03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

身体の大部分をたまにしか洗わない人 



ペッシュボンボンがさらに開き、毎日、違う表情を見せてくれます。
花に「ちゃんづけ」とか、購入した時に「おむかえした」...とか、
気持ちの悪い言い方は避けたいんですが、
そうは思いつつも、ペッシシュボンボンには、ちゃんつけしてしまいそうですよ。
咲くたびに嬉しくさせてくれる、魅惑の可愛いペッシュホンボンちゃんw

モナカが幼い時、紫外線対策を今ほど念入りにせずに、
チャリンコに乗せて公園ばかりいったせいか、
わたしの左頬には1㎝×5㎜ほどの、少し盛り上がった、肌よりやや濃い色のシミがあります。
これが他人の頬にあっても気にならないとは想いますが、
自分自身の頬であるから気になるため、
昨年、美容皮膚科の先生に相談したら、
「このタイプは盛り上がりはとれるけど、そうすると色が濃くなって残ってしまう可能性があるんだよ、
これが簡単そうで難しいかも。
今、もっと目立つのであれば考えてもいいけど、現状ではそのままのほうがいいのかな。」
と言われました。
で、これを素直に受け止め、色が濃くなるのはイヤだと思い放置しておいたのですが、
なんか最近、盛り上がりがフラットになってきて、前ほど気にならなくなりました。
その部分を触ってみると前と様子が明らかに違う。
やわらかくつるんとしてきた。
なわけで、このままでもいいような気がしてきました。
よくなった要因としては、愛用の美容液の成分のGF、成長因子で肌に力がついたのかもしれません。
と、想いたいw
あとは雨でも日焼け止め、ついそこでも日傘を意地のように差したことかな。
とはいっても、若い子の肌のように、ぱ~~んとハリがあるわけではなく、それなりなのですが、
気になるところが少しでもよくなるのは、たいへんうれしいことでございます。

あとは、クレンジングも、とりすぎないようにしてます。
以前は、誰もがやってた、オイルクレンジング+泡洗顔のW洗顔だったのですが、
これは汚れもとるけど、残しておかなくちゃいけない大事なものまで、大いにとっちゃってますね。
今は、DUOクレンジングバームというのを定期購入し、それのみです。
自分にはあってるような。
以前は洗い流すものだから、クレンジングに投資するのって、
なんかもったいないなぁと想ってたんだけど、そうじゃないのがわかりましたよ。
そのあとのスキンケア諸々は、全部、手でそ~~っとつけてます。
もう、できるだけ刺激しない方向で。
コットンでパッティングは肝斑の原因説もあるし、
質のよいコットンでも肌に傷をつけると皮膚科では言われました。
そこの先生は、顔の産毛も剃るなと言いますから。
しかし、
その一方でピテラでおなじみのカウンターでも、
ミラノコレクションのK坊化粧品のカウンターでも、
た~~っぷりしみ込ませたコットンでパッティングしろと言いますが、
なんかそれって化粧水を大量に消費させるための策略のような...。
毎日、100回パッティングしろとか、いくら優しく優しくといっても、どうなんでしょ。
というのも、身体をみればわかるけど、あらゆる刺激をうけにくいところほど綺麗だもんね。
なわけで、顔はメイクしない日も日焼け止め塗るから、
クレンジングしないわけにはいかないけど、
身体の大部分はたま~に洗う程度です。
で、たまにってのは、弱いピーリング石鹸の泡を全身にのせて洗い流してます。
ボディタオルでゴシゴシなんて絶対に洗いません。
肉眼では見えなくても傷だらけになってるような気がする。
昨年、バスタオルもフェイスタオルも全部、片面ガーゼのものにしました。
(すぐ乾く利点もあるので。)
とにかく摩擦は最悪だと想います。
以前、紫外線を浴びると、一万円札が飛んでいくような気がすると書きましたが、
さらに肌に摩擦をうけても、同じように一万円札がと飛んでいくように想うようになりましたw
だって、いったん汚くなると治すのはほんとにたいへんだもんね。
シミなんて、ビタミンCを大量に摂取しようが、
そのへんの美白化粧品を使おうが、そう簡単には消えないでしょ。
できちゃったものは、簡単には消えません。

で、洗わないといいましたが、もちろんお風呂にはちゃんと毎日、入ってますよ。
スポンサーサイト
2013.10.26 Sat 11:50
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |