04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

乙女チックなミニバラたちと美容皮膚科でのおしゃべり 

i452.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

れんげローズ、チュチュオプティマ、野原さんにもらった苗のバラ。
ミニばらたちも、可愛く咲いてます。
ミニばらは何種類か、いっしょに固めておくと、
ひきたてあって、可愛らしさがますような気がします。

白いバスケットはメイクボックスです。

i453.jpg

どこに置いても、可憐で可愛くて癒されます。
乙女チックなローズ。


しばらく、コメント欄を閉じます。
何かございましたら、左のメニューにあるメールフォームか、拍手のメッセージでお願いします。


昨日、TSUTAYAにDVDを返しにいって、また借りてきました。
「桜田門外の変」、「GOENON」、「BALAAD~名もなき恋の歌~」、
これ全部時代劇です。
時代劇は好きなんですが、ほんとの共通点は、大沢たかおが出てるってところですw
そういえば、目と目がちょっと離れてる顔を、ヘビ顔と言うそうですよね。
ヘビ顔いいですよ。ちょっと垂れてるのもいい。
で、笑うと可愛くて、キュンとします。
でも、ヘビ顔うんぬんよりも、この方のクリアな雰囲気、透明感がいいんですよね。
濁りや澱みがない空気をまとってます。
まー、とにかく、かっこいいわ。

早くやらなくちゃいけない用事をすませて、観なくちゃ。


さて、わたしは昨年春ごろより、定期的に皮膚科と美容皮膚科を併設したクリニックにお世話になってます。
たま~にですけどね。
一時期、コンタクトからメガネ生活にした事がありました。
メガネを外した時に鏡とキスしそうになるくらいにくっついて、
自分の顔をよ~くよく見たら、気になりどころが猛烈に気になっちゃって…。
そんなわけで、それなりに悩みがあったのと、アンチエイジング目的です。

わたしは昔から、あまり顔に肉がついていないので、ふっくらした頬に憧れてきました。
しかし、年齢を重ねますと、ふっくらしていた人は、どうしても下垂し、たるんでくる傾向にあります。
「丸顔でふっくらして、可愛いかったあの娘が、同窓会であったら、ええ…っ。。。」、
てのはそのせいでしょうね。
法令線くっきり、ひどくなるとブルドックのようになっちゃいます。
その点、わたしみたいな顔の人は、淋し気で薄幸そうにw見える反面、
タルむ肉が、あまりないため、たるみません。
だけど、それなりについてる肉はやはり、萎みます。
ハリはどんどん失われるものなので、そういったところを予防したいのです。

で、先日も2時間半くらい、仰向けになり、
あれこれしてもらったのですが、(コラーゲンを作るレーザー系)、
そのあいだ、看護婦さんとずっとおしゃべりを。
美容皮膚科を訪れる人というのは、
見るからに酷い肝斑やシミ、シワ、たるみ、ニキビ痕など、明らかに大きな悩みを抱えてる人と、
美意識が強い人に二極化しているそうです。
美意識が強い人は、こんなに綺麗なのに、なんの悩みが…と想いますが、
その「綺麗」を維持する目的なんだそうです。
怖いのは、完璧さを追求するあまり、浅いシワ一本あっても許せなくなることだとか。
そして、話しの流れで、
「わたしは、高いバックを買うくらいなら、ここに来たいわ~。」
と言ったら、
ここの看護婦さんには大賛成され、(経営上、そりゃそうですよね)
「旅行にいくのも、その場で終わってしまいますもんね。」
などとおっしゃっていたのですが、
実際には、美容皮膚科に行って、自分の肌に投資するのも、
旅行に行って、心に投資にするのも、
高級な服やバックを買って、女を武装wし投資するのも、
ご自身の価値観にあわせて、好きなようにするのが幸せなことだと想います。

でもね、セレブな奥さまは、美容皮膚科に行った帰りに、
週末の旅行に出かけるための、高級ブランドのバックを買って帰るんでしょうね~。
わたしは、ブランドのバックには全く興味ないんだけども、
うらやましくないと言ったらウソになるわ~w
スポンサーサイト
2013.05.07 Tue 12:11
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |