03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

女子高生が持っていくのにふさわしい花束と小学生のメイクについて 

j074.jpg

「高校生の女の子が持っていくのに、ふさわしい花束を作ってください。
お亡くなりになったお習字の先生の、ご仏前に。」

ってことで、お花やさんに作ってもらった花束です。
ブルースターが可愛いです。

今年の夏は、お葬式が多かったのですが、
モナカが幼稚園から小6まで通っていた、お習字の先生もお亡くなりになってしまいました。
わたしは、お葬式に参列させていただいたのですが、
モナカは出席できなかったので、
今日、下校してから、お線香をあげに行くことになってます。
(そうこうしていうるうちに帰ってきて、今、このお花をもって、出かけていきました。)


j075.jpg

先日、カラオケにいった時のモナカ。
洋服は着れるものは、いっしょに着てます。
身長は、モナカのほうが3センチ高くて、体重は、だいたい同じです。
そしてモナカは、わたしより肩幅があるんですが、おしりは小さい。
わたしは、その反対。

さて、日曜日に、ジャスコやドラックストアのメイク用品売り場にいくと、
小学生の女の子たちが群がりながら、
鏡にむかって熱心に、テスターのアイシャドーのチップを動かしています。
「小学生のうちから、まぶたをキラキラさせたら、
大人になってから、やることなくなっちゃうよ~。」
と老婆心ながら思うのですが、
でも。。。

テレビで、美少女小学生の読者モデル特集を見たのは一度や二度じゃないです。
その手の雑誌は、たいへん盛り上がって、充実してるそうじゃないですか。
すべて大人が、仕組んでるんですよね。
完成度の高い読者モデルは、盛って盛って、
とても小学生とは思えないほど大人びていて、綺麗です。
お休みの日、サラサラのロングヘアを美容室でトリートメントしながら、
小顔ローラーを転がし、顔のお手入れをしているそうです。
小学生が小顔ローラー♪
その後は、カフェに立ち寄り、ピンクの可愛いiPadでブログの更新しながら、
スイーツを食べちゃうんです。
駄菓子屋で、ラムネ飲むんじゃないんですよ。

そんなの見てれば、ちょっとお洒落に関心のある女の子であれば、憧れますよ。
わたしも。。。って、マネしてみたくもなりますよね。
今でこそ小学生なので、メイクすると、大人たちから眉をひそめられますが、
社会人になったら、その反対で、
「素顔でくるなよ、化粧くらいしろ。」、ってことになります。
ですから、
週末に、大人たちの冷たい視線を感じながら、
ドラックストアでメイクの練習している小学生は、
もしかしたら、ホントに大人になるころには、テクニックも身につき、
上手になっているかもしれませんよね。
人生に無駄なことなんてないんですから。

しかし、モナカはこういったものに、全く関心を示しません。
わたしのがいろいろあるのに、
使ってみようとも、箱をあけてみようともしませんね。
砂糖菓子のような配色のチークを、可愛い色でしょ、って見せると、
「わ~、おとめちっくだー」
とは言うんですが、それ以上のアクションは起こしません。
毎日、顔洗って、化粧水つけて、終わりです。
リップクリームも、乾燥して、唇の皮でもむけない限り、つけません。
鏡の前で、ヘアアイロンを駆使し、髪型をキメルまで30分かかる男子高校生もいるらしいのですが、
モナカは手櫛で10秒です。
ひどい寝癖があるときでも、1分であきらめて学校に行く気になっているので、
見るにみかねて、わたしがアイロンを温めて直してやっちゃいます。
スポンサーサイト
2012.09.07 Fri 15:42
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |