08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--
カテゴリ: スポンサー広告
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

9月のバラと貧困と学力と連鎖で想うこと 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)


i951.jpg
D700+AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


i942-01.jpg


先週末の報道2001で、貧困と学力を特集していました。
統計では、所得が低い家庭の子供は、所得が高い家庭の子供より、
学力が劣るのだと。
もちろん、貧しくても将来、東大にいく子もいるでしょうし、
裕福な家の子でも、学力がからっきしダメな子もいるでしょう。
「うちは母子家庭で、たいへんでしたが、
兄弟3人とも、大学にいき、それぞれがんばってます!」
という話など、
世間には、たくさんあると想いますが、
それはおいといて、
統計ではそのように出ていると。
そして貧困家庭は、次の世代に連鎖しているというデータも。

じゃぁ貧困の連鎖は、どう断ち切ったらいいのか。

番組では、
やはり、貧困から抜け出るためには、子の教育であろうと。
教育しかないと。

で、わたしはこの流れで、
「それには、まず親が教育を意識しないと…。
教育に適した環境と学力向上に努力することの必要性を、親が意識しないと…。」
などと、思ったりもしたのですが、
こんな綺麗事で解決すれば、とうの昔に解決してますよね。
意識したくても、できないのかも。

実際にもし貯金もなく、食べていくだけで精いっぱいの、
せっぱつまった状態になってしまったら、
わたしには、子の教育なんて考えられるのでしょうか。
堪え性がない自分には、とてもとても、できないでしょう。
余裕のない気持ちでは、子供の音読やら計算ドリルどころじゃないですよ。
日々の暮らしにおわれ、疲れ果ててしまうと想う。
テレビに出てきた母子家庭の家は、
あの中で宿題などやれないと想うような、散らかりようだった。
心身ともにゆとりがないから、片づける余裕が持てないのかもしれない。
心にゆとりがあってこそ、子の学習に適した環境も整えてやれ、宿題も見てやれる。
教育に目が向いてくる。
でも、心にゆとりを持つには、時間とお金と平穏が必要。
ある程度のお金は少なくても必要。
でも貧困なわけだから、それが足りなすぎる。

さらにいろいろ思ったのですが、
学力においてのアタマの良し悪しって、
まず親から受け継ぎます。
遺伝。
そこに、努力や環境など後天的な要素が加わると想う。
学力が優れていると、高学歴になりやすい。
高学歴だと安定した職につきやすく高収入にもなりやすい。
高収入だと貧困にならない…って流れはある。
(もちろん全ての人ではないです、なりやすい傾向ということ。)
さらに、産まれる子も遺伝により頭がよく、
高学歴で高収入となり…、
と、こちらも連鎖しているのではないでしょうか。
名門家が名門のまま続くように。

こうして、それぞれに連鎖。
アタマが良い家系が連鎖するのは、素敵な事だと想いますが。


i952.jpg


番組内では、中3になっても、
小学校低学年程度の簡単な漢字の読み書きができない子や、
九九がわからない子らが…。
これには驚きました。

貧困で、お金がなくて進学したくても進学できない子は、
将来も含めて、自力で奨学金などなんとか工面すれば(それはとても困難な事だけれど)、
可能性はゼロではないと想うけれど、
貧困で、向上心も自尊心も失われ、
つくはずの学力さえも身につかないのが、最も悲しいことだと想いました。
スポンサーサイト
2013.09.25 Wed 14:35
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ウサギまんじゅうを作ってみました。 



ススキがないので、ねこじゃらしでw
今日はお月見なので、うさぎまんじゅうを作ってみました。
大小さまざま、丸いのも、やけに四角いのもw


i941.jpg

赤い目は、水に食紅をごく少量とかし、楊枝のアタマでちょんちょんってつけます。
耳は、金串や(いらない)フォークをあぶって、焼印のようにつけます。
小さい子といっしょに作っても楽しそう。
敷いてあるのも、濱文様さんの「うさぎまんじゅう」というシリーズw
めちゃくちゃ可愛いです。


i939.jpg

見るからに不格好なのもいますが、買ったものより、ず~っと美味しいです。
大和いもと上新粉と砂糖とアンコのみ、余計なものが入ってないからなんでしょうかね。
ヘルシオのスチームで15分蒸して作りました。


i940.jpg

いつもの、お月見うさぎも飾ってやりました。

これ↓↓は2009年の、お月見うさちゃん。4年前です。


a881[1]

今日はよい満月が、見れそうですね。
モナカと窓から見たあと、ビスケとお散歩して眺めてこようかな。

みなさんも、よいお月見を。
2013.09.19 Thu 16:27
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

両口屋是清・ささらがた 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

両口屋是清さんの「ささらがた」です。
父の四十九日のお返しに選びました。


i936.jpg

見た目通り、上品で美味な羊羹…というか、高級上生菓子って感じかな。


i937.jpg

ウチにもひと箱、もらえたので、
実は既にわたくし、全ての味を食べてみたのです。
真ん中の大納言が特においしかったです。
15個入りで3000円でございます。


さて、台風18号が蒸し暑さもつれていってくれて、
すっかり秋の空気になりました。
朝に晩に涼しく、日中は気温が上がるものの、カラッとしていて気持ちいい。
このあいだまで、朝からエアコンいれてたのがウソのよう。
過酷な季節から、気持ちのいい季節に変わるとき、いつも思うんです。
(以前にも書いたような気がしないでもないのですが…)
生まれたての赤ちゃんにも、お年寄りにも、
大金持ちにも、ホームレスのみなさんにも、
気持ちのいい季節は平等にやってくるのだなぁと。
おぎゃぁと生まれた時から、
人は容姿にも、親の人格にも経済力にも格差があり、
その中で育てられ、生きてきた中、
平等にやってくるものって、季節くらいかもしれないですね。

先日、テレビを見ていたら、
学級委員の制度を、「なれない子が傷つく」とう理由で廃止、
全員が平等に役割をこなす、優劣つけない教育が話題になっていました。
小学校だったかな。
で、スタジオでは、これだと競争世界の社会に出た時に困るんじゃないかと
皆で心配するような流れになったような…。

しかし、小学校だけで社会にでる人なんていません。
小学生のうちは、みんなが主役の桃太郎のように、
陽だまりのように見守ってもらえても、
中学生になれば、いきなり優劣つけますから。
まず、テストで順位をつけられます。
教科によっては成績で3段階にクラスわけをされました。
誰がどのクラスか、隠すことはできません。
そして、成績が悪ければ行きたい高校は不合格となりますが、
めでたく希望の高校生に入れても、
そこでデキが悪ければ、
カスだのクズだのと罵られ、
悔しかったら点をとれと、
優劣どころか、ぼこぼこにされながら、競争させられてます。
これ、うちのモナカですw
なので、小学校の時に、ほかほか温泉生活でも、
中学高校と徐々に厳しさが増すので、
社会に出た時に、皆が言うほど困るってことはないとは思うけどね…。
そうそう、部活だって厳しいところは鬼・厳しいもんね~。

ただその、小学生とはいえ、
学級委員に選ばれない子が傷つくから制度廃止は、へん。
傷つくなんて失礼じゃん。
だって、「立候補ができる勇気ある子」、ですよ。
子供心に落選理由を考える機会だと想うけど。
アイツはきっとボクより友達が多いから、
アイツはきっとボクより成績がいいから、
ボクに何が足りないのか、
または、
いやいやボクに落選の理由などない、理不尽だ~~とかw、
あれこれ想う機会をとりあげてしまってるようにしか思えないけどなぁ。
な~んか、こう、気持ちが悪いことです。
2013.09.18 Wed 18:03
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

お茶だしてもらっても飲めないのは病的なのか 



ガスコンロ周りの、毎日の汚れは、カットしてある、いらない布をお湯で濡らして拭いて、捨てます。
クロスをまた洗って綺麗にして…とやるのは、効率が悪いし、
茶色くなったクロスをそのへんに干してあるのは、見ばえが悪すぎるので。
ガスコンロを拭くなんて1分もかかりません。
それを毎日やってれば、そこそこ綺麗です。
絶対に、テレビのお宅訪問の掃除番組で見るような、悲惨なガスコンロにはなりません。
あれって、あんなになってもまだそこで料理を作ってるってことでしょ。
自分と家族の口にいれるものを、あの環境で作れるのか。
気持ち悪くないんでしょうか。
で、ガスコンロがあんなでも平気でいられる人は、
シンクだって冷蔵庫だって、相当に汚いはず。
換気扇なんてすごい事になっているはず。
あんなに汚い台所で作ったのかと思うと、いくら立派な料理であっても食べられません。
あのコンロでお弁当つくるくらいなら、コンビニ弁当を買いにいって持たせますw

話しは戻りますが、
で、さらに、
ガスコンロの受け皿は、3日に一度も洗ってやれば、いつも綺麗ですが、
五徳というのは、いつのまにかコゲコゲになっちゃう。
昨日、掃除用の鍋に重層と五徳をいれて、ぐつぐつ煮て、磨きました。
それが一番、手っ取り早く綺麗になります。


i930.jpg

コゲがとれないところありますけどね。
10年近く使っているから。

オール電化のフラットなコンロなら、お掃除が楽なんでしょうけどね~。
掃除が楽そうで憧れるけど、
なんかガスコンロの方が、温かみがあって可愛いような気はします。
そういえば、洋館のアメリカンキッチンのコンロは可愛かったなぁ~。

おおきなお世話なんですが、
昔から、コンロの受け皿や、コンロの台そのもの用のアルミのカバーが売ってますが、
あれこそますます掃除しなくなるんじゃないでしょうかね。
どうせ捨てるからいいや…ってことで、汚れため込む感じがするし、
なにより、見た目がよろしくないような…。


i931.jpg


ガスコンロの周りには、なんも置かないのが一番、掃除しやすいですね。
すべてのものに、油とぶ。


掃除なんて好きじゃないですよ。
掃除するより、好きなことやった方が楽しいもん。
ただ、自分で病的だとは思ってないけど、
汚いところにいるのが苦痛、
「汚くしていられる自分自身」に耐えられない、
我慢ができないのですよね。
まぁ、もっと綺麗にしてる人からみれば、
室内わんこもいる、わたしんちなんて抜け毛もあるし、汚いと思われるだろうし、
綺麗、汚いも、自分の基準値の中なんですどね。

実は、おじゃました御家が汚いと思っちゃうと、
お茶出してもらっても飲めないんですよ…。
どうしても飲めない。
ほんとうに申しわけないと想うんだけども、飲めないのよ。
これって、病的?
2013.09.14 Sat 11:36
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ルナルナ 


D90+Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D  リモコンで。


一説では、女性の10人にひとりは子宮内膜症らしいです。
この「子宮内膜症」、
名前からすると、子宮にある子宮内膜が悪い状態になるかのようですが、
ところがどっこい、そうではないのですよ。
シンプルに説明すると、子宮内膜が、子宮以外の骨盤内で増殖する疾患。
悪性の疾患ではないのですが、
お月さまがくると、あっちこっちにできた子宮内膜から、いっせいに出血…
となるわけで…、イメージすると恐ろしい。
ご想像にお任せしますが、大変つらい。痛いのなんの。

詳しいことは、検索してね。 

で、
最近、ブログで持病自慢ばっかりしてるようなんですがw、
わたしは、この子宮内膜症もありまして、
昨年の冬、想定外の大出血があったため、
悪い病気だったらどうしよう、まだ死んでられないわ…とビビり、
優しいと評判の婦人科の先生を受診したんです。
その時に、内膜症もあわせて診断。


i926.jpg


今、思えば、毎月のお月さまは、鎮痛剤を飲んでも痛かった。
飲まなければ、痛みで何もできない。
子宮じゃないところまで、お腹の中が痛かったのよ。
あの、うううっ…と、うずくまるほどの腹痛は、正常ではなかったわけです。
上手く表現できませんが、最も痛い日は、内臓が、よじれてよじれてひっぱられるような…。
なわけで、予定をいれるのを可能な限り避けるほどの痛みは、正常じゃなかったわけです。
でも、他の人がどれだけお腹が痛いかなんて話しだけでは比較できないし、
もうずっとこんなだったので、こういうものだと思い込み、
病気だとか異常だとかに結びつけなかったのでした。
こんなふうに思って耐えている人↑↑、たくさんいると想うのですよね…。
とはいえ、わたしたちが絶対に前立腺ガンならないように、
男の人は絶対に、子宮内膜症にはならないのですけどねw

話しは戻りますが、
でも今は、おかげさまで毎月のお薬が身体にあいまして、いい感じにコントロールできています。
ほんとうにありがたや。
毎月の痛みに怯えないで、過ごせるのは幸せです。

それにしても、人の身体って不思議ですよね。
どうして子宮じゃないところに、子宮内膜が増殖するのか。
いったい、どうなってんのよ。

wikiでは、
「さまざまな原因が考えられているが未解明の部分が多い。」
とのこと。
某サイトでも
「子宮内膜症の原因は、現在まで完全に解明されていません。
子宮内膜症が増えている理由もいろいろとありますが、完全に説明できません…」

どこを読んでも、説がいくつか並んでるものの、よくわかんないとのこと。

なんかこの病気、大昔に床屋さんで読んだ恐怖マンガを連想しちゃうんですよね。
人の顔が、体のあっちこちにできちゃう話。
できた顔どうしで一人前に、勝手におしゃべりしてたような記憶が…。
子宮内膜症も、勝手に増殖した子宮内膜たちが、一人前に、お月様がくると反応するんだもん。
ね~~、なんか似てるのよ…。
ぞぞ…っw
2013.09.12 Thu 20:56
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

洗面台の棚における美意識 

i919.jpg

シャンテロゼ・ミサト。


i918.jpg

イスにクッションが2枚重ねてあるのは、
両尻の骨があたって、おしりに跡がつかないようにですww

半沢直樹を見るときは、反対側に座ります。
すっかり、はまちゃってます。
先日、リーガルハイも全部見たので、半沢が古美門に見えてしまうわ。
10月からのリーガルハイの続編も楽しみです。


i920.jpg

デンター・システマの歯ブラシ。
可愛いデザイン。
自分は主にドルツの電動ハブラシを使うのですが、2本あった方がキュートなのでw


i917.jpg

ありふれた小さめの洗面台なんですが、
中央にある鏡の左側はモナカの棚で、右は自分のものを。
これはモナカ愛用の、松山油脂の洗顔フォームとローション。
前回の記事でモナカのニキビについて触れましたが、
昨年、某ニキビ用を使っていたら、どうも乾燥している様子で、
もしかして乾燥も一因でニキビが治らないのかもしれないと、
この毒にも薬にもならないような優し気なものに変えてやったら、
とっても綺麗になりました。(好転した要因は、これだけじゃないかもですが…。)
余分な皮脂どころか、大事なバリアをとってしまっていたのかも。
もっと早く気がついてやればよかった。
ニキビを治すのも、人によって何がいいのか様々だと想うのですが、
場合によっては…、場合によってはですよ、
「ニキビ用のアイテムをやめる。」というのもアリかもしれません。
一番上の水色のものは、モナカのワックスです。
最近は使うのが上手になってきましたw

とにかく、こういった棚には、あれもこれもと置きがちなんですが、
そうしますと、見た目も、ごちゃごちゃとよろしくないうえに、
掃除がしにくいので、飛び散る水垢にホコリがかぶって汚くなる一方です。
なわけで、なんの為に棚があるの、棚の役割ってなんなのよ…と疑問がわくほどw、
ほんの少しだけ置いて、見せるのがよいように思います。
快適なホテルのまねっこみたいに。

こんなところに髪の毛が絡んだブラシが置いてあったら、美意識を疑うわ。


先日、カルディの試食の罠にはまってみた、


i914.jpg

ロートケップヘン、あかずきんのクリームチーズ(ハーブいり)。
クラッカーもパンもごちそうになります。


i915.jpg

美味しい匂いにつられて、すぐやってきます。
2013.09.10 Tue 13:21
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ほんのり色のついた頬と唇に。 

以前も書いたかもですが、
このあたりは「最中」といえば、ずしっと厚みのある正方形の、「田子の月の最中」で、
しっかりとしたお餅が入っています。
カロリーもありそう。美味。
小学生だったある日、どこかのお土産の丸い最中を食したモナカが、
「おかあさん、この最中、おかしい。お餅が入ってないよ。」
と、怪訝そうに…。



餅入りが特別なの。


i910.jpg


今日はモナカにチークの入れ方と、
グロスのつけ方を教えてやったんです。
ピンクのチークをいれた、
まんまるい頬は桃のようでした。
まるい顔に、まるい鼻。童顔の高3。

中学生の時はニキビが酷くて、
わたしはもかなり心配しました。
かわいそうでかわいそうで、
漢方専門店まで行って、処方してもらい
それを小鍋でグツツ煎じで飲む様にすすめたら、、
「世の中の人は、こんな臭いのする不味いものを本当に飲めるのか。信じがたい。」
と。
その後、高校生になっても、なかなかニキビと縁は切れなかったんだけど、
今年になったら、ニキビが退化しました。
今も少しはできるけど、健康的な艶肌に。
気になっていたコメカミの凹みも綺麗になくりました。
やっと女の子のホルモンが安定したのかな。
ほんとうによかった。
ブラボー!

美しい心根だけで、どうにでもなればいいのですが、
なんだかんだ言っても、女の子は…というよりも、
人は見た目で左右されます。
それぞれ、もって生まれたものがあり、
努力だけでは、どうしようもない部分があるのも現実です。
美容整形でもしない限り、
お団子のような、まるい鼻のアタマは、細く尖ったりはしません。
でも、自分を客観視して、欠点はあっても、工夫と研究でw、
そこを気にしなくてもいられるところまでは、いけるようにも思います。
どんなに先天的に恵まれている造形や肌質でも、
趣味の悪いものを着たり、
不摂生を続け身体に脂肪をつけまくったり、
立居振舞、言動がガサツだと、
美人とは呼ばれません。
男も女もいっしょ。
逆に少々、造形に難があっても、
姿勢をよくしたり、身のこなしに気を付けたり、
努力、工夫、研究で、
それをカバーして、人に良い印象を与えることは
ある程度までは、できると思います。
絶世の美女にはなれなくても、
「ちょっと綺麗な人」には誰でもなれるのかもしれないですよね。
お助けアイテムなど、なんでも売ってる世の中でも、ありますから。
なわけで、世間の目というのは、
それくらいの努力をするのは、当然と見てるのかもしれません。
厳しい。


i911.jpg


腕が真っ黒じゃん。
モナカには、長身でのびやかな手足に、まんまるい童顔がのっかっています。
アンバランス。
チークをいれた桃のような頬は、七五三の祝いを想い出させました。
母親であるわたしが見れば、とても可愛いのですが、
バランスがいいかどうかとなると、微妙。
でもそのアンバランス加減も、武器にして生きていくのだ。
笑うと可愛いし。

「高校生のうちはゴハン食べて寝ぐせだけ直して、ギリギリまで宿題やって、登校すればいいけど、
大人になれば、早く起きて、
鏡とにらめっこして、あれもこれもしなければ、出かけられないんだからね。」、
と言ったら

「うん。がんばってみる。」

とw
ほんのり色のついた頬と唇。
まんざらでもなさそうでした。
2013.09.08 Sun 16:22
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。