03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

やってよかったパーソナルカラー診断 



3月になったので、今年もまたウサギさんを飾りました。
いつ見ても、ちんまりして可愛い。
左のウサギ、左耳がとれてしまったので、爪楊枝にボンドをつけて、治してやりました。
小さな耳だから、どこかにいってしまわなくてよかったわ。


m101.jpg

お雛さまに献上した、羊羹。
乙女ちっくな包装をされて、ひとつひとつ味が違います。
餅仙人のもの。


m102.jpg

おひなさまは3月いっぱい飾ろうかな。
扇の紐?が丸まっていた。

2月は、母が腎盂腎炎になり入院して、ちょっとバタバタしているうちに、
なんやかんやと過ぎていき、早くも3月上旬が終わります。
そのあいだも、体幹トレーニングだけは根性で毎日やってたんだけど、
最近、光の加減によってはお腹にうっすら縦筋が。
横線は、だらしなく過ごせば脂肪とともに二段腹、三段と何本でも簡単に入るものですが、
縦は容易くはない。
大事に大事に育てた可愛いわたしの腹筋ちゃんw

さて、先日は、モナカが美容室のメイクレッスンにいき、
プロの手で、とても可愛くしてもらって帰ってきたり、
(写真を見せられなくて残念。フォトブック作っちゃおうかと想ってるくらい。)
わたしはわたしで、パーソナルカラー診断をデパートのファッションナビでやってもらいました。
そうしたところ、これまでの雑誌やネットでの自己診断とは、えらく違った結果となりました。
結論からいいますと、夏の人。サマーさん。

自己診断ではサマーさんには一度もなったことなどなかったのでした。
これねー、なぜかというと、
肌の色が、春秋はイエローベースの人で、夏冬はブルーベースの人なんだけど、
どうみたって、自分は黄色人種なんだからブルーベースであるわけがないだろうと、
黄色よりの答えにしていたんです。
でも、プロがみると、肌の薄さや頬の赤身の出方、手首の血管から、
迷うことなくブルーベースなんですって。
そこがそもそも違っていたのだな。
ここで間違える人が多いような気もする...。

さて、夏と言うと、ひまわりやハイビスカスなど、情熱的な色を思い浮かべるから、
夏の人の色合いも、原色の激しいものかと思っていたら、
実は真逆で、四季の中でもっとも繊細な淡い色合いでした。
夏と言っても、夏の人の夏は、「初夏」のイメージなんだそうです。
紫陽花トーン。
さらに、サブ的な要素も診断してくれて、
夏の人だけど春の要素も見え隠れする人は、サマースプリングさん、
夏の人だけど秋の要素も見え隠れする人は、サマーオウタムさん、
って呼ぶそうなんだけど、
サブ的な要素もサマーらしく、サマーでしかないサマーさん、
サマーサマーさんと診断されました。
その中でも、寒色系がわたしに似合うらしい。
さらにさらに突き詰めて、わたしに似合うものを探すと…。

500.jpg

一番は、ベビーブルー。
いいじゃない。

506.jpg

ブルーグレーの、曇り空もいけるそう。
かっこいい色ではないの。

504.jpg

暖色系を着たかったら、ピンクベージュ。やさしい。
白なら、純白ではなくわずかに色を感じさせるオフホワイトとなるとか。

わたしの似合わない敵色は、深みのある秋色。鮮やかな紅葉色。強い色。
ともかく茶系はいかんとのこと。
夏の人の中にも、ココアブラウンという優し気な茶色があるんだけど、
それも避けてと。
確かに顔にあてると、どよよよ~~んとしてました。

茶系も着ることあるから、そんなに似合わなかったのかと愕然としましたが、
似合うと言われた色は、好きな色ばかりだったので、
うれしくなり満足しました。
あなたの色はこれだと言われると、ベビーブルーがどんな色より素敵に見える。

でも中には、自分の好きな色と真逆で、
ショックでショックで目に涙を浮かべながらで帰る方もいるとか…w

他にも、骨格診断(痩せてる肥えている、ではなく、骨格で診断する)、
印象診断(性格はいれてはいけない、顔の印象だけで診断する)、
なんてのもやったんです。
この顔だけの印象診断なのですが、おねーさんが言うには、
人ってまず「顔」らしいですね、
印象は長くとも20~30秒以内に決まるそうです。
優しそうとか、とっつきにくそうとか、怖そう…とかそういうんでしょうか。
とにかく、おねーさんが言うには、まずは顔w。
目鼻立ち+表情ってことなのかな…。

そして、これはお姉さんが言ったわけじゃないけど、
男女が恋愛に発展するかどうかは会って5秒以内に決まっちゃうそうですね。
これはわかるような気もする。
人それぞれだと思いますが、自分はドッドッドッ...ドックキン、ってするかしないかかな。

脱線しました。
とにかく、各種診断おもしろかったです。
やりたくなってきません?
どんなふうに診断されても、好きな色は好きで、嫌いな色は嫌いなわけだけど、
自分の色がわかると、いいものですね。
診断されたの色が好みだったこともあるけど、ベビーブルーをそばに置きたくなります。

どこまでも長くなりそうなので、印象診断と骨格診断、続きはまた書きます。


スポンサーサイト
2015.03.09 Mon 17:26
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |