09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

秋のバラと子宮頸がんワクチンで想う事 



今日、我家で咲いたバラです。
左から、シャンテロゼ・ミサト、グリーンアイス、チュチュ・オプティマ、
トレンディ、マジカルミステリー、ペッシュボンボン。

ローズポンパドールは、またもや根切り虫の被害にあい、花壇で療養中なんですが、
大事な、デルバールローズなので、よくなりますように。


j003_20131031143451a58.jpg

チュチュ・オプティマ。
優しい雰囲気が、ビンのフタのバラのイメージ。


j004.jpg

可憐なミニバラです。


j007_2013103114344206b.jpg

一重咲きのマジカルミステリー。
これも瀕死になっちゃったのですが、イオンで買った肥料で復活!
とても元気になりました。


j006_201310311434486ae.jpg

ミニバラたち。
それぞれに愛らしく癒されます。


さて、副作用が問題になって、積極勧奨を一時中止されている、
子宮頸がんワクチんですが、
モナカは子宮頸がんワクチンを接種していません。
細かい事までは、しっかり覚えてないんだけれど、
確か、年度が変わると有料になってしまうと通知された生まれ年で、
年度末までに打てば無料でした。

つまり、一つ上の人たちは、はじめから有料ということになります。
たった一年早く生まれただけで、
「モナカさん。いい年に生まれましたね。今ならタダなんだから早く打っちゃってね。」
という流れになりそうなこのお達しに、
わたしは、なんともいえない気持の悪さを感じました。
有料だと16000円を3回接種するので、5万円程の金額となります。
同じ生まれ年の人の親御さんの中には、
「5万円がタダになるんだから、これは接種に連れて行かねば!」と、
判断を急いだ人もいるのでは。

また、ワクチンの効果は6年。(2013年の最新データでは9年になったらしい。)
仮に6年だとして、
早い話、その間、性交渉がない人は(あるかないか、未来の事はわからない事ですが)、
接種する意味がないってことですよね。
そのへんも15才の少女が、今、慌ててやるべきものなのかという疑問がふつふつ。
さらに国が税金を投じてまでして、接種する必要ってあるの?
6年しか効果のわかっていない子宮頸がんワクチン以外に、
もっと優先して投じるところがあるんじゃないの?

さらにネットで調べたら、副作用で苦しんでいる少女たちの話が。

わたしはその時点で、接種を見送ることに決めました。
モナカには、子宮頸がんワクチンの小冊子を読ませ、
将来、自分が必要だと判断したら自費で接種するように言いました。
少なくとも今の段階で、親として、勧めたいとはとても思えないということを話しました。
理解をしたはず。

そして、現状では、副反応により、積極推奨が中断されるという流れになっています。
どんなワクチンも副反応はあるけれど、
わたしが読んだものでは、子宮頸がんワクチンは他のワクチンに比べて、
副反応がでる確率が飛びぬけて高かった。
それでも、子宮頸がんの予防になるからと奨めている方々もいるけれど。

将来、子宮頸がんになる確率と、副反応で苦しむ確率、
平均的な接種年令14才と、効果が持続する9年という期間。
そして23才で子宮頸がんで亡くなる人はゼロ。
その後10年間の34才でも全国で87人らしい。
子宮頸がんんで亡くなる人の多くは高齢の女性。
これらの数字をどう受け止めて、どう判断するのか。

迷ってる時、相談した友達は、
「しろこさんが少しでも迷うなら、打たない方がいいよ。」と言いました。
親の判断で接種して、不幸なことになるのは、どれだけの苦しみかと。
「ウチの子は大丈夫だったから~。」などと、のーてんきな事を言うバカは、友達にはいません。
なんでもない人が、ほとんどに決まってるのだから。
あるデータでは、副反応は3205人に一人の割合だそうです。(軽症から重症まで全て含めて)
でも確率って、運だめしじゃないんだから。
運には、天に任せていい事と、そうでない事があると想います。
自分のことならまだしも、子の身体のことだもんね。
そりゃ慎重になりますよ。
スポンサーサイト
2013.10.31 Thu 15:16
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

身体の大部分をたまにしか洗わない人 



ペッシュボンボンがさらに開き、毎日、違う表情を見せてくれます。
花に「ちゃんづけ」とか、購入した時に「おむかえした」...とか、
気持ちの悪い言い方は避けたいんですが、
そうは思いつつも、ペッシシュボンボンには、ちゃんつけしてしまいそうですよ。
咲くたびに嬉しくさせてくれる、魅惑の可愛いペッシュホンボンちゃんw

モナカが幼い時、紫外線対策を今ほど念入りにせずに、
チャリンコに乗せて公園ばかりいったせいか、
わたしの左頬には1㎝×5㎜ほどの、少し盛り上がった、肌よりやや濃い色のシミがあります。
これが他人の頬にあっても気にならないとは想いますが、
自分自身の頬であるから気になるため、
昨年、美容皮膚科の先生に相談したら、
「このタイプは盛り上がりはとれるけど、そうすると色が濃くなって残ってしまう可能性があるんだよ、
これが簡単そうで難しいかも。
今、もっと目立つのであれば考えてもいいけど、現状ではそのままのほうがいいのかな。」
と言われました。
で、これを素直に受け止め、色が濃くなるのはイヤだと思い放置しておいたのですが、
なんか最近、盛り上がりがフラットになってきて、前ほど気にならなくなりました。
その部分を触ってみると前と様子が明らかに違う。
やわらかくつるんとしてきた。
なわけで、このままでもいいような気がしてきました。
よくなった要因としては、愛用の美容液の成分のGF、成長因子で肌に力がついたのかもしれません。
と、想いたいw
あとは雨でも日焼け止め、ついそこでも日傘を意地のように差したことかな。
とはいっても、若い子の肌のように、ぱ~~んとハリがあるわけではなく、それなりなのですが、
気になるところが少しでもよくなるのは、たいへんうれしいことでございます。

あとは、クレンジングも、とりすぎないようにしてます。
以前は、誰もがやってた、オイルクレンジング+泡洗顔のW洗顔だったのですが、
これは汚れもとるけど、残しておかなくちゃいけない大事なものまで、大いにとっちゃってますね。
今は、DUOクレンジングバームというのを定期購入し、それのみです。
自分にはあってるような。
以前は洗い流すものだから、クレンジングに投資するのって、
なんかもったいないなぁと想ってたんだけど、そうじゃないのがわかりましたよ。
そのあとのスキンケア諸々は、全部、手でそ~~っとつけてます。
もう、できるだけ刺激しない方向で。
コットンでパッティングは肝斑の原因説もあるし、
質のよいコットンでも肌に傷をつけると皮膚科では言われました。
そこの先生は、顔の産毛も剃るなと言いますから。
しかし、
その一方でピテラでおなじみのカウンターでも、
ミラノコレクションのK坊化粧品のカウンターでも、
た~~っぷりしみ込ませたコットンでパッティングしろと言いますが、
なんかそれって化粧水を大量に消費させるための策略のような...。
毎日、100回パッティングしろとか、いくら優しく優しくといっても、どうなんでしょ。
というのも、身体をみればわかるけど、あらゆる刺激をうけにくいところほど綺麗だもんね。
なわけで、顔はメイクしない日も日焼け止め塗るから、
クレンジングしないわけにはいかないけど、
身体の大部分はたま~に洗う程度です。
で、たまにってのは、弱いピーリング石鹸の泡を全身にのせて洗い流してます。
ボディタオルでゴシゴシなんて絶対に洗いません。
肉眼では見えなくても傷だらけになってるような気がする。
昨年、バスタオルもフェイスタオルも全部、片面ガーゼのものにしました。
(すぐ乾く利点もあるので。)
とにかく摩擦は最悪だと想います。
以前、紫外線を浴びると、一万円札が飛んでいくような気がすると書きましたが、
さらに肌に摩擦をうけても、同じように一万円札がと飛んでいくように想うようになりましたw
だって、いったん汚くなると治すのはほんとにたいへんだもんね。
シミなんて、ビタミンCを大量に摂取しようが、
そのへんの美白化粧品を使おうが、そう簡単には消えないでしょ。
できちゃったものは、簡単には消えません。

で、洗わないといいましたが、もちろんお風呂にはちゃんと毎日、入ってますよ。
2013.10.26 Sat 11:50
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ベレー帽と「アイスクリームはこれじゃなきゃ嫌なの」 


D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

昨日のペッシュボンボン、だんだん開いてきました。
秋のバラはゆっくり開き、長い時間、楽しませてくれます。


i996.jpg

台風は、遠くを通過してくれるようですね。よかった。
ピンクのがトレンディ、白いのはグリーンアイスというミニバラです。


先日、フエルトのベレーを買いました。
どうでしょうw

i997.jpg

わたし、一部でっぱっているところがあり、
見た目よりアタマが大きくて、痛くない帽子を探すのに苦労します。
スタジオクリップのものなんですが、痛くない。

これ↓↓ピントがちゃんときてる。

i998.jpg

自撮りで視線をそらすと、わざとらしいとかなんとか言われてますが、
自撮りってのは、そもそも自分で自分を満足するように撮るもので、
他人様に自然なさまを撮ってもらう、というものではないのです。
なわけで、そもそもがわざとらしい行為なので、
気にする必要はないと想います。
あっちこっち向かないと、変化がつかないのもありますが。
つまるところ自然にみえる自撮りであっても、
自然にみえるように自分で演出し撮っているという事。
自撮りは、わざとらしくて上等。
やりたくない人はやらずに、やりたい人はやればいいのですから。


さて、昨日は、これをモナカと話題に。

ツイートだけで心をつかむ 「ツイッターモテ」女性たちの特徴
http://news.nicovideo.jp/watch/nw811112

これの、

■女の子らしいほんわかした言い回しを心がける。

例:「アイスクリームはこれじゃなきゃ嫌なの」
これは...、
「アイスクリーム」という、可愛いらしい食べ物に対し、
「これじゃなきゃ」という、並々ならぬこだわりを見せ、
最期に「嫌なの」と、小さなワガママを言ってみることで、
男心をぐっとつかもうという魂胆なのでしょうかw
可愛いワガママが許されちゃう可愛いわたし♡…てな具合の、
女の子らしさを演出。
なんか張り倒したくなるw
が、アイスクリームを味噌や醤油にかえると、
主婦のこだわりとなります。


例:「今日はお月様がきれいだにゃ」
きれいだにゃは、ニャースの声に変換されちゃうんですけど。
こんな人、いないってばww

まぁTwitterは、言葉だけで、「なりたい自分を演出できる。」という要素があります。
女の子らしい、ほんわかした可愛い言葉をつぶやき続けることで、自己暗示、
以前よりも、ほんとうに女の子らしく、可愛くなってきちゃう人もいると想うし、
好きなようにやればいいのです。
そこから変われるかもしれないし、なりたい自分を演出するのだって良いのでは。
ブログだって、掃除や片づけの内容を書くことで、
汚くしてはおけない気持になりますからね。
2013.10.25 Fri 13:56
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

あなたに逢いたくてと白髪問題のその後 



ペッシュボンボンのつぼみ。


i993.jpg

こちらも、明日ごろから雨が強くなるのかな。
このミニバラたちも、大苗たちも、明朝に玄関にいれてやろう。
今年は台風がたくさん来るから、出したりしまったり忙しいです。


i992.jpg

薔薇柄のニットのスカート。
やわらかくて、らくちんでお気に入り。


i994.jpg

アンゴラのアンサンブルはなんと15年前のものw
袖口と襟の小さいパールの縁取りが可愛くて、
モナカの幼稚園のクリスマス会用に買ったものでした。
今月は風邪をひき続けたり、治ったかと想ったら鼻炎になったり、
あまり調子がよくなくて、なんかヤツレタ気がして、イヤになっちゃうわ。


i991.jpg

メガネざますよw


さて、一昨日かその前、テレビで聖子ちゃんが、「あなたに逢いたくて」を歌ってました。
歌手の人って、自分の昔の持ち歌を歌う時、どうしてあんなタメがはいるのか。
おかげでこちらで歌ってるわたしと、だいぶズレしまいましたが、
あいからわず、実年齢とはとても思えない美肌と艶やかな髪、少女のような雰囲気。
この人を見てると、いわゆる「年相応」など気にする必要は全くないのを思い知らされます。
そもそも、「年相応」なんていっても、所詮それもどこかで誰かが決めたイメージであるし、
どこかの誰かよりも、自分の事は自分の方がわかってるのが普通では。
話しは戻りますが、
聖子ちゃんに、やっかみ半分の人は、
あの頬骨の高さといい、抜けるような白肌といい、いろいろやってるに違いないから!、
などと言いますが、
何をどれだけ施そうが、自己責任で、そしてご自身の財力でやってるわけで、
税金でやってるわけじゃないんだから、いいではありませんか。
わたしは、白髪を染めるのも、レーザーも、美容整形も、
どれも人工的に手をくわえるという視点からは同じだと想う。
わたしにとっては、髪を染めてる人が美容整形に批判的でも説得力はない。
それに最先端の美容医療技術をもってしても、
誰でも聖子ちゃんみたいになれるものではないと想うし。
ま、あれこれ言うのは美貌と財力への僻み妬みでしかないですな。
聖子ちゃんは、もうここまできたら、死ぬまで少女のような透明感を貫いてください。
いや、この人だけは、変わらずにいてくれそうな気がする。

今日は午前中、諸用でバスにのったら、
前のメガネの女性が白髪まじりのパサパサのロングヘアを、
くたびれきって黒ずんでいるピンクのヘアゴムで結わえ、
少しだけ見える横顔にはシミが無数にあり、
なんか悲しい後ろ姿だな...と想ったら、同級生で愕然としました。
白髪交じりのロングを結わえるのであれば、
もっと綺麗に整えて、黒いゴムで結んでから、
黒のベルベットのリボンで上品に結ぶとか、
自分の髪で結び目を巻くとかすれば、(大きなお世話ですが)素敵なのに…と想いました。
そういえば以前、白髪についてああだこうだと悩みを書きました。
こんなふうに。

-----------------------------------------------------------

(途中からになります。)

それで、染めてもらってる最中、
ほんとは、まだまだそんな気はなかったのですが、
「いっそのこと、もう染めないことにしようかなあ」
と何気なく言ってみたら、
美容師さんから猛反撃をされ、

いくらなんでもその年で染めないなんてありえないだの、
絶対に老けてしまうだの、
白髪を染めないということは、女として大事なものを捨てることになるだの、
白髪を染めないことからはじまって、どんどん老けていくのだとか、
それでは、しろこさん自身が鏡をみるたびに悲しくなりませんかだの、
もう、女としてどうなんだ、
白髪染めの努力もしないで、人としてどうなんだ、

。。。みたいなことを、よってたかってさんざん言われ、
なんか、だんだんと腹立たしくなってきました。
実際、髪に白いものが混じってれば、混じってない人に比べれば、
そりゃ年齢は上にみえるにきまってますが、
白髪のままだからって、女を捨てるわけじゃないし、
じゃあ、髪さえ染まってさえいれば、若いのか、綺麗なのかって思うんですよね。
もっというと、女は若くみえるのがなによりも大事なのかよ、ええ??って話しにもなるし、
わたしはそれは違うと思うんですよね。
人工的に手を加えて、美魔女でしたっけ、
いつまでも若く美しくあることは、努力も必要だし素敵なことだとは思いますが、
それが全ての女性にとって一番、大事なことなのかっていうと、
わたしはそうじゃないと思います。
人工的に手を加えないで、自然のままに過ごしたい人もいることでしょう。
その人にとって何が大事か、人それぞれの生き方ってものがあります。
ちなみに、その美容師さんは男性で、その人も白髪があってもいい年なのですが、
自分自身の白髪は放置で、
「自分は男なので、別にかまわないんですよね。」
というようなことをぬかすので、
「え~。人に染めろ染めろって言ってて、なんなんなのよ。ちっ。」
って言ってやりました。

---------------------------------------------------------------

今、読み返したら、めちゃくちゃムキになって書いてますね。

でも結局、定期的に美容室でカラーリングしています。
最近、ますますカラートリートメントが多く出回ってますが、
あれって実際のところどうなんでしょうか?
(利尻なんとかとかDHCのとか…)
どないなんでしょう。
これもその流れで書いたことあるんですが、
美容室でカラートリートメントについて質問すると、良いことを言わないんです。
(このブログ、知ってる限りで数名の美容師さんが見てくれるので、
こんなこと書くと嫌われそうですがw)
それは、あれを使うとお店に染めにこなくなるから、ってのは確実にありますよね。
なので疑り深いせいか、どうも信用できない部分もあるのよね。
で、もうちょっと安ければいいのに~とは想うけれど、
わたしは美容室で染めるのがイヤではないんですよ。
でも1センチも白いところが出てくると、気になるじゃないですか、
そこなんですよ。
カラートリートメントを常用すれば、そういう時期がなくなるかなぁとイメージしちゃう。
まぁそう思うなら、つべこべ言ってないで、
一度、使ってみればいいんだけの話しなんだけど。
店長の言うこときかずに、使ってみようかな~~。
ほんとに最近たくさんカラートリートメントが出回っているから、
よろしくないのであれば、
そんなに発売されないかなぁとかも想ったりもするのよね~。

自分の白髪はイヤだけど、ビスケの白髪は可愛い。
そして好きな人に白髪みつけると、ちょっと切なくなって愛おしいけどね。
でも、それって女性が想うことで、男性はそんなこと思わないんだろうなあ~。
ま、見つけられたくないもんね。
2013.10.24 Thu 14:00
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

FUJIYAMA COOKIEと今や恋愛はハイリスク・ローリターンなのか。 

i988.jpg

3回目で成功した、RPPクッキー。
生地が固すぎると、スタンプが上手く押せないため、
卵黄の量を2倍にして、やっと成功。
「O」が足りないので、ROSEの「O」はハートになってます。

小麦粉120g、バター50g、きび砂糖40g、卵黄ひとつ、塩とバニラエッセンス少々、
↑これでちょうどいい。




こちらは、リサとガスパールのメリーゴーランド型のパッケージが可愛い、
富士急ハイランドのお土産のFUJIYAMA COOKIE。
モナカの遠足のお土産です。
上部のリサをつまんでくるくる回せます。

中身は、可愛い富士山。


i987.jpg


さて。
最近よく取り上げられる、
「結婚どころか恋愛すらしない若者が増えている。」という話題を、今朝もNHKで。
それに対して、スタジオにいるコメンテーターのような人が
「えぇーっ、もったいなぁ~い。」とか、
「恋愛ってドキドキして楽しいのにぃ~。」、
などと反応し、
【恋愛はしてあたりまえ。恋愛を楽しく経験してきたワタシ】、
という目線からコメントしているのに、
なぜだか今朝は、イライラっときました。
いくらアナタが楽しくても、
そう思えない人が増えているから、この話題をとりあげてるんだろーw

とはいえ、恋愛しない人の本音の中には、理解し難いものもありました。
「時間やお金を費やしても、見返りがない。」ので恋愛したくないと。
こういう事を言ってる人に限って、
大したお金も時間も費やしていないような気がするけれど、
見返りを悔やむくらいのお金って、いかほどなのでしょうか。
そして、今や「恋愛=ハイリスク・ローリターン」となっていると。
この、リターンって何を差しているのか。
リターンって、「結婚」のみなのか。
恋愛を投資に例えるのにつきあえば、
過程の中で、楽しい事もあるのだから、それがリターンなんだと想う。
じゃなければ悔やむほど、投資なんて出来ないでしょう。
恋愛は形のある見返りだけがリターンじゃないし、
終わって残る人生の経験値もリターンだと想います。
でもまぁ、リターンだの見返りだの、そういう計算がチラチラ見えるのって、
相手の小ささが見えてイヤですね。冷めるわ。

...とまた自分の恋愛観になってしまいました、すみませんw

調子にのってもっと書くと、
「ローリターン」なんて思うような、好きでもない相手だからダメなんですよ。
ハイリスクをとっても後悔しなくて、
リターンが来たらハイ!だと想えるほど好きな相手と恋愛すればいいのでは。
そもそもローリターンとか相手に失礼、そこからしてダメなんじゃん。
ローリスクハイリターンなんて調子のよい話はありませんから、
ハイリスクハイリターンで。

話しは戻りますが、少子化、若者が結婚しない恋愛もしない..の話題って、
ほんとに最近よくとりあげられてますが、
幸せな恋愛結婚した人が、スタジオにいてもしょうがなくて、
恋愛も結婚も生涯したくありません!、って若者をスタジオにズラズラ呼んで、
話しを聞かせてほしい。
番組内で可笑しかったのは、
恋愛シュミレーションゲームをやればいろいろな女の子にモテてしまうから、
恋愛しなくても困らない云々...w
わたしはゲームが好きだから、おもしろいのはわかるけど、
ほんとにそれで心が満たされるものなのかいな。
信じがたい。
一度でも、リアルの恋人の体温に触れた人には無理だと想います。
2013.10.19 Sat 14:13
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

老犬にこそ素敵なカラーとリードを。 


GX1+LUMIXG20mm/F1.7

お気に入りのおもちゃで遊ぶビスケ。

これね↓。

i983.jpg

おばけちゃん。


i980_20131017102308bb0.jpg

年々、増える白髪です。
わたしもそうだけどねw


i982_20131017102307d05.jpg

今、使ってるリードはクロスのスタッズがついてます。
もうちょっと、たくさんついてるとよかったのに。

動物病院で爪切りや肛門腺のケアをしてもらう時、リードごと、「お願いします。」と渡すので、
ボロボロだったり安っぽかったりすると、
大事にされてない犬みたいで、はずかしいんです。
そうです、飼い主の見栄でもありますw
でも、カラーとリードなんて、ひとつ買えば何年も持つんだから、
犬を飼ったら、それくらいはしてやらねば。
でも、以前、気に入ってるあまり、ボロボロになるまで使っちゃったのがありました。
それがこれ。


310[1]

こんな可愛いの、なかなか見つけられないんです。
今でもあれば、これと同じのにしたいわ。
甘辛具合が絶妙でよく似合ってました。

そして、仔犬のうちは、みんなでちやほやするから、なんでもいいかもだけど、
老犬に入ってきて、素敵なカラーしてると、かっこいいと想う。
あ~、人間もそうなのかな。
年取ってきたから、もうなんでもいいわ、ってなると、
人生、終わっちゃった感があるけど、
老紳士、老婦人が上質なものを身につけると、
人生の終わりを大切に生きてるかのようで、とても素敵だもんね。

なわけで、そんなに高いのは買ってやれないけど、
カラーもリードも本革で、ちょっと細工のついた可愛いのを探します。
ビーグルはダークブラウンが似合うかな。
男の子だったら黒もかっこいいけどね。

リードって言えば、一番困るのがノーリード。
これはもう論外なんだけど、
ノーリードの小型犬に突進されて、ビスケは耳をかまれたことあります。
その時に想ったのは、
この小型犬にキレたビスケが、アホ飼い主の犬に噛みついたらどうしようかと。
こういう飼い主に限って、自分の犬に何か起きると、大袈裟に騒ぐから。
ビスケは人にも犬にも、噛むことはありませんけど、
それでも人間ではないので、キレて見境なくなったら、わかんないもんね。
そのおばちゃんに、
「どうしてリードをつけてないんですか。」、と言ったら、
「家がすぐそこだからね!」、という返事でしたが、さすがDQN飼い主。
答えになってないわw

ノーリードのほかにも、
伸び縮みする、やたら長いリードを持って、好き放題に散歩させてるのも困る。
すれ違う時に、こっちが気を使いギリギリ短く持ってるというのに、
長いまま、こっちにむかってギャンギャン吠えてる飼い犬を、
立ち止まって、しょうがないわね~、と笑いながら見てる飼い主って、どうなんでしょ。
そちらも短くもって、穏便にサッサと通り過ぎましょうよw
なぜに飼い主が、吠えまくる飼い犬に従って立ち止まるのかw
だから犬にナメられてしまうのかと。
わたしなら、ビスケの首根っこをむんずと掴んで、引きずってでも立ち去りますが。
で、やたら長いリードは、使うべき場所で使うものですよね。
公の歩道は短いのでお願いします。

あと何回、ビスケに首輪を買ってやれるかな。
寒くなってきたから、そろそろ自作ベットにあったかい毛布を出してあげないとね。
寒がりだから。
2013.10.17 Thu 11:34
カテゴリ: ビーグル
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

お出かけも好きだけど、家にいるのがもっと好き。 

出かけるのも好きなんですが、家にいてなんかやってるのがまた楽し。
「家にばっかりいると、老けてしまうわよ、外にでないとダメよ…。」、
なんて世話を焼く人の家は、だいたいとっ散らかってますから。
日々、やることいっぱいありますから。
出かけるときは出かけますから、ご心配なく。

さて、前回の記事で、1階のキッチン周りの引き出しは、「使うところ」だから…などと書きましたが、
2階の自分の部屋の引き出しは、半分は使い、半分は愛でる用w。

i974.jpg

浅くて大きい引き出しは、夏から集めた手ぬぐいと小風呂敷をいれてあって、
毎日、愛でてますw
一階の玄関付近に、季節のものを選んで掛けてあります。
これ、一歩間違えるとダサくなりますのでw

そして、

i972.jpg

隣はティッシュです!
出しとくのがイヤなのでww


i971.jpg

よく使うレンズなど。
管理にはあまりというか、全く気を使ってませんw
しまい込むのが一番カビそうな気がして。


その下は、いくつかのお財布と、ささやかな貴金属。
一番下は、モナカの幼いころの微笑ましい絵日記帳と、
修学旅行などで買ってきてくれたお土産が入ってます。
あと、卒業式や誕生日にもらった、可愛い手紙。




ここは真ん中の紙袋には、保険証と診察券が入ってます。
医者にかかる時に開けた時に、少しでも良い気持ちになれるようにとw


i976.jpg

古いけれど、愛着ある我家です。
この写真、家具の前までしか壁を塗ってないのがバレちゃうわw
こんな重たいもの動かなくて塗れないわ。
断念して、ブーツの箱を置いてちょっとごまかしてますw

でもこの家具、結婚するときに母に、
「これしか欲しくない!」、
と言い張って買ってもらったものなのですが、
今でも、とても気に入ってます。
傷だらけになっちゃったけど、いい色になったし、愛着あります。
当時は、クローゼットのある家は少なかったのでしょう、
みんな大きくて立派な婚礼家具を用意したんですよ。
だけど、婚礼用に、よくあるのは存在感ばかりで、素敵じゃない。
まだなにもわかってないころの若かったわたし、この家具を選んで偉かった。
母もマルイでw、高かったのにありがとう。
今でも大好きで使っていますよ。

写ってないけど、可愛いまるいイスもついてます。


i975.jpg

「しろいうさぎとくろいうさぎ」は、モナカも大好きな絵本でした。
わたしは、
「世の中、みんなに祝福されて、こんなにとんとん拍子に、結ばれませんからね。」、
と想いますw
でも、とても可愛いお話。
しろいうさぎとくろいうさぎ、いつまでもお幸せに。


これは、マークイズのaxesで、
母が(この夏に亡くなった)じーちゃんの財布からもってきたお金でw、
モナカに買ったワンピトレンチコート。

i970.jpg

色とaxesらしいレースやフリルがめちゃ可愛い。
ベージュと黒があったんだけど、
モナカだって、こんなに可愛いの着て違和感ないのって、あと数年だから、
うんと可愛いの着ればいいと想って、この色にしました。
女の子の夢と憧れいっぱいのaxesで、わたしも見てる分には大好きなんですが、
ただ、ここの服は、男子ウケはしないと想いますね。
もっとシンプルで、より清楚なほうが好かれますな。
だって相手もaxes、「良き時代のパリジェンヌ」に合わせなくちゃならないですもんw
良き時代のパリジャンになれって、無理だわww
そんなオシャレな人、そうそういない。

で、わたくし、サイズ確認のためモナカに代わり、
(恥ずかしながら)このフリフリなコートを試着したら、
「いや~ん、かわいいですよ♡、よくお似合いです!!」
を二人の店員さんに連発されましたが、なわけだろ~~がww
こっぱずかしくて、すぐ脱ぎました。

今日はブログを更新したら、のんびり読書(マンガw)をします。
黎明のアルカナ、どこまで読めるかな。
2013.10.14 Mon 13:12
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |  n e x t »