03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

進撃の巨人と奨学金で想う事と、今日の舞姫。 

i501.jpg

舞姫。





i502.jpg


進撃の巨人を読みました。
Twitterで興味を持ったモナカが1巻だけ買ってきて、
「テスト中だから、おかあさん先に読んでみる?」と。
1巻を読み終わって、続きが気になりました。
数分後、TSUTAYAに行き、全巻購入。

BK0axbACYAA1Rzg.jpg

モナカは、「おかあさん釣られすぎ~。」、って想ってるかもですが、
なんでもいいわ、読みたかったんです。
アニメも始まり、内容を知ってる方も多いと想いますが、人と巨人との戦いです。
人が巨人に食べられちゃうんだから、グロい描写も多いです。
巨人の顔も体つきも、それぞれなんですが、それぞれがそれぞれに、たいへん気持ち悪い。
なのですが、続きが気になるんですよね~。
世界観と登場人物が魅力的なんです。
好きなのは、ミカサ・アッカーマンという女の子。ヒロインになるのかな。
エレン(♂)を守ること、守ることだけが生きる目的の彼女に胸打たれちゃうのよね。
エレンがどれだけ大事なんだよってくらい、そりゃもう、庇って守って生きてる姿が泣けます。
めちゃくちゃ強いし。ストイック。
そして可憐。
実は筋肉すごいんだろうけどw

ミカサ見てると、人は自分が愛せる人をひたすら愛し、
自分が守りたい人を、ひたすら守ればいいんだと想う。
全ての人を愛そうと思ったって、愛せません。
愛そう、守ろう、と想う気持ちにさせてくれることが希少。


さて、モナカの高校で奨学金の説明がありました。
うちは、大学に行くくらいの費用は、
モナカの父親が残してくれたので、奨学金は借りる予定はありませんでした。
また奨学金というと、わたしの中では、
学費を出してやれないほど、親が困窮している苦学生だけがもらうイメージがありました。
(ま、今も基本的にはそうなんでしょうけど。)
また卒業とともに、数百万の借金を背負うなんて、酷なような。かわいそう…。

そんな中、先日、友達と奨学金の申請の話になりました。
そこの家は、ご主人は会社員ですが、
塀に囲まれた大きな家で、他にも土地をたくさん保有している、いわゆるお金持ちです。
大学生の長男は自宅から通っています。
なのに、奨学金をもらっているというではありませんか。(利子がつくタイプ。)
理由は、将来、自分が返済しなければならないお金だと想えば、大事に使うからだと。
穏やかで優しい子なのですが、
親からすると、自宅から通う環境では、ぼんくら加減が治らないので、
バイトもし、奨学金もうけ、将来の返済も考えさせ、とにかく、少しでもしっかりさせるためだと。
なるほど。

モナカの学校では、3年生の約半分が奨学金の申請をするそうです。
あの就職率ゼロの、超進学校で半分の家庭が、大学進学の学費に困窮しているとは到底、思えません。
ようは、お金があってもなくても、どこまで親がめんどうみるかっていう、
家庭ごとの考え方なんでしょうね。
学費のみは出す、しかしあとは自分でなんとかしろという親も入れば、
そのへんの会社員のお父さんより多いお小遣いまでもらい、
何から何まで、至れり尽くせりの女子大生もいることでしょう。

ちなみに第2種という、利子のつくタイプでも、親の年収が高すぎるともらえないそうです。
実際に、もらえなかった学生の話をネットで読みました。
だけど、年収多くても借金だらけの人もいれば、
年収低くてもたくさんの資産がある人もいるから、なんだかなぁと想います。
また、お金があっても、子の援助したくないという考えの親もいれば、
お金なくても、できる限りの援助をしたい親もいるでしょう。
なわけで、利子つけるなら、親の年収なんて関係ないような気もするけどな~。
返すの本人だし。

とりあえず、奨学金の申請書はもらってきて、ここにあります。
わたしはモナカが利子がつくタイプを借りるくらいなら、
自分がモナカに利子つきで貸して回収します...w、
なわけで、第一種という無利子のものを申請してみることに。
これ、成績が大事です。狭き門。
うまく借りられたら、モナカが自分自身のために有効に使えばいいです。
おそらくさまざまなもので、必要になることでしょう。
使わなければ、そのまま返済すればいいです。
モナカの責任で。

モナカは、おそらく自宅から通える大学に進学すると想います。たぶんね。
わたしは、学費と、交通費と、食事は提供します。住むところはここだし。
それだけあれば、とりあえずはなんとかなるでしょ。
でも、あとは少しづつ自分でなんとかしてもらおうと想います。

「バイトはする。タイムラインの一つ上の大学生、みんなバイトしてる。わたしもする。」
と言ってました。
そうなの。Twitterも役にたったのねw。

ま、それ以前に大学に受からなくちゃなんですけどね。
がんばれ。
スポンサーサイト
2013.05.23 Thu 12:12
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |