03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

Rose of late autumn  



本日のウチのバラたち。

今朝のZIPで、
「女友達となら、用事のある時に(メールやLINEで)連絡すればいいけどぉ、
彼氏は日常的に連絡しなければならないからめんどくさい。
嫉妬心などの感情も煩わしい(めんどくさい)ので彼氏って必要ない。」
というような女の子の語りがありました。
しかし、煩わしくてもめんどくさくても、落ちてしまうのが恋なのです。
この娘はわかったような顔で話しているだけで、
何もわかっていないのか、
それとも、「めんどくさい」という理由で、
恋に落ちずにいられる強靭な精神をもっているのでしょうか。


k027_20131129144347ecc.jpg


11月中、凹んだ時期があり、
そんなある日、モナカも朝起きたら、なんだか気持ちが悪いと言い出し、
校内模試の二日目だったのですが、欠席の電話をいれました。
その後、午前中には回復して、勉強しはじめたので、
消化の良いものを作ってやり、様子をみましたが、母親として、どこまでも深く反省。
先日、「母の髪を切るとき」という記事で、
母親は子どもになにかあると、隠していてもわかっちゃう、
というような内容で書きましたが、
その逆もありで、
母親が精神的に不安定になると、取り繕っていても子に感染しちゃう。
特に幼少期なんて、子が敏感に察知して、あっというまに不安定になっちゃいますよね。
不安定な母親になんて、甘えたくても抱かれたくても近寄れないもんね。
人間だもの母親だっていろいろあるから、凸凹してあたりまえなんだど、
子のためには、何があっても動じず、安定していなくちゃいけないのだ。
もしかしたら、
夕食が毎晩、スーパーのお惣菜だろうが、
部屋が埃かぶって、とっちらかってようが、
とりこんだ洗濯物が部屋のスミで山になっていようが、
父親が毎晩、午前サマで家にいるんだかいないんだかわかんなかろうが、
いつも安定してる母親でありさえすれば、子はまともに育つのかもしれない...と、
なんの根拠もありませんが、そんな気さえもします。
スポンサーサイト
2013.11.29 Fri 15:26
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |