03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

ときめきホルモン 


D700+Ai AF Nikkor 85mm F1.4D(IF)



h830_20120722071903.jpg


人は恋をするとPEA(フェニール・エチル・アミン)と呼ばれている、
ときめきホルモンが脳から出てくるそうですね。
恋をすると、人生がバラ色に見えるのは、これのせいらしいです。
ただ、これは相手に対し、不安と緊張がある時にしかでないそうなので、
数年経つと、だんだん出なくなるんだとか。(両思いになった場合でしょうけどね)
また、人はだんだん年をとってくると、
恋につきものの不安や緊張が続くのが、煩わしくなってしまうため、
恋をしなくなってしまう人が多いんだそうです。
女の人でしたら、恋をすると綺麗になると言われる反面、
心身ともに憔悴する部分もありますので、
年をとってくると、自然と疲れることを避けたくなるのかもしれません。
仕方がないことかもしれないけれど、淋しいことでございます。

緊張とバラ色と不安が、交互に顔を出し、魂を、ゆっさゆさ揺さぶられ続けたいものです。
スポンサーサイト
2012.07.22 Sun 08:32
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |