03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

姫女苑とお葬式の装いへの投資とスタレビ 

h760.jpg
D700+AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II

おそらく、姫女苑(ヒメジョオン)です。
ハルシオンとヒメジョオンは見分けがつきにくいですよね。
咲く時期が遅いことも、ヒメジョオンの特徴だそうです。
花言葉は「素朴で清楚」

今日は七夕の土曜日です。
モナカの期末テストが終わり、結果はどうであれ、
ひとまず大きなプレッシャーから解き放たれたので、
午後から、洋服を買ってあげるってことで、出かけるつもりでいたんです。
でも、さきほどクラスの子から七夕さんのお祭りのお誘いがあったようで、
せっかくなので、ぜひそちらに行くように勧めました。
女の子だけじゃなくて、男子のクラスメイトもくるそうです。
モナカにとっては、生まれてはじめて、男子もいっしょの七夕さんです。

少し前に書きましたが、
先日、友達のお父上のお通夜とお葬式に参列してまいりました。
お葬式では、たいへん立派なお父上だったことを知ると同時に、
彼女の家族の絆のようなものを強く感じ、
お葬式なのに、なんだかあったかい気持ちになっちゃいました。
人のお葬式でこんな気持ちになったのは、はじめてかもしれないです。
彼女をとりまく環境が、幸せそうで、安心したのかもしれません。

お葬式といえば、夫が亡くなったときに、母が香典帳を指差して、

「これからは、ここに書いてある全部の家で、何かあったら、
あんたがぜんぶ、行かなくちゃいけないんだよ。
いつ何があっても慌てないように、これまでより、しっかりと支度しておきなね。」

と言われ、
死んじゃった人が人の葬式にいけるはずはないので、
それはそうだと思いました。
そこで、その言葉に従いまして、
(他の服は、いいかげんなんですが、)
葬式の装いだけは、投資してありまして、いつでも準備万端でございます。
春夏秋冬、暑かろうが寒かろうが、
カンカン照りだろうが大雨がだろうが
田舎だろうが街の中だろうが
どんなときでも困らないように、
服もコートもバックも靴も日傘も雨傘も、日本全国・全天候対応用に各種とりそろえてあります。(ちょっと大げさ)

そんなわけで、あまりに太ったり痩せたりすると、服は着られなくなりますので、現状維持に努めています。
でもほんと、準備してあってよかったですよ。
親戚やら、お世話になった方やら、お葬式って多いです。

これは、先日のお葬式に行く前。
お葬式の前に、こんな写真とってすみません。
急いでいたので、写真が大きく斜めっちゃってます。腕のひっかき傷はバラのトゲでやりました。

h762.jpg

夏服その1で、上着の袖が七分丈になってます。
中のワンピースの袖は3分くらいで短めなので、暑くても上を着ていないとおかしいです。
ハイウエストな位置に、いい感じのリボンがついてます。
ま、どってことないシンプルな服です。

昨日、ひさしぶりにスターダストレビューの、「トワイライト・アヴェニュー」を聞きました。
スタレビ、好きなんですよ。
「トワイライト・アヴェニュー」はー、アカペラバージョンが好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=GgWr8xQb23Q

あと、スタレビでは「追憶」が大~~好き。カラオケでは上手に歌ってください。
http://www.youtube.com/watch?v=uL73beU6mtQ (←歌は2分ごろから)
スポンサーサイト
2012.07.07 Sat 16:25
カテゴリ:
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |