04/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./06

オオデマリと筋肉にキスを。 



鉢植えのオオデマリが咲いたので。
オオテマリの方が可愛い響きなのに、オオデマリ。

小さな紫陽花みたいで可愛いです。


m166-01.jpg

玄関に。
バラの蕾もふくらんできました。
あと10日もすれば5月だもんね。


さて、フロントブリッジから始まった体幹トレーニング、各種運動も160日が経過。
やり始めてからは、せっかくだから効果をあげようと、
口にするものにも気を使い、ここ数ヶ月は岩盤浴にも通い出す。
わたしのお腹からはじわじわと脂肪がなくなり、ウエストは締まる。
おしりのサイズは腰骨やら骨盤が貼りだしている為、あまり変化しないので、
ウエストだけくびれ、ヒップとの差は30センチとなる。
これで90㎝のバストがあれば、数字上では峰不二子に近づけるのだろうが、
自分の場合、胸はささやかにあるだけなので、そっとしておいてほしい。
豆乳は飲んでいる。
(ちなみに、不二子ちゃんは、
B:99.9cm W:55.5cm H:88.8cm、
身長は167cm、体重は50kgで、想像以上にすごかった!)

かつて、ブログのどこかに書いた覚えがあるけど、
自分のお腹がぽよんとしていたころは、
女性は少しくらいなら、
お腹がぽよっとしていた方が可愛気があると想っていたし、
男性のお腹も、少しくらいなら、ぽよんとしていたってかまわないと想っていた。
きっと、自分のぽよんとした腹で、人の事など言えないと想ったり、
なにより、自分自身が安心したかったのがあったのだろう。
しかし、自身が日々、コツコツと運動した結果として、
腹部に縦線が現れ、いい感じになってくると、考えは変化した。
そうなのです、
心が狭く、器が小さく、都合のよいわたしは、考えなど簡単に変わるのだ。
女性よりも遥かに筋肉がつきやすい身体をもっていて、
もともと女性より体脂肪率も少なく、
妊娠も出産せず、体型の変化がない男性のお腹がぽよんとしているなんて
情けないにもほどがあるような気がしてきちゃったのよ。
病や怪我などで身体を壊しているのなら仕方がないけど、
怠惰な生活習慣で腹部に脂肪をため込めるなんて、
人生に美意識というものがないのか。
(それは男も女もだけれど。)

また、そういう脂肪を抱えた男性に限って、女性の体型に文句をつけたりもする。
文句があるのなら、
まずは己の体脂肪率を10%未満にし、腹部を6個、または8個に割ってからじゃないと。
話しはそれからよw
だって男性は私たちより、ず~~っと有利なんだもん。

。。。なんて、人間の小さいわたしは思ってしまう今日このごろなのですが、
先日、テレビを見ていたら、鍛え抜かれた40代の女性ボディビルダーが、
その肉体を披露していました。
インタビューで、
「恋人は、やはり鍛え抜かれた男性でなければなりませんか?」
という質問に、
「そんなことは求めません。ただ今の私をそのまま受け入れてくださる方ならば。」
と答えていらっしゃった。
ここまでくると、恋人の腹に脂肪があろうがなかろうが、
そのようなことは、些細なこととなるのですね。
自身の鍛え抜かれた肉体を賛美し、
そのひとつひとつの筋肉にキスをしてくれる人であれば…、と想われるのでしょうか。
何事も極めた人は違います。
発言も美しいのでした。

わたしは凡人だから、
どれだけ賛美してくれても脂肪まみれのルシタニア国王より、
裸は見てないけども、推定体脂肪率5%のダリューンにそっけなくされたいw 
(アルスラーン戦記、おもしろいです。)


また事情が変わっちゃって、
「やっぱり、お腹は少しくらい出ていた方が、男女問わず可愛い気があるものですよね~。」、
な~んて書かなくてもいいように、
引き続き、各種トレーニングがんばるのだw


スポンサーサイト
2015.04.22 Wed 17:08
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |