04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

アル中チェックと、どこ吹く風の人 



「しろこさんのお父さんの情けない話だけで、ローズポンポンを更新し続けてください。」、
と言われても、わたしは何も困りません。
1ヶ月や2ヶ月は、平気で続けられますw

こんな父なのに、信じられないことに、自治会長を2年間やった時期がありました。
自治会長になると、他の町内の会長たちとのお酒の席が頻繁にあります。
地区のお祭りの帰りも、お酒の席に。
その晩、うちの町内の名前が書いてある旗をもったまま寝ている人がいると
実家に電話がかかってきました。
「@@町の自治会長さんのお宅ですか? 町内の方がうちの駐車場で寝ているのですが…。」と。
そして、母からわたしに連絡があり、嫌な予感がしながら見にいったら、
案の定、うちの爺でしたw
他に、こんなバカいるわけないわ。
どこかの会社の駐車場で泥酔…。
運動会の時も似たような状況に。
全く見知らぬ人に、家まで送り届けてもらったことも何度もありました。
でも↗↗こんなのは、ここに書ける程度の微笑ましい話。

また、わたしの夫が入院中も、
父が酔って、しょうもないことばかりやらかして母を困らせました。
そこで、病院から父に電話をし、
「話しがあるから、聞いて!」と言って、
勢いつけて文句を言って、叱りとばしたら、
うんうん、うんうん。と、返事をして、
最後に、

「なあ、しろこ。。。オレはもう電話を切ってもいいか?」

とwww
これぞまさしく、馬の耳に念仏。
腹をたてるだけ、バカバカしくなるのだけど、言わないわけにもいかない。
わたしが父に対して、頭にきてるという姿勢をとり続けると、
母の気持ちが、和らぐのだけが救い。
そりゃそうよ、こんなどうしょもない爺と暮らしている毎日の心労苦労、
娘だけには、わかってもらいたいよね。
わかってますから。


さて、前回の続きですw

わたしに叱られた後、
父は、迷惑をかけずにおとなしくしているそうで、
その後は特に病院から注意を受けることはありませんでした。

昨日も会いにいってきましたが、
食欲もあり、家では絶対に食べなかったような料理まで平らげてました。
病院食の他には、一切、食べることを禁じられているので、
ここのごはんを食べるしかないんです。
飴玉ひとつでさえも、ダメなのです。。

この人は、死ぬ間際になって、やっとまともな食生活になったのです。

年よりの病人が、病院の食事をよく食べるようになったのであれば、
「おじいちゃん、ごはん食べれるようになってよかったね~。よかったよかった。」
と思うのが普通だと想うし、
わたしもできることなら、そうしたいものですが、
この爺は、これまでの行いが悪すぎたため、、

「なにこの人。なんでも食べられるんじゃないの。なぜ家で作ったものを食べなかったのよ。」

と、妻に娘に思われてしまうのです。
なんて冷たい…と想われるかもしれませんが、
一生懸命こしらえた料理を、
箸もつけずに捨て続けてきた母の身になれば、そう思っても無理はないというか、
それが自然。
何十年も苦労してきた老妻の恨みは、海よりも深いのですよ。
テレビを見ながら、しらっと白菜の煮物を食べてる爺のほっぺたに、
箸を突き刺してやりたくなる気持ちも、わたしにはわかる。(やってませんよw)

このように爺は、食べても食べなくても、家族に素直に喜んでもらえないのです。
わたしは喜んでもらえない爺が可笑しくなって、笑います。
娘にそんなことを思われて哀れすぎるのと、
そんなことを娘に思われていても、本人は、どこ吹く風なので。

そして爺は、病院のごはんを、デザートもメインディッシュもおかまいなしに、
好きなもの順に一皿づつ片づけた後、
母に丁寧に歯磨きをさせられ、
アゴについた、ごはん粒を取ってもらうと、
疲れて、す~っと眠ってしまいました。
爺の寝顔を眺めていても、おもしろくもなんともないので、
眠ってる足を、パシッと叩いて、
「おとーさん、わたし帰るよ。」
と言ったら、
「おー、ありがとな。」
と言いました。
ここに来て、はじめての「ありがとう」だわ。
わたしは、1センチだけ頷く。

アルコールを飲めなくなって1週間、
やっと正気になったのでしょうか?

最期に、アル中チェックです。↓↓どうぞ。
http://www.jpna.or.jp/kokoro/alcohole_c.html
2点以上が、ヤバイんだって。

爺の代理でやってみたら。20点越えww
さすがにケタが違うわね。

わたしは、すべて当てはまらないから、-6.1。マイナスですから!

この国は、葬式でも法事でも結婚式でもお酒がでるけど、
ほんと困るわ。
アル中は自分の家の葬式でも、気が付くとバカみたいに飲んじゃうもん。
目を光らせていても、
無責任な親戚が、
「ねえ、今日くらい、おとうさんだって少しはねえ...。」なんて言って、
余計な酌するから、やめてほしいわ。
今日くらいじゃなくて、毎日泥酔なんですけど。
酔っ払って、ますます役に立たなくなるどころか、迷惑かける。
自分ちの葬式で、ヘベレケになってどうするのよ。

こんな父をみて育ち、
引き続き、近くで迷惑をかけられているせいか、
わたしは酔っ払いが大嫌いです。
どこでも飲んじゃう人を、冷めきった気持ちで見ています。
酔っ払いの相手なんて、拷問だわ。

ここまでお読みくださったみなさま、さきほどのアル中チェックはいかがでしょうかw

6月になりました。
引き続き、がんばりましょう!

続く。
スポンサーサイト
2013.06.01 Sat 09:58
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |