02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./03

ハロウィンにはキュートな黒猫で。 

ハロウィンですね。
実は娘・モナカまでスポーツクラブに入会しました。
筋トレもがんばっているんだけど、
先日は、いっしょに仮装してハロウィンのズンバに参加しました。
ズンバというのは、ラテン系の音楽とダンスを融合させて創作されたダンスフィットネス エクササイズで、
細かいルールに縛られず、お祭り気分で踊れるクラスです。




黒猫の仮装が気に入ったようで、写真を撮って~、と本日、頼まれました。
とてもキュートなニャンコ。


m473.jpg

シッポも揃えました。
赤いリボンはわたしの案です。
100均のゴムベルトを利用し、ズンバの激しい動きに耐えうるように工夫しました。
前後左右にゆらゆらしても、くるりと回転しても落ちなかった。
ばっちり!
あと、細くてわかりにくいけど、鈴つき首輪もしています。

m472.jpg

最近、椿油の使い方が上手になり、毛先まで艶やかな黒髪に。
その調子。
椿油と相性いいね。
絶対に染めないと言う。
染めたことのない、美しい黒髪は財産だよ。
あたりまえだけど、一回でも染めると、染めたことがない黒髪ではなくなるもんねw
そこにこだわりをもつのも、人に流れされないのも素敵なこと。


m471.jpg

にゃんにゃんにゃん。
細い身体にふっくらした頬は若さの象徴。


m474.jpg

今日は、バイトの個別指導の教え子ちゃんたちに、キャンディーを用意していました。
今日くらい、仮装して教えられたら楽しいのにな~、とか言いいながら。


m475.jpg

あ~、髪がほんとにツヤツヤだわ。
モナカは体型はわたしに似てますが、顔は父親似です。
他にも可愛いのいっぱいあって、
選べないのですが、しつこいのでこの辺で…w
仮装すると、その気になれるため、表情がよくなるような気がします。
いいかも。


この黒猫の仮装、娘と一緒じゃない時は、わたしも何度か利用しました。
自分で言うのもなんだけどなかなか好評だったので、
写真を撮って、モナカのと並べちゃおうかな…と閃いたのですが、
いい加減にしときなさい、と想われそうなので自粛しました…w

ハロウィンって、これまではカボチャやお菓子を作って食べるくらいでした。
仮装して踊るなんて、生まれてはじめてよ。
今年はとても楽しい事ができたなぁ~。
来年も参加できるようにしようぞ。
その前に、クリスマス仮装もあるのかな…。

岳南鉄道後編、また延期になっちゃったけど、忘れたわけでもボケたわけでもありません。
11月中には…!


2015.10.31 Sat 16:30
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

スポーツクラブで肩を出そう・背中を出そう計画。 

持ってるのは、リモコンです。
これは、PUMAのバブルタンクというレイヤードのタンクトップ。
2枚くっついているので、脱ぐと構造がわからなくなり、急いでいるときは着れない。

m400-01.jpg
D90+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

これでも筋トレしていますが、
Twitter見てると、素っ晴らしく逞しい身体の人ばかりで、
わたしも筋トレします。。。、なんていうのが恥ずかしくなっちゃうんだけど、
筋トレといってもめざすところは、人それぞれ。
わたしは、ムキムキになりたいわけでも、
力持ちになりたいわけでも、
ダイナマイトボディになりたいわけでもなく、
細い体に、ほんのり色っぽい筋肉というものを理想としています。
それ以前に、たるませたくない、おばちゃんぽくなりたくないよ、ってのがあるんだけど。

いずれにしても、スポーツクラブに通いますと、こういうものを着る楽しみができますよ!


m402.jpg

肩のところにビニールみたいのがついてるんだけど、
これをとったらますます構造がわからなくなるのかもしれないと考え、
まだつけてあります。
でもこんなの普通、とるよなぁ…。


m404.jpg

こんなところに置いて、ピンクッション枕にして撮ってました。
大丈夫、落ちないですからw


m401.jpg

こちらはNIKEのです。
マルイのスポーツフロアで探してきました。
中は、手持ちのブラトップです。
写真はグレーでおとなしめにしてますが、ピンクにしても可愛いです。

もう一度言いますが、
スポーツクラブに通いますと、こういうものを着る楽しみができますよ!w

毎日、Twitterではスポーツクラブのことばっかり呟いているんだけど、
せっせと通ってるものだから、
よく顔をあわせる人には、
「こんにちは~。」、
「おつかれさまです~。」、
などと、普通にニコッと挨拶をしています。
あたりまえよね。
なんだけども、いつも返事もなく、横または下に、視線をそらしちゃう女の人がいるんです。
あれだけたくさんの人がいれば、いろんな人がいます。
わたしも年の功でw、その辺はわかってまいりましたので、
特に何も思わずに、会えば自分から、返事がないのを承知でその方に挨拶し続けてたんです。
そしたら、昨日、着替えをしていたら、
「こ、これをもらってくださいっ!」
と、いくつかのキャンディーを差し出してくれたの。
「ありがとうございます~♪」
と両手で受けとり、お話しようと想ったら、
即座に、回れ右して、走っていないくなっちゃった。
早いよ~。
もしかして、すごい恥ずかしがりやさんなのか。
世の中には無視されてるとか思ってたら、
相手が極度のシャイだった…という場合もあるようですが、それだと判断しました。
だとしたら、誤解を招きやすい可愛い人なんでしょう。
うれしかったわ、キャンディ嬢。


さてさて、入会して、早いもので3ヶ月が経過しました。
筋トレだけでなく、プールやらダンスもはじめ、がんばってます、というか、
おもしろくてしょうがない。
こんなおもしろいところが、近場にあったのねー。
一万円の会費は安いと想えるほどに。

今日なんか初冬みたいに寒いんだけど、、
スポーツクラブは一年中、極楽浄土.Heaven温度で四季は関係ないようです。
わたしは、リアルな季節に逆行し、
背中や肩を出して、運動してみることに。

体験に行き始めたばかりのころ、
わたしが最も衝撃を受けはのは、会員の皆さんの服装でした。
紺のジャージにTシャツ、おとなしい服装で運動している人もいるのですが、
目に止まったのは、
ピンク・イエロー・オレンジ…、
オウムのような色彩で展開するキャミソールにアニマル柄のパンツ、
足元は、いったいどこで売ってるんだと想うような、キラキラ輝くシューズの集団。
それがスタイルの良い若い娘さんなら、びっくりもしないんだけど、
もう孫がいても不思議じゃない人もいる。
ご自身の背中の現状を知ってか知らずか、
贅肉で段々になった背中に、キャミの紐やら、ブラトップのなんやらを食い込ませ、皆で堂々としている。
皆々様の家には、合わせ鏡ってものがないの、美意識ってものもないの、
えええっ!、これはいったい…。
って想っちゃった。

あまりの衝撃にTwitterで、オウムが…って、
つぶやいた記憶が…。

けれども、慣れというのは素晴らしいもので、
せっせと通っているうちに、
オウム集団の派手派手しさも当たり前のこととなり、
むしろ見かけないと、今日はどこにいるのだと気になるくらいに。
さらに皆さんの背中の贅肉も見慣れ、わたしは理解を示すようになりました。
日常を離れた、スポーツクラブという館内のみで、
各々、好きな服装で運動しているのです。
家でゴロゴロ、テレビ観ながら、菓子パンやカップラーメン食べてる人より、
ずっと前向きよね。
年甲斐がなくたって、背中の贅肉が段々になってたって、
ここでは気にすることなんてないのよね。
けっこうなことじゃないですか。
だって帰りの服装を見ると、
皆さん、年令相応となり、チャリンコをこいで帰路についているもの。
みんな割り切っているのよ、わかっているのよ。
(たぶん…w)

そう思ったら、自分も、今のカッコじゃ物足りない。
形が可愛いTシャツを数枚そろえ、初心者らしく運動していたのですが、もうこんなんじゃ物足りない。
孫がいそうな人達があんなに開放的で自由なんだから、
わたしも背中を出してみたいわ~!、と入会・一ヶ月もしないうちに、想ったんです。
早々と。
しかし…しかしだ。
なんにしろ、運動神経が鈍い。
謙遜ではなく、ほんとうに鈍い。
となると、服装と実力が伴わないというのは、
ここでは贅肉よりも、むしろ恥ずかしい事なのでは…などと、煮え切らないことを考えちゃったの。
グズグズと。
そして、3ヶ月が経過してしまいました。

出すなら早く出しちゃいなよ。
いつからそんなに女々しくなったんだ。

で、このたび、やっと煮え切りまして準備も整いました。
鈍いなりにも、雰囲気にも溶け込みつつ、様子も把握できつつあるので、
このへんがよいタイミングかとw
まずはこれで、明日、大好きなグループキックに参加。
グループキックというのは、、格闘技型エクササイズで、
カッコいい音楽や、イケメンのアニメーターさんといっしょに、
パンチだ、キックだ、飛んだり跳ねたり振り回したり、ハードに動きます。
なかなか、きついのですが、
ストレスらしきストレスは現在・特にない私でも、ストレス解消できた気分になります。
終わるとそれはそれは清々しい。
45分もよくあんなことできちゃったなぁと、家に帰ってくると毎回、想うのよね。
何かが脳から出てくるのよね、だからできちゃう。

スポーツクラブ、お楽しみは、いろいろあります。

実はタンクトップ、
白×ピンクも既に用意できてます。
いったん、背中を出したら、もう後戻りできないような気がして…w

そうそう。
おばちゃんちの背中のお肉は見慣れたけれど、
わたしは背中に段々の贅肉なんて、意地でもつけないわ。
お腹も尻も太腿よ。

「そんな簡単に、おばちゃん体型には、ならないし、なれないわよ。」
って娘に言ったら、
「そんな強気のおかーさんが好き!、ならないと想う、ならないでいて。」、
と言ってくれました。

可愛い娘に言われたら、ほんとうになれないわよ。

m403.jpg

鏡撮り。
Spick and Span(スピック&スパン)のニット、しなやかで着やすくて気に入ってます。
書いてある文字は、おフランス語で、チョコレートって意味らしい。
そろそろ、カットにもいかなくちゃだわ。
少々、重たいね。

長々、読んで下ってありがとうございました。
岳南鉄道・後編は、次回こそ…!


2015.10.10 Sat 18:22
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

かんざしが池に落ちてしまわないように。 



このあと、かんざしが池にポチャンと落ちてしまい、わたしが慌てて拾いに行きました。
帯は、ふくら雀をアレンジした結び方です。
今はなんでもありなため、様々な結び方があるのですが、
最も上品でお嬢さんぽい印象だったので、娘・モナカや呉服屋さんと相談して決定。
着崩れにもしにくいそうです。
168㎝あるので、長身を活かした立て矢結びも勧められたのですが、
ふくら雀が気にいっているようで、断ってました。


かんざしの池ポチャが心配で心配で…。

M303.jpg

このあと、同行してくれたお婆ちゃん(私の母親)が、
絶対に落ちないようにしてくれました。


m301.jpg

我家の縁側。
なわけはなく、撮影のために借りた茶室の縁側です。


昨日は、ビリギャル(学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話)、
の筆者の、坪田先生の講演会に、モナカと出かけました。
とても面白かったです。
モナカの個別指導のバイトにも役立つヒントがたくさんあったはず。
招待してくださった方は、モナカに逢うのは10年ぶりくらいで、
綺麗に成長したね、と誉めてくれました。
お父さんによく似ていると。

その後、お昼ごはんを御馳走になった時に、
初対面の方々と同席になったのですが、
モナカは、はじめての大人の方と、感じもよろしく会話もできて、
知らないうちに、この子は大人になったな…と感じました。
大学2年。
ハタチになるんだから、
そうなっていなければ阿呆だ、これであたりまえだ、
ってことになるのでしょうが、
親はそんな風に想うのでございます。

そして、お世辞だとは承知しているのですが、
「ウチにも娘がいるのだけれど、どうすれば、こんな風に育つの?」
と、きかれまして、
答えようもなく、
「いやいや…そんなそんな…、ねぇモナカ。」
と娘に話しを振って、ごまかしていたら、
なんとなく娘が話を繋げてくれて、
ああ、わたしよりずっとちゃんとしているじゃないの…と再び。

もちろん親ですから、
まだまだこの先も…というより、、
わたしは死ぬまで様々なことで、娘を心配し続けるのでしょうが、
昨日は、もうな~~んにも心配いらないような気になって帰ってきました。


2015.09.17 Thu 20:22
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ひとりっ娘のおかあさん 

m300.jpg

菖蒲のころ。
うちの御姫様。
ここ1年で、可愛いから綺麗になってきたのよ。


さて、スポーツクラブに通い始て、1ヶ月半経ちました。
大きな目的は、体型と運動習慣の維持。
トレーニングは淡々と続けているんだけど、
話しかけてくれる方や、挨拶するようになった方もできました。
どこにでもいるんだけど、
いろいろリサーチしてくる集団もいて、
週に何回通ってる?、から始まり、
身長・体重、年齢、既婚未婚、子の数、子の年齢・性別、学校など…。
わたしの結婚相手でも探してくれるのかいな…って感じ。
わりとよく言われるのは、
「ああ~~~っ、女の子ひとりのおかあさんって感じするわよね~。」、
という感想。
つまり、のんきそうにみえる、ってことなんだと想う。

こういうことは、
子をもつ、もたない、希望するが叶わない、からはじまり、
子の数も同様に、
やっとの想いでひとり授かった、
増やしたくても増えない、
計画では二人だったのだが三人になったなど、
それぞれの家の諸般の事情があり、比較をするものではない。
だが、そこをあえて比較すると、確かに男の子、2人、3人を育てることを想像してみると、
女の子ひとりというのは、めちゃくちゃ楽な気がする。
日々の食事のしたく、洗濯など、単純な家事だけでも、労力の差はたいへん大きいと想う。

さらに、モナカは空気を読んでくれるし、察しもいいしので、おそらく育てやすいタイプではないかと想う。
わたしとの相性もいいと感じている。

なんだけども…、

わたしだってそれなりに、いろいろあったのよマダム、
このブログに書いた事もあれば、書けないほどの事だって、いろいろあるのよ。
…って、どこかで想うので、
そんなふうに言われると、(まぁオトナ気ないんだけど)、ちょっと面白くないのよねw
余計なことは言わないけれど。

でも物は考えようで、
暑い最中に涼し気にしてる人って、素敵だから、
どんなことがあったって、
ひとり娘のおかあさんらしく、まったり見えるって、悪くないわ。
そんなにガチャガチャしているのに、よく女の子を育てたよね~、
なんて思われるよりずっといいもんね~だ。



2015.08.20 Thu 18:22
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

体幹トレーニング240日目、さぁここからは維持だ。 

とても元気にしているのですが、一ヶ月も更新しなかったため、スポンサーサイトが一番上にあがっていました。
RPPはじまって以来です。
なんてことだ。

手は少々、くたびれていますが、タマゴを毎日3個食べていたら、爪が丈夫になりました。
とてもきれいに伸びます。
爪が薄くて、二枚爪に悩まされていたのです。



何かを上から塗るよりも、食べ物なんだなってことが、本当によくわかりました。
肌も髪もいっしょよね。
効果があるんだかないんだかよくわからない高い化粧品なんか買って塗るより、
食生活の見直しの方がずっと効率がいい。
そんなこと昔からどこにでも書いてあることなのにね、この年になって実感している。
食べたもので作られる身体。
必要な栄養が届かなければ、身体も心もおかしくなる。

「タマゴは一日一個まで説」の呪いはどこまでも深くて、3つも食べてるっていうと、
まだまだ世間ではびっくりされちゃう、2015年夏。
だから、タマゴの話しを書きたいんだけど…、
あんまりタマゴをほめて、売り切れになったり値上がりすると困るから、また今度w


この一ヶ月の間に、
毎日3このタマゴを食べながら、
人間ドックにはいったり、
父親の三回忌があったり、
スポーツクラブを3か所体験したり、
高性能の体組成計に乗りまくったり、
トレーナーさんと加圧トレーニングを体験したり、
なんだかんだと、やりたいことを次々に思いついて、実行に移してました。
いくらあれやりたい、これやりたいと思っても、
例えば子供がまだ小さかったり、年老いた親の面倒みたりなどで、
いくら望んでも、自由になれない時期ってあるけど、
今は自由な時期だから、自分の行動力さえあれば、なんでもできる。

さあ何から書こうと考えたのだけど、Twitterでは思いつくままつぶやいてたなぁ。
書いてないことは…。

------------------------------------------------------------------------

父親の三回忌は、母と兄の家族、そして私と娘で簡単にすませた。
兄の子供たちは幼稚園児と小学生で、まだ幼い。
「幼さ」からなのだろうが、やたら食い意地がはっているふたり。
お寺でお菓子を出してもらえば、我先に、奪うようにして食べ始め、
腹が膨れて、食べられなくなると、残りは全部、ウチに持って帰ると、袋に詰めはじめる。
親はその様子を、食いしんぼうでしょうがないなぁと、と笑ってみている。
いつもこうなので、これがまかり通ってしまう。
わたしが親なら、1才児でも2才児でも、
「これは、みんなでいただくお菓子なんだよ。
もうひとつづつ、お家にもって帰っていいですかって、おばあちゃんにお願いしてごらん。」、
と教えるのだが、
兄夫婦は目を細めて、菓子・袋つめ放題の我が子らを見ている。
小学3年生といえば、算数で、「あまりのある割り算」を習う年齢だというのに、
この分別のなさはなんなのだ。
親が教えないものだからこうなる。
遠慮がない様子を無邪気で可愛いと想っているようだ。
阿呆親。
一事が万事で、料理やさんに行ってからも、似たようなことが繰り返される。
座ったとたんに、食べたくてたまらない小3の姪。
学校で給食のときは待ってるだろーに。
それに、さっき本堂で食べたマドレーヌと大きなドラ焼きで、腹は膨れているのではないのかw
「食べてもいい?、もう食べてもいいんでしょ!、ねー食べてい~~~いっ?」、
と大きな声で連呼。
父親である兄は、「えーっ、まだだよぉ。」、と情けない返事をしている。
見かねたわたしが、
「○○ちゃん、さっき注文したウーロン茶が届くのと、おばあちゃんが席につくのと、
ふたつのことを待ってからね。」
と優しく優しく教えてやった。
意地悪ではない。
おばさんとして、親に代わって教えてやった。
そしたらおとなしく待つではないの。
ウチの犬だって、マテとヨシくらいわかるから、あたりまえではあるが。

おばあちゃんである母は、嫁にはいい姑でいたいので、その場では何も言わないのだが、
翌日以降に、「まったくあの家族は、はずかしいったらありゃしない…。」、と嘆く。
お兄ちゃんをそんなふうに育てたのは、お母さんでしょ、とわたしは返す。

ま、食い意地のはってる姪も、女の子だし、
年頃になれば自分ではずかしくなるのが普通だから、
そこまで心配いらないとは想うけどね。
わたしも人の子(兄の子)なので、余裕のあることを言ってられるのだけどw


-----------------------------------------------------------------------------


↑↑…なこともありました。
そして、体幹トレーニングは8ヶ月、240日目を超えまして、
お腹はどうなったかというと、

m261.jpg

いつものことですが、妊娠線やら、なんやらお見苦しくてすみません。

↓角度をかえると、手前はくびれが少ないけど、奥側にくびれありますw
m260.jpg

サイドブリッジは片足を上げて、左右かかさずやっていたので、腹斜筋、鍛えられたかな。

50日目から、ふりかえってみましょう。

m263.jpg

140と240は、ラインがちがいますよね。
180と240で、やっと下の方まで落ちた感じ。
体重も50日めと240日目では、4㎏まではいかないけどそれ近くは減ってます。
体脂肪率は22~23%くらいから、18%前後に。
ウエストは62㎝くらいから、58㎝以下になってます。
どのへんが好みかは人それぞれなんでしょうけど、
こんな形状のお腹になったのは、人生初のような気もするから、
今は、これを維持したいと思います。
ただ維持するのは、食べたいもの食べて、ぐうたらしてたらダメね。
ダイエットに成功!あっというまにリバウンドって、よくきくけど、
もとの生活に戻したら戻るに決まってるじゃんか。
脂肪なんていとも簡単につく。
人より若く、かっこよくいる幸せを求めるなら、
一生筋トレでボディメイク、一生よく考えて食べろってことね。
終わりなどないのだ。
また、食べたいものは、お腹いっぱい食べたいよ、(更に運動もイヤ)
この幸せを失うくらいなら、
腹がでようが、カッコ悪かろうが別にいいって話も実際きくので、
自分の人生、そのへんはお好きな方を選べばいいのですね。
価値観は人それぞれ。

でも大学生の娘がいるわたしが、何もやったことなかったのに、
家でネットみながら、見よう見まねで筋トレして、
食べ物に気を付けただけで、こうなるんだから、
年なんていくつでも、やる気さえあれば、身体はどうにでもなるのかもね。

そして、運動する楽しみがやっとわかってきたため、スポーツクラブに入会しました。
去年の今ごろは、自分がこんなことするなんて、想像もつかなかった。
運動なんて大嫌い!、
会費を払って運動するとかありえない!、
自分には一生無縁なところだと想っていました。
人っておもしろいですね、自分にびっくりですよ。
まだ入会して間もなくて新鮮なため、何をするにもおもしろいです。
また、はじめてのスポーツクラブ談、報告しますね。


2015.07.17 Fri 18:37
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

体重・体脂肪率他、16週間の推移と考察をしてみましょう。 



ブルースカイという名前の紫陽花。


m253.jpg

こっちは、ポップコーンだったかな。
おたふくちゃんだったかな。
くるくるして可愛い。


m251.jpg

ぶどうのモチーフがついた、素敵なフラワーベース。
いただいたもの。
なんのお花が似合うのかな。


いつもの古玄関にも。

m250.jpg

左から、トラノオ、アナベル、ブルースカイ

トラノオは近くでよくみるとちょっと気持ち悪いんだけど、
咲くと持ってきてくれる。
アナベルは、数年前に、娘の手のひらの中にいれて撮ったら、
「ゴハンかと思いました…。」ってコメントをもらってから、
白いごはんにしか見えなくなっちゃったよ。
アタマでっかちなのがまた可愛い。
キャンプセットの青いポット、捨てなくてよかった。

Twitterでは、何を食べたか体脂肪率は筋トレは…ってなことばかり呟いてるけれど、
花くらい飾ってますよ。
部屋だけ綺麗にしても、自分が汚いとイヤだし、
自分だけ綺麗にしても、部屋が汚いんじゃイヤだし、
どっちがマシなのか、たまに考えるんだけど、両方ごめんだわ。


さて、体幹トレーニングは7ヶ月を過ぎたんですが。、
日本で最も高性能な家庭用体組成計を買ってからは16週間、4ヶ月となりました。
4ヶ月の大雑把な流れはこんなです。週単位のグラフです。
雑ですみません。

m255.jpg

体重は最大値より約3㎏減。(低体重の域ですが、大袈裟)
体脂肪率は約4%減。

に対して、筋肉量は若干減ってはいるものの、ほぼ横ばい。

わたしの計算があってれば、脂肪が重さにすると、約2.8㎏減ってます。
あとは筋肉も少しは減ったんだろな。
筋肉をつけたければ増量は恐れるなというか、増やさないとつかない。
筋肉が大きくなるんだから、あたりまえよね。
なわけで、減量しながら筋肉増やすのは、ものすごく困難なことらしいので、
減った体重に対して、この程度の筋肉の減りなら、いいんじゃないでしょうか。
わたしは、筋肉でモリモリにして身体が大きくなりたいわけじゃなくてw、
いらない脂肪が落ちて身体が、キュッとしまればいいのです。
よく、体重だけ減って体脂肪率は高いままに、筋肉ばっかり落ちちゃったなんて話もきくけど、
それは最悪。
もう体重は49.5㎏まで落ちたので、これ以上は減らしたくないので、減らないように維持に努めます。
少しなら増えてもいいけど、脚につくのが心配。
あとどうせなら、ちゃんとした栄養のあるもの食べて中身のつまった増やし方をしたいのよね。
一番やりたくないのは、炭水化物をドカドカ食べて増やすってこと。

あと、水分率も増えました。
タニタの説明によりますと、

■体水分率とは?
体水分とは、体内に含まれる水分の事で、血液、リンパ液、細胞外液、細胞内液などをいいます。
これらは栄養の運搬、老廃物の回収、体温の維持など体にとって重要な働きがあります。

体が大きな人や、筋肉量の多い人ほど体水分量は多くなるため、
体水分率は女性よりも男性の方が高い傾向にあり、加齢とともに減少する傾向が見られます。
また、体脂肪率が高い人は低く、逆に体脂肪率が低い人は高い傾向があります。

ってことは、体脂肪率が低く↓なったから水分量は高く↑なった。
あと、「加齢とともに減少する傾向」ってあるので、
わたしは、加齢に逆らって、みずみずしく若返っちゃったのよ。
母は47.0%しかないし、娘は54.9%
わたしの直近は55%で、ついに19才の娘より微量多いぞ。
どうだ!w

このように些細な数字に一喜一憂しながら、楽しくのっています。
母もたまに乗りに来て、おもしろがってます。
せっかくいいの買ったんだもん。

今朝の体重は、49.30㎏、
BMIは18、
体脂肪率は、18.9%

です。





2015.06.16 Tue 16:21
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

美容室でトリートメントと小太りが長生きっていうけども。 




モナカのペンと箸しか持たない、白魚のような手と比べると、節くれ立っててやんなっちゃう…。
20年通ってる美容室から、トリートメントプレゼントのハガキがきたので、
やりにいってきました。
さらに、ダブルでやるとよいという別種のトリートメントを追加し、
さらにさらに、キャンペーン中のヘッドスパまでやったので、今日のわたしの髪は少女のように素直。
20年も通うと、気楽でいいのだけど、このまま一生、ここに通いつめ、
他のお店を知らずに死んでいくのは、どうなんだろうという気にもなる。
だけど、ここまで一途に通うと、他店にいくのが浮気のような気がしたり、
浮気のあとでまた戻ったら、浮気がバレて気まずくなるような気もする。
まぁ、お店としてはおそらくそんなことはよくあることで、なんてことないのかもだし、
むしろ他店を知ることで、元のお店のよさを再発見し戻るというのは、
嬉しいことなのかもしれないのだが。
…なんか戻るって前提の話しだなぁw
でもって、あれこれ考えると、めんどくさくなり、
結局、いつものお店で言いたいことを言いながら切ってもらう。


m216.jpg

こんな写真じゃわかんないけど、さらさらツヤツヤなんですw

さて、一番、長生きできるのは実はちょっと太っている人というのをよく聞く。
無理してダイエットしてストレスをためるより、
そこそこ身体を動かしていれば、食事とお酒を楽しんでいいんですよ、肥っていても健康ってことらしい。
腹の出ている中高年には朗報。
それなら、なぜメタボ健診なんてするんだろな~とも想うけど、それは超肥満を探すためなのか。
この「ちょっと太っている」というのはBMI25程を示すそうで、
わたしの身長165㎝だと70㎏あってもいいことになり、あと20㎏増やしてもいいことになる。
20㎏増って、自分的にはちょっと太ってるどころじゃないよ、かなりなものなのでは…。
着たい服も綺麗にきれず、腹の脂肪と太い脚を見るたびに悲しくなり、
そのストレスで気がおかしくなり、病気を誘発し、わたしはむしろ早死にしそうだわ。

長生きするために、今を生きてるわけじゃないじゃん。
今、生きてる時にどれだけ満足して生きれるか、
その満足ってのは、人それぞれで
欲求のままに飲み食いする満足もあるんだろうけど、
なりたい身体になる、なりたい身体でいる満足もある。
(ちなみに自分がなりたい身体は、
ムキムキではなく、うっすら腹筋のでた、しなやかなスラットした身体。
腕は柔かさを残しつつ程よく細く。決してガリガリではなく。脚も同様。)

う~~む。
う~~む。
ダイエットのストレスっていうけど、女心としては太ってるストレスの方こそ相当なものだとも想うわ。
このBMI25ってホントかいな??

と想って、また調べてみたらw、

20110922184256.jpg

となり、60才以上の男性はBMI25の小太りが最強らしいが、
女の人の最強は40代、50代では、適正体重と言われているBMI22以下である。
165㎝の場合、BMI21で57㎏なので、これでも今より+7㎏なんだけど、
これくらいでおさまってれば、そこらへんで売ってる服も11号(Lサイズ)で買えそうだし、
女心のストレスもそこまでひどくはないような気もする。
さらに細かいこというと、こんな身長体重だけで決めるBMIなんてのより、
体脂肪率や筋肉量、中身が大事じゃないのかいな。
でもまぁ、体重を減らすのは大変だが増やすのは容易いので、
60過ぎたら、今よりもう少し増やせばいいのかも。
まぁ、何もしなければ筋肉も代謝も年々右肩下がりで落ちるそうなので、
そのころには体重なんて、増やそうとしなくても増えちゃいそうだよね。

ただし、何もしなければだ。
…代謝も筋肉も落としたくないから、今夜も夜の部メニューをがんばります。
今日できることは、今日、劣化老化する分を抗うことなのだ。

(抗ったつもりでいるだけかもですがw)




2015.05.29 Fri 18:10
カテゴリ: 近くにあるもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

« b a c k  | h o m e |  n e x t »