03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

クレープシュゼットを作りました。 



ウィキペディアによると、
「クレープシュゼット(Crêpe Suzette、あるいはクレープ・シュゼット)は、
フランスの菓子で、熱いカラメルソースを掛けたクレープ、オレンジジュース、すりおろしたオレンジの皮、
さらにフランベしたリキュール(通常はグラン・マルニエ)から成る料理である。」
とあります。
しかし我家にはグラン・マルニエなんてものはないので、ブランデーでを。
オレンジジュースもないから、たくさんもらった少々、傷のあるスルガエレガントを絞って、代用。

生クリームだのバナナだのチョコだのをいれて、
ぐるぐる巻くクレープも悪くないですが、
こちらは、上品なお味でたいへん美味でした。
バイトが休みのモナカも、
「うわ、美味しい~~♡」と。

どうでもいい話ですが、わたしは、クレープの皮がやたら好きで、
貧乏くさい事を言うようですがw、クレープの皮だけを食べたくなるときがあります。
カップで測り、ふるわなくてもダマにならない、
たいへん簡単な方法を知ってからは、(COOKPADで)
頻繁に焼いてます。


k710.jpg

雨の中、母のところにも、クレープシュゼットをもっていったら、
いないので花泥棒して帰ってきましたw
ムスカリ。
今、なんでもかんでも、てんこ盛りで花盛りなので、絶対に気が付かないです。
それに、「咲いてるお花ちょうだい。」、と言うと、
なんでも好きなのもっていきな~と、嬉しそうにするので、わたしが泥棒するぶんにはいいのです。

奥のウサギさんは、

「大事なウサギのクロスステッチ」
http://roseponpon.blog115.fc2.com/blog-entry-423.html
の記事で紹介してます。

c810[1]
(その記事からもってきた数年前の写真)


これ、モナカが幼稚園にもっていった座布団カバーだったんですよ。
おばあちゃん(わたしの母)が孫への愛をこめて刺してくれました。
(前も書いたかな?どうだっけw?)
幼稚園では、モナカちゃんのお座布団は可愛いと、みんな言ってくれましたw
…でも、リンク先の記事ではモナカの存在についてふれる前だったので、
書いてないですね。
当時は、隠してたわけじゃないんだけど、
モナカのことを書くと、モナカの父親のことを書くことになり、
若くして亡くなるというのは、
天寿をまっとうしたお年寄りが亡くなるのとはやはり違うため、、
悲し気な空気がブログに漂うのがイヤ...というか、
う~~ん、
「若くして未亡人になってしまった可哀想の人の写真のブログ」と思われるのは絶対にごめんだわ、
なんてことまで考えてたのw
そんなこと想う人なんていないかな?w ふふ。

でも、なんの先入観もなしに、見に来てくれる方には見に来てほしかったって気持ちがあったんです。
だけどある時、母親としての自分の気持ちや、モナカのことを書きたくなってきちゃって、
2年前から登場してます。
当時のコメントみると、たくさんの人がびっくりしてました。
しろこさんは高校生の子供がいたのかいなってw

今は、他に書くことないのかよ、ってくらい娘のことばっかり書いてますね。
この春は高校生から大学生になる特別な時期だし。
とはいえ、ここに書いても書かなくても、娘のことばかり案じていますけどね。
親というのは、そういうものかもしれないけど、
ひとり親になると、
自分がこの子を案じなくて誰が案じるのだ、という気持ちが必然的に高まります。
全責任がありますから。
なにがあったって、もう片方のせいにはできないし、頼れない。

ただ心配もするし、頼りない母親なりの助言もするけど、
娘の考えていること、思っていること、
話だけはよくきいて、自分で考えて、選ぶことをさせてきたつもりではいます。
わたしの「つもり」だけかもですけどねw
えらそなことは言えません。

来週は4月にはいります。
大學の入学式もあります。
もちろんわたしも行きますよ~。
今は大学の入学式に親が出席するのは、ごく普通なんですね。
AOKIのスーツのCMでは、(たしか)ビデオ片手にご両親が揃って入学式にご出席ですよ。
そういえばモナカの大学は、保護者にお弁当まででますw

4月になっても教科書販売のバイトが残っていて忙しいけど、がんばれ~。
一日くらいは、春服の追加を見にいこうね。


スポンサーサイト
2014.03.26 Wed 16:01
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |