03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

Distance 

h696.jpg
D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)

ひゅるりんとしている植物が好きです。

雨の日曜日。
今朝はワンピースを見ながら、おそい朝ごはんをモナカといっしょに食べました。
しらほし姫、大きくて可愛いですね。

昨日の、散歩写真です。

h695.jpg

人との距離を縮めたいと思う時、
必ずつきまとうのが、相手を傷つけるリスクと、自分が傷つくリスクです。
遠いままでいれば、自分が傷つくことも、相手を傷付けることも、絶対にありません。
関わらないわけだから。

相手に一歩、近づくごとに、
相手に一歩、踏み込むごとに、
相手を傷付けるリスクも、自分が傷つくリスクも、高まっていきます。

大人になればなるほど、守るべきものが増えて、怖がりになり、
簡単に、人との距離を縮めることができなくなります。
近づく速度は、カメのようにのろくなり、時に停滞し、時に後戻りもします。

そうかといって、なんにも考えずに、ハイスピードで距離を縮められたころに
戻りたいとも思いません。
自分にとっては、「今が何より大切です。」

もうひとつ知っているのは、
満ちた月は必ず欠ける、ということで、
欠けるくらいなら満ちなくていいやと思ったり、
どうせ欠けるのであれば、
満ちるまでの時間は、
できるだけ長いほうがいいかなと思ったり。
中には、3分の一くらい欠けたあとで、安定という事もありますけどね。

ただ「満月」って、後になってみないと、
それがいつだったのか、わからないのも、怖いところです。

めんどくさいことを言うね、と思われる方もいるかもしれないけど、
そのとおりで、これで、なかなかめんどくさいんですよ。
めんどくさいのが苦手な人は、かかわらないのを、おすすめします。

それでも、ベースにあるのは、
おっかなびっくりでも、
人のと距離を縮めたい、という気持ちであることは間違いなく、
それがなくなっちゃったら、人生はあまりに淋しいような気がします。


h692.jpg
スポンサーサイト
2012.07.01 Sun 12:38
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |