03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

渦紫陽花はオタフクちゃん 



可愛い形の渦紫陽花(うずあじさい)。
ことりのペンダントは以前、手作り市のようなところでみつけて、モナカに買ってきたもの。
気に入って、よく身につけてくれてます。


l226-01.jpg

渦紫陽花、流通名は「オタフクアジサイ」と呼ばれているそうです。
オタフクってあのおたふくかな。
も少し、可愛い名前つけてあげたいような…w


紫外線のことばかり書いてますが、今日もそんな話。
うちの前と道を挟んだ隣は、それぞれ社長さん宅です。
向かいのお宅は、ご主人のヨットの趣味につきあいすぎたのか、
西洋人のような顔立ちの美人の奥さまは、いつの間にかシミだらけ。
お隣の奥さんはゴルフが大好きで、同じく顔全体にシミソバカスがすごい。
肩や胸のあいてる服がお好きなため、首も紫外線で老化し象さんのように硬化。
シミやソバカスなんて、ちっちゃいことは気にせず、
笑顔でゴルフやマリンスポーツを存分に楽しむのも、ひとつの人生だと想います。
人生いろいろですから、他人がどうこう言うようなものじゃないのはわかってます。

ただ、わたしが想うことは、
このお二人の豊富にある財力をもってしても、顔面にできちゃったシミがどうにもならないという事実。
御二方とも、社長夫人。
お洋服も髪型も、とても洗練されてオシャレです。
ですから、スキンケアだって化粧品だって気を使っていると想うのですよ。
もしかして、美容皮膚科で最新レーザーあてても、どうにもこうにもなのか…。
な~んて、余計なことまで想っちゃう。

シミってできちゃうと、
お高い美白化粧品を使ったって、簡単に消えるもんじゃないもんね。
せいぜい、なんとな~く薄くなったかな?いや、気のせい?級の変化かも。
ドラックストアのケシ@ンで消えれば、シミ作って歩いてる人なんていないわよね。

そうそう...、ここ数回の写真では、手足をだした涼し気な服を着ていますが、
普段はこんな無防備なことしません。
首(だいじ!)にストールをぐるぐるまいて長袖のカーディガンをきてグローブをして、
真っ黒な二重張りの日傘をさしてます。

ここ数日、むしむし暑いけど、
梅雨が明けると、こんなもんじゃないですよね。
出かけるときは、あれこれ装備するだけで、暑くなっちゃう。
でも紫外線で劣化老化したくない方は、暑いなんて言ってられませんね。

がんばりましょう、がんばります。


スポンサーサイト
2014.06.10 Tue 16:26
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |