03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

公園のわたしと、「甦る昭和の名曲」を観ながら想う事。 



写真は、11月に公園で撮っていただいたものです。


k063.jpg


昨夜は、甦る昭和の名曲という番組を見ながら、
あれこれ雑用をしていました。
昔は、「懐メロ番組なんて、年寄りくさくて見てられないわー」、と想ってたんだけど、
平成8年生まれのモナカも、この昭和の名曲番組を、そんなふうに思ってるのかもね。
ギンギラギンにさりげなくを歌うマッチを見て、
「ん...、当時は、ネジリ鉢巻き状のものを頭に巻くのがカッコよかったのか。」
と感想を。
で、
昨日、改めて昭和の名曲を聴いていたら、
昔わからなかった歌詞の意味が、今は共感できる曲があったり、
昔わからなかった歌詞の意味が、今もますますわからない謎の曲がありました。


k038_20131219105417e4a.jpg


【聖母たちのララバイ】
火曜サスペンス劇場のエンディングにこれが流れると、
ドラマチックで盛り上がりましたよね。
この中の
「ああ、できるのなら生まれかわり、
あなたの母になって、わたしの命さえ、さしだして、あなたを守りたいのです。」
この歌詞。
昔は、
「え、あなた(彼、好きな人)の母親になりたいというの?
おかあさんになったら、息子ってことだから、甘えられないし、
いずれ恋人ができて、離れていっちゃうじゃん...
いくら世話焼きたくても、
彼のママになっちゃダメって、どの恋愛本にも書いてあるのに。」、
と想って聴いていたんだけど、
なんか今は、わかるような気もする。
母親が子に注ぐ愛は、見返りなど求めないから、
恋だの好きだのホレタハレタを超越した無償の愛で、
あなたを護りたいという感情なのでしょうか。

煩悩ばかりのわたしには、
そんなマリア様みたいなことできないからこそ、憧れますね。
恋愛に限らず人とのつきあいで、
小さな事で損得勘定がチラチラすると、
御本人様まで小さな御方だって想うし、
さらにもっと嫌なのは、自分が損と利を推し量って動くこと。
なわけで、リターンなどひとつも求めない、
無償の愛・聖母様的感情には憧れます。

いつか近づいてやるもん!、...って遠いなぁw


k060.jpg


【魅せられて】
♪wind is blowing from the Aegean♪
その昔、実家の客間にあったレースのテーブルクロスを肩にかけて
たいへん美しかった(今もなお)ジュディオングのマネをしました。
この中の、
「好きな男の腕の中でも、違う男の夢を見る~」
この歌詞なんですけど、
これだけは今も昔も、さっぱり気持ちがわかりません。
なぜに、せっかく好きな人といるのに違う人のことを考えるのでしょうか。
どういうこと?
共感度ゼロ。
入れ替えて、、
「違う男の腕の中でも、好きな男の夢を見る~」
つて歌詞だったら、わかるけれど。

ひとつ思ったのは、
目の前にいる好きな人は、自分の感情が作り上げた幻の人であって、
実は幻の人(それを違う男と呼んでいる)と夢を見ているのだってことなのかな?
ん~~、違うかw
そこまで読まなくてもいいか。
ちなみに2番の同じところでは、
「優しい人に抱かれながらも、強い男にひかれてく~」
とあります。
レモンパイを頼んだけど
ケースの中のモンブランの方が気になっちゃうような。
もしかして魅せられての女の人は、心が満たされることができない、
何かの病気なのでしょうか。

昭和の名曲に精通する大人の人。
「魅せられて」の歌詞の意味を、わたしに教えてくださいw

スポンサーサイト
2013.12.19 Thu 11:28
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |