12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

サワークリームの紅玉のタルトと焼きメレンゲ 



週末にタルト生地を作った際に卵白があまったので、焼きメレンゲを作りました。
ほんの少し桜色に。


k113.jpg

こちらは、今日作ったサワークリームのりんごタルト。
パイ生地は冷凍のシートを使いました。
リンゴは紅玉。ちょっと茶色くなってたので、早く使ってよかった。
クルミや、サワークリームメインのクリームが中身です。
酸味が効いて、ものすごく美味しいですこれ。
クルミもあう。


iPhoneで撮った、焼く前。
k114.jpg


別れるのは自然消滅が楽だよ、と言った人がいましたが、
ほんとにどうでもよい存在にならなきゃ自然消滅にはならない。
楽だから自然消滅って、
ピグも放置じゃなくて、アメーバごと退会だったわたしにはありえない話。
人は限られた時間しかもってない。
相手の時間はどうなるのだ。
このエゴイストめ。
好きなうちは別れるのは辛いに決まってる。
どんな別れ方が楽かを考えるのは
どんな死に方が楽かってのを考えるのと同じようなもんだと想う。
どれも楽じゃない。
その恋はその日に終わらせても、
自分の恋心は瞬殺なんてできない。
長い時間、じわじわ苦しみ、数年後にやっと息絶えるってのもあるもんね。

りんごのタルト。
次回に焼く時も、紅玉が手に入りますように。


スポンサーサイト
2014.01.30 Thu 23:29
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

しろくま鍋とセンター試験、悲喜こもごも。 

k111.jpg

年末にモナカにオーダーした印鑑が出来あがってきました。
女の子なので下の名前で。
小花模様で可愛いです。
優しい緑色はモナカの色です。




こちらは先日作った、話題のシロクマ鍋。
土台はミルフィーユ鍋です。
造形のセンスがないので、なんかこうシロクマと違っちゃいましたが、
よく絞った大根おろしで作るんですよ。(大根汁はお鍋の中に。)



さて。
先週、モナカの大学入試センター試験がありました。
出来はこれまでやってきた模試と比較すればできなかったので、
自己採点直後は、お通夜みたいになっちゃいました。
いつも点数とれない教科はとってきたのに、得意な国語でやらかしました。
なわけで本人は悔しいことでしょう。
でも志望校のボーダーには十分足りてます。
本人、余裕のあるところを選んだつもりだったので、
上から見下ろすくらいの点を取りたかったそうです。
わたしの娘、秘めたる強気な気持ちはかっこいいけれど、
本番はこういうこともよくあるのでしょうね。
でも、いくら想ったって想ったって、センターの点はもう変わらないのよね。

♪どんなに 想ったって キミは、もういない ♪(プラネタリウム 大塚愛)

さて、気を取り直して、次は二次試験になるのですが、
その前にセンター推薦というのを学校からもらいました。
え~と、「センターを課す推薦」ってやつね。
高校3年間の成績と、センターでとってきた点数順に、枠があって数人、学校長より推薦してもらえる。

ちなみに5段階評価で4.3以上ないと、推薦もらえんのです。
4.3っていったら、どんくさくて体育が3なら他の教科は5ばっかりじゃないといかんのよ。
いくらこの推薦ほしくても、出来が悪ければもらえません。
なんかこれって、二次試験やってもじゅうぶん受かりそうな人を、推薦するような推薦?
なんでこんなものがあるのかわかんないけど、とにかくこれを受けることに。
指定本の小論文と面談があります。
で、推薦なんていうと、推薦さえもらえれば、合格みたいに想う方もいるかと想いますが、
それは「指定校推薦」ってやつで、高校で内部選考されれば、事実上の大学合格みたいなやつね。
でもこの学部学科のセンター推薦は、倍率3倍くらいあるので、
3人うけても、ひとりしか合格できません。
なわけで、一回入試のチャンスが増えたって感じにとらえてます。
推薦もいろいろ種類があるんですよね。
ちなみに上に行けばいいくほど、簡単にいれてもらえる推薦なんてないもんね~。
極みは東大に推薦なんて無いように。(と想ったら平成28年度から東大も推薦導入とか)

で、今の大学入試のしくみも、
日本の優れたみなさんがあれこれ考え、
良かれと想ってこんな仕組みになってるんだろうけど、
頭の悪いわたしにとっては、複雑に感じる。
わたしもこんなですが、いちおう親なので、
あらかじめ予備知識をアタマにいれてはおいたんですが、
我が子の受験が、
リアルタイムに進行しながら、
あぁ~、これはこういうことだったのか!そうなのか!かぁ~、とわかる感じです。
子がしっかりしてないと、ヤバいレベルかも…。
終わって、わかるんじゃ遅いもん。
でもこれ、自分だけじゃないようで、
他のおかあさんたちと話していても、そんなようなこと言ってますね。
上の子がいる人も、その子その子で志望校も違うし。
でも、なかには受験生のプロ母?、って想えるほどの情報通でしっかりしてる人もいますがw

それで、わたしTwitterでいろいろ言ってるので、
受け取る人によって、
いろいろ想うみたいだけど、
わたしは、モナカに対して、
カリカリもヤキモキも、してないですよ。
受験生の皆さんに顰蹙かって怒られそうだけど、
これまで他人様のお子様の出来事だった大学受験を、
リアルで感じられて、心配しつつも楽しいところもちょっとあります。
担任の辛辣なダメだしを毎日くらいながら、
志望理由書を、何度も書き直してるのを見るのもふくめてね。
泣き虫の娘だけど、メンタルだって、少しは逞しくなったんですよ。

で、先日、いつもの美容室で上に書いたような大学入試の話をしてて、
「ほんとにさぁ、子への心配はつきないよね~。親になるってこういうことなんだね。」
としみじみと店長に言ったら、
店長宅は子宝に恵まれてるぶんだけ、悩みも各種にわたり多いため、
「ほんとですね~、もうボクは早く解放されたいばっかりですよ…。」、から始まり
「でもモナカちゃんの心配は、ボクにしてみたらうらやましいばっかりですよ。
ほんとにアタマ痛いです。よかったら変わってみますか?」
と言われ、いやいや~と笑いました。

話しは戻りますが、
センターでとればとったで上をめざしてハラハラ、
とれなきゃとれないでもちろんハラハラ、
点をとってもも足りなくても、
最終結果が出るまで落ち着かないのが全ての親御さんの気持ちなんでしょうね。
前期中期後期のに二次試験が待ってます。
これも前期と後期ならわかるけど、なんか3つもあるのよ。
これもなんでよ?なぜにそういう日程になってんの?w

大学入試、続きます。
とにかく二次とセンター推薦の願書をちゃんと出すように促さなくちゃ。
両方で34000円よ。
こんなにとるなら、お弁当くらいだしてよね~w
そしてインフルエンザ、クラスでもでています。
体調管理も心配です。

2014年一月下旬。
受験生の親、満喫できてます。

2014.01.24 Fri 14:04
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

いちごのフレンチトーストと木いちごキャラメル 

k102-01.jpg


モナカに作ってやったフレンチトースト。
ストロベリーアイスや6分立ての生クリームがのってます。


k103.jpg

木いちごキャラメルですって。
そそられました。


k104.jpg


これは、ベイクドトマト。
トマトの中身をくり抜いて、
チーズ、炒め玉ねぎ、タイム、パン粉などが入った詰め物をして
オーブンで焼いてあります。
もうちょっと焼き色つけてもよかったかな。
上の部分をとっておくと、可愛いです。
お正月に母たちがきたので作ってみました。


k106.jpg

同じ日に、豚バラ肉のにんにくソースかけ。
モナカの好物。
バラ肉のかたまりを、ネギやしょうがなどといっしょに、
小一時間、煮ます。

あと、この日は「花椒(ファアジャオ)」という山椒の仲間?を買って、
麻辣麻婆豆腐(まーらーまーぼうどうふ)を作りました。

写真は、辣白菜(らーぱーつぁい)にピントがあっててよくわかんないけど、
奥のネギが入ったどんぶりに入ってます。

k105.jpg

麻辣麻婆豆腐は残りを冷蔵庫で寝かした二日後が絶品でした。


さてさて、センター試験まで、しあさってとなっちゃいました。
一年理数科に、インフルエンザが流行り出したとのことで、
もう学校なんていかないで、家にいた方がいいんじゃないかと想ってしまう。
センターは夕方遅くまでかかってお腹がすくので
食べやすそうな菓子パンを、買っておくように、アドバイスがあったそうです。
もちろんお弁当ももっていきます。
お弁当と水筒は、いつもどおりの中身がよいらしいです。
あと、ひざ掛けとホッカイロ。
会場は大学なんだけど、教室によって、暖房がいろいろだとか。
緊張で寒いといけないから。
あと腕時計を2こと、消しゴム最低3こと、筆圧高いので多めのえんぴつ。

…って、わたしが受験するわけじゃないんですけどね。
他に何かあったら教えてください。

2014.01.15 Wed 15:00
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

チョコマーブルのレアチーズタルトを作りました。 

k098.jpg

クリスマスからお菓子ばっかり作ってますが、
今日はバレンタイン試作の、チョコマーブルのレアチーズタルトを。
土台はレアチーズが映えるように、ココアパウダーを入れました。

ハートクッキーの顔はアイシングなんですが、
やっとクッキングペーパーで作ったコルネで顔が描けるようになりました。
ヘタすぎるw
微妙な固さ加減は、身をもって理解するしかないのよね。
ネットの動画や画像じゃわかんないわ。
でもって、わたしはいったいどれだけの粉砂糖を葬ったのか…。
ま、なんでもそうだけど上手になるためには犠牲は必要だもんね。
いつか、可愛い絵柄のアイシングクッキーを作って、写真を撮ってみたいのです。


k099.jpg

マーブルにピントを。
黒い金魚が泳いでるみたいと言われましたが、
なんかかっこいいイメージ。
マーブル具合はこんなもんでいいのか、
足らんのか、やりすぎなのか。

バレンタインの試作、ふたつめは何にしようかな。


二つ前の記事のパズドラの件で、メールくださった方、ほんとうにありがとございました!
たいへん心強く、これから助けていただきます♪

2014.01.09 Thu 16:19
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

きっかけは。 



静岡の呉服町のマコーズベーグルカフェのボリュームのあるランチ。
年の瀬にモナカと。
4種のベーグルにブルーベリーとクリームチーズが至福です。


今日は、カメラをはじめたきっかけについて教えてくださいね、と
メッセージいただいたので、それについて書きます。

ただ…、今はじまったことではないのですが、
わたしはただ好きなように撮ってるだけで、
写真の知識も、カメラの知識もないに等しいです。
そんなわたしの話しですから。

最初は、父か母が何かでもらったという数万円のフィルムカメラが実家にあったので、
それを借りてきて、産まれたばかりのモナカを撮ってました。
押せばピントがあうカメラ。
まだこの当時は家のまわりに、たくさんのプリントショップがありました。

しばらくするとパソコンが普及しだし、
わたしもわりと早くに購入しました。
家電量販店で適当に買った、FMVのデスクトップ。
重たくて四角いディスプレイをダンボールから出すのに、苦労しちゃった。
パソコンで何を始めたかというと、
(ブログなんてなかったころなので)、
ホームページビルダーというソフトで、
モナカの育児ホームページwを作ったり、
かの有名なポストペットというメールソフトで遊んでました。
友達のペットがきたら、撫でたり食べ物を与え、ペットが日記まで書く懐かしいポスペ。
今はどうなっちゃったんでしょう。
そして、ペンギンを飼ってる遠方の友達が、
写真を添付してくれたので、
自分も娘の写真を送りたくて、
これも発売されたと同時くらいにデジカメを買いました。
FinePix。

何枚とろうが、失敗しようが、
イヤなのは消せばいいだけで、
満足できるまで撮れる最先端の楽しいオモチャ。
で、
わたしはデジカメで何を撮りはじめたかというと、
花にも景色も興味がなくて、主に自分を撮ってました。
ようは、自撮りにはまったんです。
(携帯が普及するちょい前。さらに一番最初のドコモの携帯にはカメラついてなかった。)
このへんも、変なところね。


k091.jpg
(これはいつもの手抜き自撮り)

でも、その数年後、
当時あった某サイトで知り合った方に、
花や物を撮ることの楽しさを教えてもらったんです。
花の写真なんて見たって、
おもしろくもなんともないと想っていたけど、
その人の見せてくれる花は、繊細で可憐で優しくて、
誰が撮る花より素敵だった。
物も風景も、なにもかもドラマチックでかっこよかった。
唯一無二の感覚といいましょうか、感性っていうのでしょうか、
当時のわたしの脳内を揺さぶりました。
自分が写真をはじめるにあたり、もっとも影響を受けた人だと想ってます。


k090.jpg


そして、何時からデジタル一眼レフがあるのかわかりませんが、
持つ人が増えてきたころなのでしょうか、
D70というカメラとレンズ2本を、その人からもらいました。
なんか撮ってみてね、と言いながら。
高額なものでしたが、わたしは素直にいただきました。
ちゃんと使えてないのに、
使えるようになるのかもわからないのに、
大きなカメラ、いつも持ち歩いて、持ってるだけでうれしかったです。
その人は、わたしが好きなように撮ってるところを撮るのが好きでした。
わたしは自由で、開放されて、何もとらわれず、何も気にせず、飾ることなく、
ありのままの自分でいられました。

それから、波はあるものの、
ずっと好きなように撮り続け、
カメラはD90、D700、となって、
レンズもあれこれ増えて現在に至ります。

わたしにD70を渡してくれた、その人がいなかったら、
写真の楽しさは知らないまま過ごしていたと想うし、
なんでも中途半端なわたしが、
こんなに長く続けられる趣味なんて持てなかったかもしれないです。
もちろんこのブログ、ローズポンポンなんて存在してないですね。
そして、
その後に出会った人、
出会うべき人、
出会わなくてはいけない人に、
存在を知ってもらうことさえもなかったことでしょう。
写真を好きになって、撮り続けていてよかった。

以上になります。

2014.01.08 Wed 20:22
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

いちごのレアチーズタルトを作りました、とパズドラ 



タルト型のついたレシピを本屋さんで衝動買いしたので、さっそく作ってみました。
小さめで作りやすい大きさです。
タルトの重石がなかったので、お米で代用しました。
ハートのクッキーは、タルト生地の端切れです。
モナカに見せてからいっしょに食べよ。

昨日の記事も、すぐ消しちゃってすみません。
情緒不安定な人みたいじゃんね。
といっても、
上下するような、振り幅のある不安定さはないのですが、
下層のほうにず~っといます。
誰か上まで連れていってほしいわ。
なわけで、見れた、読めた人は凄いラッキーですw
また、書き直すことにします。

そうそう。
12月からパズドラやってます。
今は、本日のタルトのように美味しそうな、
いちごドラゴンちゃんを一心に溺愛して育ててます。
Lv79まで育てたんだよ~、覚醒も6こしました。

k094.jpg

あとの主力はフェンリルナイト・カムイ。
でもねー、消し方がへたくそなので、今ノーマルもテクニカルダンジョン行き詰まってます。
(受験生なのに)いっしょにはじめたモナカは、連鎖上手なんですよね。
この前は、横からチラ見され、
「今の4連鎖は軽くできるよ。」と言われ、
母の事は、そっとしておいてほしいと想いましたw
でもって、スキルもよく考えて使っているのよね。(基本か。)
あと、モナカはTwitterの自分のアカウントのフォロワーさんの強者のお姉さま方に、
フレンドさんになってもらったとかで、
とても強い子を助っ人にしてるから、すすむ~。
すっかりおいてかれてます…、悔しくはないけれど。

このブログにおいでくださる方でパズドラやってる人は、
まずいないような気がしますが、
読者の方で強者な方がいらっしゃったら、ぜひメールくださいw

2014.01.05 Sun 16:13
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

新春はクランベリーの手作りアイスケーキで 



もうみんなで半分くらい食べちゃった写真なんですが、
今年はお正月用に、アイスケーキを作ってみました。
スポンジは30日に焼いて、
ヨーグルトの水切りは30日の夜から一晩。
上の部分は31日の朝作って、スポンジと合体させて冷凍庫に。
わたしは大きめのパウンド型で作りましたが、牛乳パックでも作れるようですよ。


k082.jpg

アイスケーキの中は、クランベリーのドライフルーツをいれました。
ドライのクランベリー、美味しい~。
材料は、水切りしたヨーグルト、8分立てにした生クリーム、レモンピール、いちごソース、他いろいろ…。
クックパッドで探して作りました。


k084.jpg

ただ、綺麗にカットするのがたいへん。
ナイフを温めてアイスを切るんだけど、
クランペリーにひっかかると、くずれちゃう。


k085.jpg

そうこうしているうちに、トロトロしてきちゃって、
そのままモナカのお腹の中に。

アイスケーキなんてわざわざ買って食べようなんて想わないけど、
家で作ると、とても美味しいんですね。
自分で言うのもなんだけど、
これまで食べたアイスケーキの中で、これが一番おいしかったわ。
甘酸っぱくて幸せ。


さて、年が明けて二日となりました。
今年のRosePonPonは、よりローズポンポンらしく、
甘く甘く可愛い写真を、より多く撮って、
ブログに並べていきたいと想います。
そしてお話の方は、
あたりさわりのない事ばっかりじゃ、
書いてる方も読んでる方もつまんないですよね。
そうかといって、なんでも書けるわけでもない。
こんなんですが、
なんでもかんでも書いてるわけじゃなくて、
書きたいけど書けない胸のウチもちゃんとあるんですよ、わたしにもね。
なわけで、
あたりさわりのない事も書きつつも、
毒も本音も愛も哀も好きも嫌いも織り込んで、
こちらの方もわたしらしく、綴っていきたいと想います。
これまでだって、いい加減な事を書いてるわけでもないんだけど、
心情は刻々と変化するものでもあります。
どこまでが本心なのか真実なのかは、
読んでくださる方が決めてくださいw

年の瀬に、写真を撮り始めたきっかけを…とリクエストいただいたので、
また書いてみたいと想います。
いつもほんとうにありがとうございます。

2014年も、どうぞよろしくお願いいたします。
よい一年になりますように。

2014.01.02 Thu 14:37
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |