03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

芍薬と夏の夜の地下道で学んだこと 


D700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

芍薬です。
いろいろやってみたんですが、普通に撮ったのが一番マシでした。
花言葉は、「はにかみ」
芍薬は、いろんな色がありますが、これくらいの色が最も、はにかんでる雰囲気があると思います。
よい香りもします。
暑さで、どんどん開いてきちゃう。


h530.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

この文字の下は、「@カンに注意」と続いていたんです。
どうして伏字にするかというと、
そういった趣味の人が、キーワードで検索して、訪れないでほしいので。

さて、暑くなってきますと、半裸に近い服装で街を歩いてる女の子も多くなり、
年ごろの娘をもつ親としては、
「あの子たちは犯罪にまきこまれやしないのか。。。」と、心配になります。

昔々の話になりますが、10代後半のころ、一度だけ夜の地下道で@カンにあったことがあります。
そのときは若気の至りで、ビーチの延長のような服を着て歩いていたんです。
言い訳になりますが、当時は、サーフィンしてる人もしてない人も、
サーファーガールのような髪型と服を着ていたんですよ。
そのとき、あまりにびっくりして、コンタクトレンズが外れてしまい、
@カンにむかって、
「コンタクトが落ちちゃったんだけど、どうしてくれるの!」、
と文句を言った憶えがあります。
幸いなことにその@カンは、気弱なタイプだったようで、
わたしが怒り出して、気が動転したのか、這いつくばってコンタクトレンズを探しはじめました。
しかし、コンタクトレンズは見つからず、
結局、「もう!いい!!」と怒りながら、不安定なサンダルで走って、帰りました。
数時間後、コンタクトレンズは目の中でズレて発見されました。

それ以来、これは恐ろしいことだ学習しました。
必要以上に露出すると、こんな嫌な思いをするのだと、学びました。
親兄弟に報告したら、「おまえはバカだ。」と言われ、服装も考えるようになりました。
それを最後に、@カンにあったことはありません。
@カンが一番悪いんですが、みすみす犯罪に巻き込まれるようなお洒落の仕方はやめておきましょう。
@カンにあったから、魅力があるわけじゃないんですから。
そもそも、まともな人は、触りませんから。
@カンになんて触らせない空気を、身にまといましょう。

暑くなってきましたので、みなさんも、じゅうぶんに気をつけましょう。
スポンサーサイト
2012.06.17 Sun 18:13
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |