04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

新しい体重計と脂肪の模型 



体重計は2台あって、右が新しいほう。
体幹トレーニングをがんばっている自分に、最近新しいのを買ってやった。
新しいのは素足にならないと、なぜか体重だけであっても測れないので、
ジャマなんだけど2台を使い分け。

体重管理が必要なのは人もペットもいっしょなんだけど、
かかりつけの動物病院には500グラム大の脂肪の模型があって、
脂肪=油だから軽いため、想像以上に立派な体積。
黄色くてぶよぶよしてて触れることもでき、
「いいか500g脂肪がつくというのは、こういうことなのだよ、
オマエ(飼い主)の怠慢で飼い犬に、こんな醜いものををまとわせてしまうんだ。。。」
と思い知らすために置いてあるにちがいない。
なわけで、爪切りと肛門腺のケアに出かけても(犬の話しよw)、丁寧に体重測定され、
ちょっとでも増加傾向にあると、飼い主であるわたしに注意が入る。
ビスケなんて全然、太ってないんだけど、太ってからではよろしくないということだ。

ここからは人の話し。
フロントブリッジを含めた体幹トレーニングは続けています。
少しづつメニューに種類や回数、時間を増やしています。
辛くないといったらウソになるけど、
うれしいこともあるので、今のところはイヤではありません。
お腹の写真をブログでみせたのが松のうちだから、70日は続いているはず。

運動が嫌いで苦手なわたしがどうしてこんなことをしようかと想ったかというと…。

娘が小さい時から親しくしてくれるママ友達が、
わずかな坂道や階段、人混みなとにでると、
すぐに疲れた…疲れた…とを繰り返すようになってしまいました。
特にどこか悪いところがあるわけではない様子だけど、
ここ半年か一年くらいこんな調子。
長いつきあいだから、
悪気があるわけでないのは、もちろんわかっているのだけど、
疲れた疲れたと言われると、
大丈夫なのかと、先にすすむのを躊躇してしまう。
そのうち、これ以上、疲れさせてはよろしくないから、
いたわりつつ、早くオウチに帰さねばとも想う。
ただ、お店でお茶を飲みながら、おしゃべりしてる分には大丈夫。
ちなみに友達は太っているわけではなく、むしろスリム。
スリムなのに、お腹を気にしてお腹にかぶせる服ばかり着る。
とにかく、わたしより、3才年上にしては体力がなさすぎる気がするのである。
そんな様子をみていると、
わたしも体力に自信があるわけじゃないから、
だんだんこうなってしまうのかも。。。.と心配に。
こんなになっちゃったら何事も楽しめないではないか、それはマズイ…と考え、
たまたまTwitterで見かけた、初心者でもやれそうな体幹トレーニングをやり、
体力をつけてみようと想ったのでした。
ついでにお腹にも効き、ひきしまるらしい。

で、一ヶ月もすると、ついでのお腹もいい感じとなり、
鏡をみるのも、そう悪くない。
(体幹トレーニング50日目の生腹写真は先日載せました。)
今は、体力をつけよう、うんぬんよりも、そちらの方がうれしいため、
くびれをつくるメニューを増やしたりしている。
まあもともと、昔の厚い電話帳や浮き輪クラス級のひどいお腹ではなかったけど、
わたしだって子を産んで、ふくれたことがあるお腹なのである。

女の人が妊娠すると、「とつきとうか」の間に10㎏前後体重は増加し、
あかちゃんの成長とともに、腹まわりを中心にパンパンに膨らむ。
そして、出産で赤ちゃんと胎盤・羊水などが一気にでると、
痛々しいほどに張りつめていたお腹は、
空気のぬけきったビーチボールのように、ふにゃんふにゃんになる。
このままでは一生、人前では裸になれない…と悲しくなるのを通り越し、
笑うしかないくらいの、どうしようもない形状。
体重の方も、赤ちゃん&その他が外に出ても、いきなり妊娠前には戻らない。
それでも、ひっきりなしの授乳や赤ちゃんの世話に明け暮れているうちに、
体重も体型もだんだん元に戻っていくのが自然の姿…
な、はずなのだが、現実はそういう人ばかりではない。
産後、何年経過しても、万年妊婦のような人もいれば、
さらなる脂肪を蓄え、そのうち小さな関取のようになってしまう人も少なくはない。

にもかかわらず、テレビなどに登場する美魔女の皆さんってば、3人産んでもあのウエストの細さ。
ただ細いだけでなく美しい腹筋。
妊娠出産を繰り返し、伸びたり縮んだりを激しく繰り返したうえでの、
あの麗しきお腹は、誰が何と言おうが、ほんとうに立派なことなのだとわたしは想う。

それを考えると、
妊娠も出産もしない「性」であるから、身体の変化がない男性。
さらに筋肉は女性より断然つきやすい男性。
それなのに、
腹に脂肪を抱えた自分を見て見ぬふりしているなんて、
他諸々がどんなに立派で素晴らしいで御方であっても、なんと情けないことだと想ってしまう。
服を着てもわかるとなると、動物病院の醜い脂肪模型いくつぶんを蓄えてしまっているのだ。

体幹トレーニング、お腹も引き締まるし、姿勢もよくなるし、身体の調子もいいし、
この冬は寒いながらも、あんまり寒くないような気もする。
すぐに疲れちゃうママ友達にもすすめたいんだけど、
「そんなことしたら、もっと疲れちゃうよムリ...。」って返事がきそうな気がして、まだ言えてません。




スポンサーサイト
2015.01.29 Thu 21:17
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |