのかを体重計自身が認識して、
体脂肪や筋肉力など、数種類の数値を示してくれるはずだったのですが、
。。。なはずなのですが、
実は使い始めて間もなくから、
わたしを認識したりしなかったりと、とても不安定な動作でイライラさせられました。
そしてとうとう3週間後には、何をどうやっても体重だけしか測れなくなってしまいました。
マニュアルを読んだり、電池を入れかえたり、ネットで調べたり、
ああだこうだと考えられることは、
いろいろやってみたのですが、体重しか測れません。
そうなると、ネットの口コミの、よろしくない評判ばかりが目につき、
たとえ数千円の商品であっても、
体重計にのるたびに、買い物に失敗した悔しさが頭をよぎり、
おもしろくない気持ちになっていました。
その一方で、まぁ数千円のものなので、
体重さえ測れれば、あとはオマケのようなものだし、
白くて可愛いからこれでもいいかと思ったり、
もしかしたら、ビスケがうろうろしているときに、
ふと体重計に前足を乗せていたり、上を通過している時があるので、
それで動作をおかしくしてしまったのかもしれないなどと思い、
自分を慰める日々が続きました。
そんなある日、何か他に直す方法がないものか再び思い、
(やっとこの時点で、)メーカーのお客様相談室に電話をかけることを思いつきました。

そうしたところ、
電話口のおねえさんが、
うるさいことは一切聞かずに、

「ご迷惑をおかけして、たいへん申し訳ありませんでした。
新品と交換させていただきますので、配達のドライバーに、お使いの製品をお渡しください。
体重計はスーパーの袋や紙袋にいれて、渡してくださればけっこうです。
今後は、このようなことがないように、検品に十分に注意をいたします。」

というような内容のことを、おっしゃってくださいまして、
その二日後には、言葉どおりに埼玉県より新品が送られ、交換してもらえました。
(地震の前日でした。)

買ってから1、2ヶ月程度だったので、
こんなふうな流れになったのかもしれませんが、
親切で良いなぁと思いました。
壊れてるのを送ってくれたら、それを修理して送ります、または交換で新品を送ります。
じゃなくて、
新品をこちらから送りますので、それと交換してください。
という、姿勢が良いじゃないですか。
最初から製品の調子がいいのが一番ですが、
トラブルが起きた時に、応対が良いと、評価があがりますね。

交換してもらった体重計は、すこぶる調子がよいです。
2011.04.18 Mon 14:29
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

サクラとバセドウ歴4ヶ月目で思うこと。 


D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

満開でモッコモコしてます。

e606.jpg

いや、満開というより、もうだいぶ散ってました。
散ってる様子、ちょっとだけわかりますか。
肉眼で見ていると、ハラハラハラハラとけっこうな量が散っているのですが、
花びらって、風が吹いて、これでもか!ってくらい舞わないと、
写真に写っていませんのです。(自分が下手くそに違いありません。)

今日、短い時間だったのですが、
4ヶ月ぶりくらいに、外にカメラをもっていって写真を撮ったんです。
改めて、外で撮るのは気持ちいいなぁと思いました。
思えば、昨年は、開花直後よりこの場所に出かけて、
毎日のように桜の写真を撮って、ブログに載せました。
あれから、あれよあれよと季節が廻りました。

そうそう。。。、
きっと何かの意味があるお風呂のフタは、今年もありました。

e607.jpg

ますます色あせて良い色になり、周りによくなじんでいます。

ここから下は、自分のバセドウ病治療の経過報告です。
あまりおもしろくない話です。

12月よりメルカゾールを飲み始め、
3月の中旬に、やっと減薬になりました。
「あさ・ひる・ゆう」が、「あさ・ゆう」となりました。

バセドウ病になると、薬を飲みながら、
定期的に採血をし、
いくつかの数値を確認しながら、(T3とかT4とかTSHとかTARbとか、いろいろあります。)
薬の量を調整していきます。
そのいくつかの数値の中に、TSHという数値があるのですが、
治療前は、検査の紙に「測定不能」と出るほど、
限りなく0に近い数値を示していたのですが、
3月中旬は、薬が効きすぎて40台になり、
すっかり甲状腺機能低下症になっておりました。(←バセドウの反対のような症状となります。)
ちなみに健康な人の基準値は、0.50~4.00μU/mlなので、
ケタがひとつ違います。
どおりで、寒くて、ローテンションで、皮膚はカサカサで粉をふいてるわけです。
おまけに、太くて長い毛が、10数本もスネから伸びているのに気がつき、
(ようするにスネ毛なんですが)、
まさか自分の足にスネ毛が生えるとは夢にも思ってもいなかったので、
軽くショックをうけました。
憎々しいので、
「もう二度と生えてくるなよ!」
と念じながら、ソイエで跡形もなく引っこ抜いてしまいました。
その時は少々、不安になり、
全身くまなく点検してみましたが、
すね毛以外は変化が見られず、胸をなでおろしました。
ネットで調べてみたら、低下症でスネ毛が生えたという話を何件か読み、
仲間の人がいてほっとしました。
甲状腺ホルモンの変化、恐るべしです。

話は元にもどりますが、3月中旬に減薬してから、
明日で1ヶ月となり、また採血の日がやってきます。
減薬したとはいえ、
あいかわらず、皮膚もカッサカサで、春が来たとは思えない寒さなので、
さらなる減薬になれないものかと願っています。
道行く人は、首どころか胸元まで開いているような装いになったというのに、
わたしは、タートル必須でその上からストールをぐるぐる巻いています。
気がつけば、自分とおばあさん達だけ、春が来なくて冬の装いのままなんです。
おばあさんたちも寒いんでしょうね。

また、3月より総合病院の内分泌外来からクリニックに戻されちゃいましたので、
大病院のように、すぐに採決の結果が出ません。
採血すると、「1週間後に結果を聞きに来てね。」、
と言われ、
さらに減薬すれば、
「1週間後に様子を話に来てね、バセドウっぽくなっちゃったらすぐ来てね。」、
なんて言われて、
そうこうしているうちに、
また採血となり、クリニックに通ってばかりとなってしまいました。
まぁ近いので、都合をつければ大変なことではありませんが、
ちょっとめんどくさくなりました。

ああだこうだと書いてしまいましたが、
もとの病気そのものは、よくなっているということなので、
喜ばしいことなのだとも思います。
薬を飲み始めて4ヶ月半までたどりつきました。
今は、春が来ても寒いのをなんとかしてほしいです。
また採血の結果が出たら、報告します。

------------------------------------------------

拍手の方にも、メッセージありがとうございました。
写真を撮って、更新していこうと思っています。
2011.04.13 Wed 15:01
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »