03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

今年も桜うさぎを飾りました。 




朝から大きな雨が降り続いてます。
3月になったので、今年もいつもの桜ウサギを飾ってやりました。
特になんの工夫もないのですが。すみません。


Twitterでもつぶやきましたが、
どんなにしょぼい写真にも、
自分が人のブログで読んだら、うんざしりしそうな娘自慢な親バカ記事にも、
拍手してから帰ってくださる優しい方々、どなかた存じませんがありがとうございます。
ブログが家だったら、おあがりいただき、お茶でも飲んでいってほしいですよ。
今日は、昨日焼いたカステラがあります。
ほんとうにありがとう。


k278.jpg


今日の雨の後は、
また寒さがもどるそうですが、
受験生の母も終わり、モナカの春からの準備もほぼ整ったので、
また写真を撮りに、どこかに出かけてみたいな。
ま、そんなに遠くには行けないんだけどね。
近いところで。

もともと自分の家で、
好きな物を並べたり、好きな花を飾ったりして、
写真を撮るのが好き、ということもあるんですが、
ここのところ、ん~、いつからだろう、
ほとんどカメラやレンズを持って出かけて撮るようなことをしていなかったですね。
そうか、昨年の春からは父親のこともありましたね。
そして12月からはお菓子の写真ばかりね。
大学受験が気になっていたのもあるし、他の要因もあるのかな。
冬はなんにしろ寒いしね。


以前も書いたことがあるかもしれませんが、
人は近づけば近づいたぶん、
深く知れば知っただけ、
傷つけたり、傷ついたりする確率が上がります。
わたしも、過去にたくさん…かどうかはわからないけれど、
人を傷づけてきたと想います。
売り言葉に買い言葉で果敢に応戦して、酷いことを言ったと確信のある事もあれば、
その人のためによかれと思って言ったことが仇になった場合もあるだろうし、
無意識でやってることもあると想う。
逆の立場で、
「わたしは傷ついた。」という表現は、被害者みたいで好きじゃないんだけど、
軽いダメージから大きなダメージまで、いろいろくらいました。
これぞ因果応報かなw
生きていれば誰にだってあることだとも想うけれど。

で、いろいろあると、
どんな流れになろうが、
あたりさわりのない会話だけしていれば、波風は立たないと学びます。
大人になればなるほど臆病になり、
あたりさわりのない関係の気楽さを、
お互い確信しながらつきあうのが、心地よくなったりもします。
そんな中、けっこうな深いところまでお互いに知っているのに、
仲良くできる友達というのは、
大事にしなければならない存在だと切に想います。

また、男女の場合は、一歩踏み込むことで、
いとも簡単に、気楽な心地良さが壊れる場合もありますね。
昨日までは、つまんないことでも笑いあえてたのに、
ぎくしゃくして、それができなくなっちゃう事もある。
で、無理してあたりさわりのない話をしても、なんか心地悪いとか。
何かを得るということは、何かを失うことというけど
こういうことなんでしょうね。
その恋が上手くいっている時でさえ、得るばっかりじゃないのよね。
気がつかない部分で、失っていくものがある。
それでも、人は恋をしちゃうんだけどね。


写真を撮りにいきたいな。
まだ寒いかな。
ひさしぶりだから、重たいカメラやレンズもって歩けるかな。



スポンサーサイト
2014.03.05 Wed 16:11
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |