03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

そういう生き物 

h890.jpg
D700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

昨日、志望する大学の研究室訪問から戻ったモナカは、すぐに中3のときのクラス会に出席しました。
「宿題がおわる気がしないよ!」と、一日一回は叫んでいるんですが、
こういったイベントには、出席したいようです。
ほんとうに仲がいい?3年1組で、卒業してまだ1年半なのに、
長い休みのたびに集まるので、既に4回もクラス会をやっています。
モナカも、別の高校に通っている女の子の友達に会いたいので、いそいそと出席しています。
今回は、お好み焼きやさんだったそうです、会費は1600円。
かわいいものです。

一夜、明けた朝、
「おかーさん、K川クンが勘違いしてたみたい。。。よくわかんないよ。」
と話はじめたので、詳しく聞いてみたら、
中3の時、同じクラスで同じ委員会だったK川くんを目の前してモナカは、

「わたしはK川くんが苦手だけど、他の男子はみんな嫌い!」

と、言い放ってしまったそうなんです。
当時、マジメに授業を受けたかったモナカは、
休み時間も授業中も関係なく、お祭り騒ぎ、バカ騒ぎしている男子らをとことん軽蔑しまくっていました。
家に帰ってくると、
「バカなあいつらのせいで、授業が中断されて、放課後まで残されて、
授業態度に問題のない私たちまで説教されて、もううんざり!」
なんてことを、しょっちゅう言ってました。
そんな中、K川くんは唯一、マジメな男子生徒で、休み時間も読書しているような子でした。
で、そんなK川くんのどこが苦手だったかというと、
委員会の仕事を、モナカが気がつく前に全部やってあるほど気の回る人で
気の利かないモナカは、自分が委員なのに仕事がなくて何をしていいかわからなくなり、
甘えていればいいのに、そうもいかないと思うのか。。。
まぁそんなところが、苦手意識になっちゃったそうです。

そして本人を目の前に、こんなことを言い放ったそうなんですが、
ほんとうにバカ娘ですね、マジメな彼に失礼ったらないですよね。

そして、「あんたなんか苦手!」って言ったモナカ本人は、
それっきり言ったことさえ忘れていたんですが、
マジメなK川くんのほうは、これをどう受け止めればよいか1年半ものあいだ考えこんでいたんだそうです。

あんたなんか苦手!

だけど他の男子は嫌い!

そんなことをわざわざ言うってことは、自分だけは(苦手だけど)好きってこと?

え、これって、否定的な言葉だらけの、ツンツンツンデレ告白??

K川くんは、そんなところまで想いを巡らせてしまったのでしょうか。

話は戻りますが、
朝ごはんを食べながら、「私はそんなつもりではなかった。。。」とか、ぶつくさ言ってるので、

「一年半もモナカが言ったことで悩むってことは、
K川くんこそ、モナカのことが好きなんだよ。
普通、そんなこと忘れちゃうって。」

と言ってやりました。
そして、

「今回のこととは関係ないかもだけど、
このあいだ聞いた話によると、
女の子はライトなコミニュケーションのつもりでいても、
男子は女の子がちょっといい顔すると、
その気があると思って、調子にのってしまう、バカな生き物なんだって。どう思う?」

と、本当に、このあいだ聞いた話を教えてやったら、
「。。。そうなのか。」
と。
さらに、

「だけどね、
そうだからといって、
そういうことに過敏になりすぎて、
いつ何時も、バリアを張って、距離を置いていたら、
はじまるものも、はじまんないってのも、あるからね。
だから、これだっていう輝いてる人をみつけたところで、いい顔しちゃうのよ。
っていうか、必然的にそうなるから。
その他には、一切しなくていいから。
もったいないわ。」

と、母としてのわたしの想いを伝えたら、
「おかーさん。。。」、って、クスクス笑ってました。
わたしより、うーんとおりこうですので、わかってくれたことでしょう。

最後に。
モナカにはこのように言いましたが、
男も女も同じくらいバカであると、わたしは思っています。
わたしも、もちろんバカです。
スポンサーサイト
2012.08.07 Tue 17:35
カテゴリ: 散歩・おでかけ
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |