10/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

殴り書きとアルバイトの面接の思い出。 

f780.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

晩秋っぽく。



D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

赤いトンボはじーっとしててくれて、わりと簡単に撮れます。
飛んでいっても、しばらく静かに待っていると、また同じ場所に戻ってきてくれます。
縄張りがあるんでしょうかね。


さてさて、いろいろなところに登録しているIDやパスワード、
通帳の番号など、
なんでもかんでも、一冊のノートにまとめて書いてあります。
ですので、そのノートを盗まれた日には、わたしはほんとに困っちゃうんですが、
それはおいといて、
最初のうちは、ショッピングサイト、ゲーム、マネー関係などなど、
しっかりと分類し、
カラーペンでわかりやすく線を引いたりしてたんですが、
そのうち、空いてるページに、何を思ったのか筆ペンで殴り書きをしたようなのもあって、
いつのまにかぐっちゃぐっちゃになってしまいました。
そこで、また綺麗に整理をしたくなって、
新しいノートに書き写していたら、
古いノートの後ろの方に

「エ ロ 
1234-*56** 」

というものが書いてあり、
エ ロ サイトに登録した覚えなんてないのに、なんなんだこれは?と、
考え込んでしまいました。
自分のしたことを忘れてしまうのかいな、と思われるかもしれませんが、
とんでもないところに、とんでもないものをしまいこんだりして、
そのことを忘れてしまうことが、誰にだってあるように、
こういうことがあっても、不思議ではないような気がしたのです。
また、前にもお話したように、
一ヶ月のうちに、へんなことをしてしまいがちな時期があるので、
そんな時に無意識に登録してしまって、忘れていたのかもしれません。
でも、そんなもん、いくら考えても見た覚えないし、
エ ロ ってなんなのか、全く覚えがないんです。
もしかして、なにかの暗号なのか?。。。
と考えに考えた結果、謎が解けました。

カタカナの  は アルファベットの 
カタカナの  は アルファベットの 
エ ロは、 I D のことだったんです。。。
IDが エ ロ。
殴り書きすると、こういうことになっちゃうんですよね。
(なんのIDだったかも思いだせました。)
買い物のメモも、あまりにも汚い字で書くため、
自分で読めなくなっちゃって、買い物先で困ることがよくあります。


もうひとつ、思いだした話を。
もう十数年以上前になりますが、近くにある、田舎にしてはわりとお洒落で綺麗なシティホテルで、
土日の3時間ほど、ベットメイキングのアルバイトの求人がありました。
その募集は交通費もでなくて、時給も最低賃金で、
その日、その日の、稼働部屋の仕事なので、
場合によっては、わずかな時間で終わってしまい、
その場合は、その時間しか賃金がでないこともあるという内容で、人気はなさそうでした。
でも自分にとっては、
ベットメイキングに興味があったのと、
そのお洒落なホテルの部屋の室内の様子が知りたいのと、
短時間は都合がよかったので、面接にいってみたんです。
そうしたら、30才前後でしょうか、感じのいい若い男性が、面接してくれました。
「仕事内容は一から丁寧に教えるので安心してください、
ほとんどの方は、2週間もあればひとおり覚えてもらってます。」

ということだったんですが、
ひとつだけ、すごく心配をされていて、

「ただね。。。、今、階段を降りてきた集団いるでしょう、
働いてるおばちゃんたちなんですよ。だいじょうぶかな?」

「だいじょうぶ。。。といいますと。。。?」
「あのおばちゃんたち、ものすごく強烈なんだよね。。。」
「強烈。。。といいますと。。。?」
「とにかくうるさいし、言いたいこというし、真面目に受け取らないほうがいいんだよ。。。」
「はい。。。うまくやっていけるように、努力していきます。」
「そうなんだけど。。。もうね、すごいんだよね。。。それが、疲れるんだよ。」
「ということは、つまり、こちらでのお仕事は、
人間関係にたいへんな面があるといった心構えが、必要になってくるということなのでしょうか。」
「う~~ん、人間関係っていうか、そんなすごいもんじゃないんだけど、
とにかく、うるさいおばちゃんちなんだよ。。。
想像してごらんよ、ああいう、口うるさいおばちゃんといっしょだよ。。。」

「年上の方と仲良くやらせていただく自信はありますので、大丈夫だと思います。」
「っていうか、普通のおばさんたちだとい思わない方がいいんだよ、ほんとうに強烈だから。。。」
「はぁ。。。はい。。。」

そのあと、夕方までに連絡してくれるということだったんですが、
ひとりになって、よくよく考えてみると、
人が欲しいはずなのに、
あそこまで、面接官が心配するということは、
わたしの想像を遥かに超え、よほどのことなのか、
おそらく、あの若い面接官は、
自分の母親の年に近いような、ずっと年上のバイトのおばちゃんたちに、
相当な苦労させられているにちがいないなどと、
だんだん不安になってしまい、
電話がかかってくる前に、自分から断りの電話をいれました。

もしかしたら、もっとわたしが「根性あり」に見えたら、
あそこまで言わなかったのかもしれませんよね。
根性なしに見えたので、
しきりと心配をしているふりをして、
遠まわしに断りたかっただけだったのかもしれませんけどね。。。
うーん、だんだんそんな気がしてきました。
そうだったのでしょうか。
十数年経った、今なら大丈夫かも。
スポンサーサイト
2011.11.23 Wed 16:19
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

バセドウ病の治療をはじめて一年経過。 

f770.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II トリミングあり。

「はい、ジャンプ!」
の掛け声で、跳ねていますが。。。
実にぎこちない。
ほんとは顔も写ってるんですが、必死すぎ。

さてさて、最近、バセドウ病のその後のことを、書いてませんでしたが、
10月の血液検査の結果は、

T3 3.5 
T4 1.5 
TSH 0.013 
レセプター抗体 1.5 

となってまして、T3とT4は良い成績で基準値なんですが、
残りのふたつは、びっくりマークつきで、これではいけないのですよね。
(クリニックでもらう報告書には、基準値から外れると「」がついてます。)
まあ数字はこんなんですが、体感的には何も困ってることはありません。
そうそう、
昨年12月の初旬から、薬を飲み始めたので、早いものでもう一年たっちゃうんですね。
いつも、なんだかわかりにくいようなことばかり書いているので、
「一年間、薬を飲み続けて、いったい、しろこさんはよくなったんですか、どうなんですか?」、
と思われる方もいらっしゃると思うのですが、
一番ひどいときに比べれば、数値はものすごくよくなったんです。
なのですが、一度だけ、一瞬だけ、全部の数値が基準値にはいったことがあって、
その一番よかったときと比べると、残念ながら悪くなっちゃってます。
そんなわけなので、薬をやめるわけにもいかず、飲み続けることになります。
自分の脳内スケジュールでは半年で完治の予定だったんですが、
本に書いてあるように、そんなに簡単には治らないもんなんですね~。
でも、治らないっていっても血液検査の数字の上だけで、
体感的には、困ってないんですけどね。
もうなんというか、病気というか、そういう体質ってことでいいじゃん、なんて思ってしまいます。
またバセドウになると痩せて、
治療がはじまってメルカゾールを飲んでると太りやすくなると言われていますが、
自分の場合は、一年をふりかえって、体重の増減は、なかったといっていいでしょう。
きっと、バセドウの治療前は必要なだけ食べまくっていて、
薬をたくさん飲んで代謝が落ちすぎたときは、それなりに食べないでいられたんでしょうね。
今はもう、何かを気にすることなく食べてますが、増えもしなけりゃ減りもしません。
あと、白髪が増えたのは、老化じゃなくてバセドウか薬のせいにしたいです。
2011.11.18 Fri 19:15
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ビジー問題と美容院代と化粧品代は計算するべからず。 


D90+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

何にピントをあわせたかったのか?

今日は、わかる方がいらっしゃったら、
アドバイスをいただきたいのですが、
実は、いつもこのブログに遊びにきてくださる方のパソコンが壊れてしまったという
ご連絡をいただきました。
その後、知人の方にみてもらったら、
パソコンは直ったそうなのですが、
今度は、このブログを見ることができなくなってしまったそうなのです。
症状は、

このブログを開くと、
タイトルの看板と、メニューなどがある左側の部分は見れるが、肝心の真ん中が見れない。
左側メニューから、最新記事の題名を押すと、
「カーン」と音が鳴って、
「インターネットサイト開けません 操作は中断されました」
と表示される。
表示された小窓の「×」を押すと、
「このウインドーはビジーです 
このウインドーを閉じると問題発生する可能性があります ウインドーを閉じますか」
と出て、
YESとNOの選択で、こわごわ「YES」を選択する。

。。。、という感じなのですが、どうしたらいいんでしょう?
他にも、なにか情報が必要でしたら、お尋ねしてみますので、
もしわかる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。


さてさて、一昨日、3ヶ月ぶりに美容院にいって、カットとヘアカラーをしました。
以前の記事で、
「分け目のない、ぱっつん前髪にしたら、白髪が目立たなくなったので、
これはカラーのサイクルを3ヶ月以上に伸ばしても、良いのではないか。。。」
というようなことを書きましたが、
それはわたしの幻想だったようで、
3ヶ月もたつと、頭のてっぺんなど、
かなり悲惨になってしまい、もう見苦しくて見苦しくて。
そんなことを、美容院でああだこうだと話をしながら染めてもらったのですが、
「綺麗でいるには、最低でも2ヶ月に一度は来ないと。。。」
みたいなことを言われ、
それなら、これまでと何も変わらないではないかと思って、落胆しました。
なんか、ここのところ全体的にトバッと増えたようにも思い、イヤになっちゃいますね。

それで、染めてもらってる最中、
ほんとは、まだまだそんな気はなかったのですが、
「いっそのこと、もう染めないことにしようかなあ」
と何気なく言ってみたら、
美容師さんからもう反撃をされ、

いくらなんでもその年で染めないなんてありえないだの、
絶対に老けてしまうだの、
白髪を染めないということは、女として大事なものを捨てることになるだの、
白髪を染めないことからはじまって、どんどん老けていくのだとか、
それでは、しろこさん自身が鏡をみるたびに悲しくなりませんかだの、
もう、女としてどうなんだ、
白髪染めの努力もしないで、人としてどうなんだ、

。。。みたいなことを、よってたかってさんざん言われ、
なんか、だんだんと腹立たしくなってきました。
実際、髪に白いものが混じってれば、混じってない人に比べれば、
そりゃ年齢は上にみえるにきまってますが、
白髪のままだからって、女を捨てるわけじゃないし、
じゃあ、髪さえ染まってさえいれば、若いのか、綺麗なのかって思うんですよね。
もっというと、女は若くみえるのがなによりも大事なのかよ、ええ??って話しにもなるし、
わたしはそれは違うと思うんですよね。
人工的に手を加えて、美魔女でしたっけ、
いつまでも若く美しくあることは、努力も必要だし素敵なことだとは思いますが、
それが全ての女性にとって一番、大事なことなのかっていうと、
わたしはそうじゃないと思います。
人工的に手を加えないで、自然のままに過ごしたい人もいることでしょう。
その人にとって何が大事か、人それぞれの生き方ってものがあります。
ちなみに、その美容師さんは男性で、その人も白髪があってもいい年なのですが、
自分自身の白髪は放置で、
「自分は男なので、別にかまわないんですよね。」
というようなことをぬかすので、
「え~。人に染めろ染めろって言ってて、なんなんなのよ。ちっ。」
って言ってやりました。
また、ホームカラーや、今話題の、利@カラートリートメントも、
綺麗に染まらないから、傷むから、固くなるからと、
猛反対されたのですが、
まあ美容師さんは、売上もあるし、
お店で染めてもらいたいから、ホームカラーをすすめないのはあたりまえなんでしょうよね。
まあそれはいいとしても、
(話は戻りますが、)
手をくわえないで白髪のままにしていくという選択をしている全ての女性が、
女を捨ててるわけではないと思うので、
それに対しては、やたら腹が立ちました。
といいつつも、わたしも白髪を放置する勇気はないので、
慣れてるこの美容院に、またせっせと染めにいくんでしょうけどね。
カットとカラーで12000円、
2ヶ月に一回行くと、年6回で、
わたしの頭は年間72000円もかけるだけの価値のある、頭なのかとも常々思います。
母親に、この話をして、
わたしのこの頭って年間72000円もかかってるんだよ!、と言ったら、
「そんな計算するもんじゃないよ。美容院代と化粧品代は、計算しちゃだめ。」
と言われました。
綺麗でいたかったら、お金のことは気にすんなってことらしいです。
2011.11.17 Thu 14:56
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

うさぎのフェルトコースターとラブリープリンセス 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

フエルトでできたウサギのコースターをみつけたので、
少しだけクリスマスっぽいコーナーを作って飾ってみました。
ほんとのことをいうと、
クリスマスなんて、
別にどうでもいいと思っているような人間で、
毎年毎年、世間が騒ぐ様子にうんざりしているんです。
にもかかわらず、
こういうものを少し飾っただけで、
なんとなく良い気分になってる自分がいるのも確かで、
人の心って不思議なものですよね。


f750.jpg
D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

「ラブリープリンセス」という名前のミニバラです。
今年は、初夏のバラの季節から、晩秋になるまで、満足に咲けませんでした。
春も夏も秋も、虫にくわれ、病気にかかり、
無残な姿になるたびに、
見苦しいからと、わたしに容赦なくバシバシ切られ、いつもいつも息も絶え絶えでいました。
たま~にどうかすると、葉もいい感じになり、蕾をつけて花が咲く時もあるにはあったんですが、
本来の姿とはほど遠い、不格好な色・形で、
やる気が全く見られず、まさに「サボリープリンセス」だったんです。
そんなわけで、もう今年はダメで、来年だって咲かせる自信なんてないよ、とあきらめていたら、
今週になって、淡いピンクの縁取りつきの透明感のある本来の姿で咲いてくれました。
こんなふうに咲いてくれると、うれしくなるんですよね。
可愛いでしょ。
2011.11.13 Sun 14:39
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

コスモスと虫と重曹で煮洗い 

苦手な人は、いきなりごめんなさい。
にょろりん。。。

f720.jpg
D90+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

わたしもこのような虫は大の苦手ですが、
これは絵になっているのではないかと思ったので撮りました。
虫がいないところを想像すると、つまらなくなります。


f721.jpg

ぶんぶんぶん。


f724-01_20111106141651.jpg
D90+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

これ↑は、なんとなくな好きな写真。


f722.jpg

綺麗な形。


f715-02.jpg



11月に入ったのに、今年はいつまでも暖かいように思います。
テレビでは、「今年も残すところ、あと2ヶ月となりました。」と言いはじめ、
最高気温が夏日のうちから、年賀状も発売されましたね。
そしてもうしばらくすると、朝の番組なんかで大掃除の特集がはじまりますよね。
やたら、掃除しろ掃除しろ、と追い立てられるような気持ちになりませんか。
大掃除っていっても、
いつもそれなりに綺麗にしておけば、寒くなった12月に、わざわざ大掃除なんてしなくていいと思います。
寒い中、掃除でせかせかするの、大嫌いなんです。
それで今日は、大掃除というわけではなくて、
定期的に行う換気扇の掃除をしました。
ここ数年は、物置から、いらなくなった大鍋を出してきて湯を沸かし、
重曹と換気扇のシロッコファン(しろこのファンという意味ではなくて、そういう名前のファンなんです。)をいれて、
ぐつぐつ煮洗いしてしまいます。
煮るのは10分ほどでしょうか。
煮た後で残った汚れは、いらないブラシやスポンジなんかでこすってやれば、
あっというまに簡単に綺麗になります。
3~4ヶ月に一度くらいやってれば、なんてことなく綺麗を保てます。
お湯と重曹と古いスポンジだけなので、洗剤もいらないし、らくちんです。
ホームセンタで売ってるような、つけおき洗い用の専用の洗剤とか、いろいろ試しましたが、
わたしはこの方法が、一番安あがりで楽なように思います。
しかし、このやり方でも、
(テレビショッピング出てくるような)あまりにも汚れが、たまりにたまったファンだと、
綺麗にするのは、それなりにたいへんだと思います。
でも、もっと長時間煮て、何度か繰り返せば、綺麗になるではないでしょうかね。
ただ、家にいらない大鍋がないとできないですよね。
いつも使ってる大きなお鍋では、汚れちゃうし、気持ち悪いのでいけません。
なので、大鍋がいらなくなっても捨てないで、お掃除用にひとつとっておきましょう。
わたしは、いらなくなった大きめの中華鍋でやってます。
ガスコンロの五徳なんかも、同じように重曹で煮洗いすると、コゲコゲも落ちやすくなります。
2011.11.06 Sun 15:15
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

コスモス色と今度は酒粕パック 

f711.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

昨日の続きのコスモス畑です。


f710.jpg

池に映ったコスモス。
ちょっとさみしげ。


f716.jpg

ふわんふわん。


f712.jpg

コスモスのぼりが目印。
かわいいな~。


f713.jpg

可愛い花を、普通に可愛く撮るのって、難しいですよね。
「普通に可愛い」ってなんだよ、っていうのもありますが。


f714.jpg

拍手を(元の)デフォルトのものにもどしてみました。
ちゃんともどせたのかちょっと不安です。
いろいろ、変えてすみません。
いつもほんとうにありがとうございます。
そして昨日のコスモスの記事にも、ご感想をありがとうございました。
うれしかったです!(。◕‿◕。)ノ♡

スキンケアですが、今度は何をはじめたかと言いますと、
酒粕パックと酒粕の甘酒を毎日飲んでます。
酒粕パックはいろいろやり方があるようですが、
わたしが選んだのは最もシンプルな方法で、
酒粕50gに水50cc弱を、よ~くまぜまぜして、
顔にぬりたくって、15分放置して洗い流します。(この分量で、4回分くらいあります。)
するとですね、なんか一段色白になって、お肌しっとり肌理も整ったような。。。
酒粕は未開封ならけっこうもつので、とりあえず5袋、買ってきました。
以前、ためしてガッテンでもやったそうですけど、
酒粕50gを水で溶いて、甘酒状にしたものを3週間飲み続けた結果、
肌の保湿量が増えた人は、全員が全員ではなかったそうですが、
悪玉コレステロール値は、ほぼ全員が下がったそうです。
すばらしい。
他にも、身体に良いことづくめのようなので(酒粕・効能、で検索してみてくださいね)、
せっせととりいれようと思っています。
また、酒粕は、300gで170円から200円弱で売っていますので、試しやすいですよね。
2011.11.04 Fri 13:29
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

コスモス畑で夢心地 

f702.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

コスモス畑にいってまいりました。
ピンクと白の可愛い世界にうっとり。
もう、うれしくてうれしくて、自然と笑顔になれます。


f703-01.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

ロマンチックなお花畑に、幸せいっぱい、胸いっぱい。


f704.jpg

コンタクトからメガネ生活になって、2ヶ月と少し。
おかげさまで、メガネ生活そのものも、メガネで写真を撮るのにも、慣れました。
よかったです。


f701.jpg

さぁ~、はりきって撮りまっしょー。
今日は、70-200にフードもつけてみました
フードというのは、レンズの先端につける帽子です。
つける意味は、大きく見えてかっこいいからなんですが、
ほんとうは、有害な光を遮断してくれるためにつけるんだそうです。
そんなにいいものがあるのに、
いつもどうしてつけないかというと、つけたままだとカバンに入らないからです。


f700.jpg
(↑の写真を撮ったカメラはD90+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF))

いい机があったので、
カメラを置いて撮ってみました。


f705.jpg

それぞれをよく見ると、
花そのものは、11月に入ったこともあり、
見ごろを終えて、終わったものや傷んでいるものも多かったのですが、
秋の陽射しに煌めく、乙女心をくすぐる色合いに、心おどりました。
うれしたのし、コスモス畑。

次回もコスモス畑になりそうです。
2011.11.03 Thu 15:42
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。