03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

生アーモンドの効果の恩恵がローズポンポンに到来し想うこと。 

i055.jpg

鉢植えのレンゲローズが咲いていました。
春になって、本格的に大きなバラたちが咲くころには、目立たない存在になってしまいますが、
こんな季節に見せてくれる可憐な姿に、癒されます。
かわいい。


i057.jpg

エッフェル塔のついてる水色の本みたいのは付箋で、
モナカが修学旅行先のサンフランシスコで見つけてきてくれた、わたしへのお土産です。

「サンフランシスコで見つけた、メイドイン・チャイナの、パリの街並みの付箋を、日本の母へのお土産に。」

と笑ってました。
好きなものを探してくれてありがとう。

開くと、


i059.jpg

こんな感じ。
いろんな雑貨屋さんを見て回りますが、
静岡でこれを売ってるところは見たことないので、うれしいな。
もったいなくて使えな~い。

そうだこのあいだ撮った、
可愛く食べられな~いと想ったサルひつじチョコは、二日後に食べちゃいましたw


i056.jpg

晩秋からぶら下げてるアイビーは、ちょっと葉っぱが減っちゃったけど、
冬中ここで、いい感じでいます。


さて、以前、
生アーモンドを食べ続けて5ヶ月目、その効果に白黒をつけたい
この記事を書いたことから、
今、ローズポンポンは、「生アーモンド 効果」や、「アーモンド 効果」 というキーワードで、
多くの人がおいでくださってます。
実は、はじまって以来の、にぎわいでございます。
ひとえにグーグル先生のおかげです。
ありがたいことでございます。
昔は、

「いちおうこれでも写真のブログなんだから、
流行りのキーワードにひっかかったって、そんなにうれしいことなんて、ないんだからねっ!」、

なんて、グーで殴られても仕方ないくらい、クソ生意気なことを想ったこともあったんですが、
長年ブログを続けた結果、そんな贅沢を言ったら、天罰が下るってことがよーくわかりました。
ブログの神様、ごめんなさい。

毎日コツコツ更新するという、地道なことをしていきますと、
自分が撮るような退屈な写真と、つまらない文章のブログでも、
今日も見にいってやろうかな~、と想ってくださる優しい方が、
少しづつ少しづつ増えていくものでございます。
でもそれは、一円玉貯金のように、少しづつ少しづ~~~つなわけなのです。
(一円玉貯金も、コツコツ楽しいものなんですけどね。)

それで、
以前、「がってん塗り」と「ユースキンパック」のキーワードでおいでくださる方が増えたときに、
「がってん塗りで検索して、こちらにきてから、しろこさんのブログを見るようになりました。」
とおっしゃっていただいたことがありましたので、
最初のきっかけは、
「がってん塗り」だろうが、「生アーモンド効果」だろうが、
「丸型 パウンドケーキ 焼けるのか」だろうが、「DHC福袋の中身」だろうが、
なんだってよくて、とにかく来ないことには始まらないってことなんですよね。

じゃあ、ブログって来てくれる人さえ増えれば、うれしいのか、それで満足なの?ってことになりますと、
それは人それぞれで、「はいっ、アクセスが命です!」って考えの人もいるだろうし、
それも別に悪いことだとは思いません。
増やし続けるのって、相当にご苦労があり難しいことだと想像するし、
ブログの主さんの喜びとなるなら、それはそれでいいじゃありませんか。

でもね、わたしはそうではなくて、そこだけじゃ満たされません。
じゃあ、ブログがどうなると、幸せなのかっていうと、
育てた子が(ブログが)、いい感じに育ってる感を実感できる時ですね。
自分の価値観の物さしで総合的に見て、健やかである、と想えるとき。
例えば、ん~~、
自分の育てたバラの写真がいっぱい並んでるときとか、
ちょっとがんばって作ったお弁当の写真が並んだときとか、
どんなに写真が上手な人でも、わたしんちに来ないと撮れないような写真が撮れたときとかw、
まぁそんなんじゃ、おいでくださる人は増えないんですが、自己が満たされます。←ここ最も重要。

今日も、まとまりなく、ごちゃごちゃ書いてしまいましたが、
そんなこんなで、2013年、生アーモンドの恩恵が今、ローズポンポンにやってきてますので、
アーモンドブーム、お願いだから、もうちょっとだけ続いてね。
そして、食べてる方々の中性脂肪が下がり、春の健康診断、血液検査でよい数値を叩きだせますように。
より若さと美貌に磨きがかかりますように。
もちろん、わたしも続けて食べてます。
スポンサーサイト
2013.02.01 Fri 14:51
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |