03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

ぼっち 



この春いちばんのトレンディ。(ミニバラの名前。)


l027.jpg

傷や小さいため売り物にならないというスルガエレガントをたくさん頂きました。
これを毎朝ひとつむいて、実だけの状態にして、ハチミツをちょっぴりかけて、
お弁当といっしょに持たせています。


娘の大学生活がはじまりました。

おだやかな性格なので、
特に嫌われることもないのですが、
自分から積極的に話しかけるタイプではないので、
進級すると、しばらくはいわゆる「ぼっち」状態になるらしいです。
それでも、中学も高校も一ヶ月、二ヶ月…と経てば徐々に話す友達もでき、
だんだんカラオケやアニメイトwにもいくようにもなってきたので、
特に心配はしていません。
モナカの強みは、
ひとりでも黙々とお弁当を食べられたり、
ひとりでも行動できるところだと想います。
これって、かっこいいことですよ。
女の子は、トイレにまで友達といっしょにいく人も多いです。
これは社会人、母親になってもまだまだ続き、
学校行事でも、必ず誰かとべったりくっついてる人もいますよね。
仲の良いのはいいことだけど、
誰かといないと安心できないのかな…とも想う。
他人から、
「あの人はぼっち」だと思われることが怖いという人もいるのかもしれない。
しかし、よく考えてみると、
そもそも他人のことを「ぼっち」などと陰口を言う事は、
浅はかなことなので、気にすることに意味などないのです。
そんな目を気にして行動することこそ、ほんとうに不自由でバカバカしい。

「あの子は可愛い服を着てるけど、ぼっち…と言われたいので、
大学には、小綺麗にしていきたいから、おかあさんチェックよろしく。」
と冗談を言うモナカだけど、
今回は一週間以内に、話す友達もできて、昼食も共にしているようです。
教科書販売のバイトでも、ふたつうえの専門学校のお姉さんと、
静岡おまちのコンビニ各店になんとかという水泳?アニメのクジを探しにまわり、
バイト最終日には、メルアドの交換もしてきたそうです。
モナカにしては上出来じゃない。

そうそう、テレビを見ていたら、最近は新入生が「ぼっち」にならないように、
友達作りの催しをしてくれる大学があるそうです。
それも悪くはないけど、
なんだか…4月から友達ができないヤツはダメだぞー、と言われているようでもあり、
ますますプレッシャーかかりませんかw
そのイベントでもできなかったら、ますます凹むじゃん~。

これから娘もサークルや新たなバイトなどでも、
色んな人と知り合うのだろうけど、
気の合う人と、自分のペースでゆっくりとつながりをもてばいいのだよ。

あいかわらずいろんな報告をしてくれますが、
大学内の施設(図書館やミュージアムやトラベルセンター)を空き時間にひとりで探検して、
図書館の飲食可能なラウンジでお弁当を食べてみたよ、という話もモナカらしくて楽しいし、
新しい友達は、大学まで電車とバスで2時間かかり、
その子より、指が一関節と半分以上長かったという話しも安心します。
今のところ、どの子よりも一関節分は長いんだとか。

母はどちらの話もうれしいのですよ。
はじまったばかりの大学生活、苦手なバスの往復だけで疲れちゃうみたいだけど、
だんだんと慣れていきますように。


スポンサーサイト
2014.04.16 Wed 17:05
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |