03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05

今、自分の財布にいくら入っているのか。わかる人・わからない人。 


D700+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

モナカが修学旅行に着ていったコートのポケットに入ってたレシート。

スーパーでもらうレシートなんて、すぐに丸めてポイなのに、
サンフランシスコのレシートだと想ったら、とっておきたくなりました。

雰囲気、違うもんね。
こんなもんまで、かっこいい。


i062.jpg

レシートっていえば、スーパーのレジで会計のあと、目を凝らしてチェックしてる人いますね。
わたしの友達がそうで、金額どころかポイントまでチェックし、
「ケチャップはポイント5倍の表示なのに、ついてないよこれ…!」、
などと、目ざとく見つけ、納得いくまで店員さんに尋ねます。
そういう性分なので、子どもに買い物を頼み、おつりが一円でも足りないと、探させるんだそうですよ。
もちろん、家計簿が一円でもあわないと、気持ち悪くて眠れないそうです。

自分は、レシートはとりあえずもらっておきますが、見ることはありません。
ポイント何倍とか、気にしたことなどありません。
たまってれば使いますが。
モナカにおつかいを頼むときは、
1000円わたして買ってきてもらい、残ったら駄賃でいいよとなり、
おつりをもらったことなどありません。
こんな親に育てられたモナカも、わたしにそっくりになってしまい、
「美容院、高校生はカットいくらだっけ?」
と、今の今、カットして帰ってきたので聞いてみると、
「あ~~??いくらだっけ? うん。5000円札だして、おつりはきた。」
なんて答えが…。

そんなわけなので、この現状はよろしくないと想い、
「せめて自分のサイフに、今いくら入ってるか、千円単位でいいから、把握しておくように。」、
と、言って聞かせたんですが、未だに、「少し」または「一万円くらい」でしか答えられません。
そういう自分も、万単位の…しかも低い正答率でしか答えられませんw

そうかといって、モナカは金遣いが荒いというわけではなく、
去年のお年玉、今年のお年玉、おばあちゃんからもらうお小遣いなど、
「円!」と大きく書いてある封筒に、まとめていれてあるんですが、
マンガやお絵かきの画材やノートを買う程度では、そんなに減らないため、
たくさん入ってますよ。
しかし、それが合計いくらなのか、数えようともしないんです。
わたしが数万、そこからもらっちゃっても、あの子は絶対に気がつかないでしょう。
半分になっても、わかんないかもw
お金に執着が、まったくないんです。

話は戻りますが、冒頭で書いたお金にうるさい友達は、
正反対のわたしから見ると、正直、ケチで疲れます。
だってランチで、クーポン券を忘れたっていって、血相変えて家に戻るくらいですから。
もう、クーポン券のぶん、わたしが出すから家に戻らないで、って言いたくなっちゃう。
だって100円得するクーポン券あわててとりにいって、怪我でもしたら、
100円じゃすまないじゃんって、想っちゃう。
でも彼女からすると、しろこさんだって100円安くなるから、
200円の損なのよ、200円もったいないじゃないのってことになるのです…w
なのだけど、塀に囲まれた大きなお屋敷に住んでいまして、と~~ってもお金持ちです。
素人のわたしにでさえ、これはいい材料で作ったんだろうなぁって感じる、階段の手すり。
よく、「お金持ちはケチ」って言いますけど、これホントですね。
それくらいしっかり管理してるから、お金も安心して集まってくるんでしょう。
で、使うべきところに、バン!と使う。
また、そういう母親に育てられた子どもたちは、お金が大好きで、
暇さえあれば、もらったお年玉の総額を数えてるそうです。
大学の受験料や入学金を、ご長男がしっかり把握し、
捨てるとわかっているお金を払うのはバカバカしいから、私立は受けないよ、と言ったとか。
貧しい家庭の子が言ってるんじゃなくて、お金持ちの子がそう言うのです。

どちらがいいのかわかりませんが、、
わたしの母は、
「小さい子供のうちから、お金ばっかり数えてどうすんの。モナカくらいでちょうどいいんだよ。」、
って言うのですが、この御方こそ、わたしの母ですので、もちろん、どんぶり女です。

「家計簿をつけようがつけまいが、いるもんはいる。出ていくもんは出ていく。」

という考え方。
これはわたしも、その通りだと想います。

また、母が言うには、人との付き合いは絶対にケチるんじゃないと。
例えば何か贈り物をするときに、数千円のことで迷うなら、いい方を選べって言います。
そうすると、あげた人からどうこうじゃなくて、
まわりまわって、自分のところに、戻ってくるんだとか。
(どうしてそうなるのか?、という説明はありませんでしたがw)、
確かに実家にいくと、人からもらった、いろ~んなものがあり、
そしてそれをまたわたしに、惜しげなくくれます。

さぁ、みなさん!、
今、自分のサイフにいくら入ってるか言えますか?
メインバンクの普通口座にいくらあるか言えますか?

世の人は把握できているものなのでしょうか?
どうどう?

わたしは、サイフは万単位、口座は十万単位でおぼろげに…。
スポンサーサイト
2013.02.03 Sun 16:41
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

 | h o m e |