03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

人の湿度 



この物体は、さといもを揚げて煮たものです。
ううん、見た目よりおいしいんだから!

あんまり感が漂っていたので、絵を納得いくまで描いていたら、
おいもが干からびてしまいました。
その後、モナカがおやつに食べてくれました。
「いもうまっ。」、だそうですw

さて、サトイモとは関係ないんですが、
よく人とつきあう上で「温度差が…」という表現を使いますが、
温度だけでなく、湿度も大事ですよね。

恋愛の場合、
あまりジメジメしてばかりでは、お互い辛く暗くなると思いますが、
あまりカラリとしちゃっても、あっけらかんとしすぎて、ものたりないものでございます。

けれども、あっけらかんとしたギャルには、
あっけらかんとしたギャル男の彼氏が、ちゃんとできるんですよね。
逆に、映画の世界などでは、
どこまでも、ふたりでウエットに思いつめて思いつめて、
なにも死ぬことはないだろう…と観ているこっちが思っても、
いくところまでいっちゃう人たちもいますよね。
この場合も、周りから見ると不幸ですが、本人たちは幸せなのかもしれません。
ってなわけで、お互いの温度・湿度が近いものであれば、
極端に高い・低いに関係なく、幸せな恋ができるような気がします。
温度と湿度さえあってれば、他はカバーできるかも…ってくらい。

それでわたしはどうかっていうと、
こんなですが、「もののあはれ」に涙したくなるほどの湿度があるんですよ。
あるんです。
スポンサーサイト
2012.11.24 Sat 16:37
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |