03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

リベラリスタ ウォッシュタブと3万円の服を買うよりも。 



最近、洗い桶を新しくしました。
今まで使っていたのは、琺瑯で可愛いんだけど重たいのと、
大きすぎて水をこぼすときに大量の水量に負けて、
シンクの排水口のキャップ?が浮いてきてしまうのです。
それがイヤなため、3回に分けながら、水を静かにこぼし、地味にめんどくさかった。

この洗い桶の特徴は、

m057.jpg

なんと、ワンタッチの上げ下げで排水できるキャップが底についているのです。
でも、これは小さいから普通にこぼしても、ウチの排水口のフタは浮かなかった。
なわけで、わざわざここから排水しなくても大丈夫かもw

あとは、

m056.jpg

ひっくり返して乾かすときに、スキマができるから、蒸れません。

深さもあって、いい感じ。
洗い桶なんて、ボールでも、いらない鍋でもなんでもよければ代用できますけども、、
一日に何回も使うし、使い勝手の良いのを買うとお皿洗いも楽しくできます。
(洗い桶の名前なんて意識したことないけども、)「リベラリスタ ウォッシュタブ」 という製品です。


さて、テレビで肥満体に悩み、自信を失っている娘さんたちが、
がんばってダイエットで何十キロもの減量に成功!、
見違えるほど美しくなり、恋人もできて自信をつける…という番組をよくやってます。
彼女らの幼きころの食生活をみていると、
ほとんどの家庭で、
おいしいおいしいと頬張るムスメ可愛さのあまり、
両親は食べたい放題に食べさせている様子。
ある家の女の子は、
オヤツとしてのおにぎりが一個や二個じゃ足りないと親に申し出る。
母親は、娘の望みのままにおにぎりを用意してやる。
オヤツとしてのおにぎりが、5こも6こもって、普通ではない。
でも、それが異常なことだとは想わないらしい。
朝から、大皿いっぱいの肉団子を作って、
何杯もの、ごはんとともに食べさせるのも、異常だとは想わないらしい。
子は親が無知だから肥満となる。
肥満になるには、それなりの理由があり、理由は親が作っている。
すべては親の責任。

(以前にも書いたけど、また書きます。)

わたしも小学校の低学年の頃は肥満まではいかないけど
太っていました。
両親が共働きで夕食の時間が遅かったので、
お菓子の食べ放題が許されていた。
お菓子の内容は、
父親がパチンコの景品としてもらってくる、
甘いばかりの、おいしくもないクッキー。
バニラ味もココア味も一度も美味しいと思わなかった。
おいしくないくせに、兄といっしょにボソボソ食べていた。
寂しい気持ちを欲していない菓子で紛らわすという、
今思えば、なんと虚しく哀れな行為…。
それを夕方の日課としていた。

おそらく、そのせいで太った。
そういえば兄もその時期、太っていた。
母親はある時、太っているわたしに、なんと。。。、
「こどもが太っているのは一番かわいくない。」
と言い放った。
今であれば、
「さんざん不味いクッキーを子供にむさぼらせて太らせて、
体重の管理もしてやらなくて、
あげくのはてに太ったら可愛くないって、母親としてどうなわけ?」
と言い返してやりたいのだが、
同時の純粋だったわたしは、子供心にものすごく傷ついた。
母親から、一番可愛くないと言われるのは、世界が終るのと同じことだ。
そして、お菓子を食べるのをやめることにした。
子供だからカロリー計算なんてしないけど、ごはんも減らし気味にした。
まずいクッキーはあいかわらず家にあって、
空気の読めない父親はあいかわらずパチンコにいく度に、
茶色い紙袋いっぱいもらってきて、
わたしが食べないものだから山積みとなっていった。

そしてわたしは成長期になり、すくすくと身長がのび、ほっそりしてきた。
その時期からは太ってないから、母のあの悪魔のような暴言は結果としては功を奏した。
わたしが執念深いためなのか、この一言が忘れられなくて、
時々想い出しては未だに腹立たしいしいんだけど、これは感謝すべき事なのかいなw
ダイエット番組の母親たちのように、ムスメ可愛さのあまり食べ放題が続いていたら、
あの娘らと同じように、花開く年頃に、着たい服も着れず悩んだのかもしれないしね。



でもって、体幹トレーニング、昨日は休んでしまったので、
今日からまたがんばることに。

以下、自分への戒めとして。


「3万円の服を買うより、
3㎝ウエストを細くした方が、かっこよくなれる。」


「ただ欲するがままに
飲み食いしてしまうのは、
発情期のサルといっしょ。
おまえは人のくせに、理性も知性もないのか。」


「顔のつくりは遺伝だから、
どうにもならないけど、
身体のつくりはコントロールできる。
なりたい身体になれないのは、精神力が低いから。
自分の身体もコントロールできない人は
何を言っても説得力なんてない。」


もう一回書きますけど、自分への戒めです。
これを胸にがんばろ。


スポンサーサイト
2015.02.11 Wed 19:13
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |