02/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./03

理想のおしりに近づけるためにだ。 



先日、娘の振袖姿を茶室で撮っていただいた時のお弁当。
静岡では有名どころ。
鯛めしが美味しかった…というより、お腹がすききっていたので全て美味でした。


本業とは別のスポーツ界で、快挙を成し遂げているオードリーの春日が、
「トレーニングをしないと、せっかくつけた筋肉がなくなってしまう。
だから筋トレをしている。最高のケチですからね、私は!」
と語ったそう。
この方の努力と、自分のやってることを同じに考えては図々しいのだけど、共感する。

運動が好きで、少しくらいさぼっても、いつでも取り返せる自信がある人なら、いいんだろうけど、
自分なんかは、こんな気持ちになるのは、この先もうないのかもしれない…とも想うので、
日々せっせと、自分がやれるトレーニングに励む。
後退するのがもったいない。
過去にはもっと痩せていた時もあるんだけど、別物。
筋トレや運動をコツコツやり、栄養のことも(自分なりによく)考えてボディメイクしたのは、
人生で初めてなんだもん。
だから、後退するのがもったいない。
お金もいっしょよね。
た~~くさんあって、この先もいつでも増やせる人なら、
少しくらい、遊んで暮らしても涼しい顔をしていられるんだろうけど、
無い中で、がんばって貯めた人は、できることなら減らしたくなくなるはず。
わたしのやっと目覚めた筋肉も、そんな感じかも。
減らしたくはないのだ。

ダイエットしてる人が、目標体重に達成すると、
また今まで通り食べて、リバウンドしちゃうなんて話もよくきく。
たくさん食べればまた増えるにきまっているのに、なぜわからなくなってしまうのか。
もしかしたら、ただ減量し、体重計しか見てないからなんじゃないのかな。
ただ体重だけを減らしても、美しくなれるわけでもなんでもない。
空気の抜けた、風船のようになるだけである。
だから、再び太っても、何度リバウンドしても、それほど惜しくないのかもしれない。
だけど、トレーニングしてひきしまって綺麗な身体を手に入れれば、失いたくないと想うはず。
自分の身体に、執着したくなる。
「筋トレする人は自分大好きだよね。」、とか言う人がいるけど、嫌いよりもずっといいよ。
一生つきあう自分の身体だもん。
それに、しまりのないお腹でそんなこと言われても、説得力ないし。

自信がつけば、何事にも余裕が生まれる。
なにより美しいのは素晴らしきこと。


さて、ブルガリアンスクワット(ハイパー)を追加してから、2ヶ月以上が経過。
目的はヒップアップ。
回数は多い日で60、少ない日で30回程。
他にも、ヒップリリフト系のトレーニングもしているのですが、これが一番効いてる感があります。

理想のおしりというのは、サイズが小さければいいってもんじゃない。
ただボリュームを減らせばいいってものではない。

「理想のヒップラインは、お尻の上側にある程度ボリュームがあって、
後ろから見ても、横から見ても、自然な丸みを帯びた形。お尻と太ももがしっかり分かれているお尻です。」
とあります。
このブルガリアンスクワット(ハイパー)は、下を持ち上げるだけでなく、上が鍛えられてる感がある。

我が尻の現状。

m201.jpg

○で囲ったところが、発育しました。
そうなんだよね、下をあげても、上がないと丸くみえない。
むしろ、下があがっただけだと、垂れてるよりはマシだが、
下部のみにボリュームがついてしまう。

人は加齢とともに、尻上部がどんどん下がってきちゃうそうですね。
さらに、尻下部は下部で下がるから、ほっとくとピーマンみたいになる。

m202.jpg

ちなみにこれ、圧力のある素材ではなく、イオンで1000円くらいで売ってるレギンスですからw
家、トレーニング用です。
いまのところはトレーニングには、直接的なお金は一円もかけなてないかも...。
家にあったものを使ってます。
自分にしては偉いなぁ。
食材は買うけどね。

いくらがんばっても、ミス・ブンブンみたいなお尻にはなれるわけはないのだけど、
平たい族の尻なりに、もっと持ち上げたいので、今日もコツコツがんばりますw
ピーマン尻になりたくなかったら、つべこべ言わずに、続けるしか道はないのだ。
重力に逆らえ。




2015.05.18 Mon 11:28
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

年末年始あれこれと、祝フロントブリッジ50日目の記念撮影 

近所に住む95才のおばあちゃんが、毎年、折って持ってきてくださる干支の折り紙。
今年のヒツジさんは味わいのある和紙で。
とても素敵なので玄関に。


m003.jpg

松の内に更新できました。
新年あけましておめでとうございます。
今年もささやかな日常の幸せやら、日々の想ったことを、
写真といっしょに、ここに綴っていけたらと思います。


さて、この年末年始。
クリスマスは、モナカがバイトで忙しかったので、
だいぶ遅れてから、それらしき食事会を。

m005.jpg

これはセルクルで作ったサラダ。
セルクルはもっていないので、家にあったもので代用しました。
一番下がサーモン、
マッシュポテト、アボガドディップ、マッシュポテトになってます。
マッシュポテトはキタアカリを使うと美味しいと読んだので作ってみたけど、
ほんとうに美味しくて感動しました。


m008.jpg
(iPhone)
ちゃんと裏ごししてから、サワークリームと混ぜて、がんばったのよ。


m004.jpg

今年は簡単なグラスケーキを。
中のスポンジは前日に焼きました。

あとは、漬けこんだ焼き豚やマカロニグラタンを焼いたり、
母が買ってくれた1つ千円もするw、フルーツとナッツぎっしりのなんとかっていうパンを味わったりしました。
食べちゃうのはあっというまなんだけど、
今年は作るのに精いっぱいで、ちゃんと写真を撮ってる根性がありませんでした。

カラオケ活動は年末年始、あわせて2回。

m009.jpg

絶対に良い点がでる曲。
この歌を歌ってるときはほんとに楽しそうだと、娘に言われるんだけど、
いい点がでるから気分がいいのかも。

お正月、モナカは小さなイトコたちにお年玉をあげてました。
バイトしたからあげたかったらしい。
まだ自分ももらってるんだけどね。

そして、お寿司を食べにいったり、

m007.jpg
(iPhone)

好物のミルフィーユ鍋を鍋ぎゅうぎゅうにこしらえて食べたり、

m006.jpg
(iPhone)

てな具合に、いろいろ食べたんだけど、
体幹トレーニングのおかげなのか、
クリスマスデブにも、正月太りにもならずにすみました。
よく3キロ太った5キロ太ったやばぃ~~なんて言ってる人いますけど、
1キロ太れば腹の肉で気がつきそうなものなのに。

元旦はお休みしましたが、
それ以外は毎日、フロントブリッジ、バックブリッジ、サイドブリッジ...と
続けてました。

m002.jpg

こんなとこで↑やっております。
で、何月何日から始めたか正確には忘れたんだけど、
50日は過ぎたと想うので、
お腹の記念撮影をしました。
わたしのお腹なんて見たくないとは想いますが、
続けるためには自己を満足させることが大事です。
スカートをずらして。


M001-2.jpg

自分の目標は、ムキムキの6コに割れてるエグザイルみたいな男らしい腹部ではなくて、
「みっともないお腹にならずにいる。」…というところにあります。
50日前はも少し、ぽよんとしていたような気がする。
自分としては、この程度を維持すればいいのですが、
もう2㎝くびれないかな…。
地味に地味に…ですが、長くできるようにもなったし、がんばって続けてみましょう。
スカートにブラウスをインするのをためらうようになったら、女は終わりだから。

100日目記念撮影はあるのか。

2015年、よい一年になりますように。

2015.01.07 Wed 14:10
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

りんごのキャラメル・カトル・カール 



カトル・カールはフランス語でパウンドケーキのことで、
これは、りんごのカラメル煮のはいったパウンドケーキです。

図書館で借りたお菓子本に載っていて、おいしそうだったから作ってみました。
先にカラメルを作って、茶色にブツブツ煮えたぎる中にカットしたリンゴをいれて、焼き付ける。


l993.jpg
(今日のは全部、GX1+LUMIXG20mm/F1.7)

白くなくてもいいお菓子は、きび砂糖を使い、
量もレシピより3割ほど減らして作ります。
娘は、お母さんのお菓子やさしいよ~♡って言うんだけど、
お砂糖のせいもあるね。
買ってくるのは、えっふえふするくらい甘いのがあるもんね。
そうだ、よくあるスイーツバイキングのケーキもやたら甘い。


l990.jpg

今日もイオンでリンゴ安かったので買っちゃった。
お菓子には紅玉がいいらしいけど、あまり売ってないから、「ふじ」を好んで買います。
昨日はベーキングパウダーをいれ忘れたんだけど、
バターや卵に空気がしっかりはいってれば問題ないね。
むしろ、ベーキングパウダーないほうが、周りがカリッ、中はずっしりで、わたしは好み。


l992.jpg

コーヒーいれて、いただきまーす!

たまに食べたくなるスナック菓子は、たくさん食べちゃうと、なんだか虚しくなるばかりだけど、
それなりに考えてそろえた材料で、ちゃんと作ったお菓子は、
一切れ食べれば身も心も満足するのです。


l994.jpg

あ~~幸せ。
娘が1才…カタコトで話すようになったころ、
おいしいを、
「ぽいち、ぽいち、ぽいちぃよ~~。」
って言ってたんだけど、
まさに、ぽいちぽいちぃよ~w

ビスケの散歩にいってこよ。
ひとつむこうの角で曲がって、カトル・カールを消費しなくちゃ。


2014.12.09 Tue 14:46
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

カルピスバターはバター界の白雪姫だった。 

バターの品薄が続いていますが、店頭で手に入りにくいため、
ネットで購入ついでに、憧れのカルピスバターを買ってみることに。
カルピスバターは幻のバターと呼ばれています。

l914.jpg

カルピスバター。
ウィキ先生によりますと、

「カルピスを作る工程で牛乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分(クリーム)から製造される。
カルピス30数本から1ポンド(450g)のバターしか作れないため、単独の製品として大量生産はできない。
カルピス用につくられた乳を使っているために、製品の純白な色も特徴である。」

とあります。
地元の、ちょいセレブスーパーでは、箱に入って1ポンド(450g)1400円で売ってますが、
ネットのお店では1000円ちょっとで買えました。
業務用で箱なしってのもあるのかな。
よくある普通のバターでも200gで400円近い時もありますから、
1000円とちょっとなら、そこまで高くないような気がして。
(送料はおいといて)

早速、食べてみたいのですが、見た目の比較を。

カルピスの公式ページには、

「バターの色は、他社製品よりも白くできあがっています。
おいしいバターは、品質の良い牛乳から乳脂肪分を分離して製造されるため、牛乳に近い色をしています。」

とあります。


l913.jpg

でも、わたしの写真じゃ、よくわかんないねw
肉眼でみますと、普通のバターより白っぽく、より優しい色。

さぁ、食べてみましょう。




ほんとうは、カルピスバターに、ふさわしいパンを用意したいところだったんですが、
このパンは、わたしが愛してやまないPascoの超熟のライ麦パン。
そこらへんのスーパーで安価で売ってます。
この組み合わせだと、部屋着の上にカシミアのコートを羽織る感じ。

肝心かなめの味。
一言でいうと、上品。
上品なんですよ。
しつこさがなく、クリーミーで、口の中でふわあああっと溶けます。
カルピスバターを食べたあとで、他のバターを食べ比べると、ぜんぜん違う。
まったくの別物。
さっきまで、美味しいなぁと想ってた、よつ葉印のバターがしつこく感じちゃう。
スーパーのライ麦パンがごちそうに。


l916.jpg
(今日は全部、GX1+LUMIXG20mm/F1.7)

カルピスバター、食べてみたくなるでしょ。


l911.jpg


このバターは塗るなんて無粋なことしちゃダメですね。
のせて食べたい。

さぁ、次。
ごはんを炊き、庶民のレシピ、「バターしょうゆごはん」を作って、
食べ比べてみました。


l910.jpg

ほとんど意味のない写真ですがw
バターが溶けちゃうわー。

バターしょうゆごはんは、
カルピスバターだと上品すぎて、このレシピにはふさわしくなくないのでは…、
って想う人もいるかも。

でも、わたしはカルピスバターのバターしょうゆご飯のほうが好きかな~。
しつこさのない、バターしょうゆごはん。

カルピスバターは、色も味も上品で、バター界の白雪姫でした。
普通のバターと姫とでは、格が違いますな。
無塩が売り切れで、今回は有塩だったので、
この次は、無塩か発酵のカルピスバターを手に入れて、お菓子を作ってみたいです
そうなると、小麦粉もお砂糖も、白雪姫にふさわしいものを…なんて想っちゃいそうね。


2014.11.12 Wed 12:54
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

ハロウィンのブラックレアチーズタルトを作りました。 

l841.jpg

ひさしぶりにお菓子を作りました。
トッピング用のクッキーの分をよくばったら、
土台がちょっと薄くなっちゃいました。




二日がかりで、がんばって作ったので、黒猫ちゃんと撮ったやつも。
黒猫はシオリです。
Twitterでもつぶやいたんだけど、
バターが品薄とは聞いてましたが、
ほんとにほんとに売ってないんですね。
お菓子作りたい人困っちゃうね。
イオンでも、はじめてみるような100gの小さい手作りバターが、2こしか置いてなかったです。

さて、ハロウィンって日が決まってるのか、
それとも盆や正月みたいな「期間」なのかと想ったら、
「正確には10月31日~11月2日です。」
と記してあるところがありました。
いつのころからか日本でもジャックランタンだらけになって、
ハロウィンハロウィンって騒がれるようになったけど、
日本でいうと「お盆」みたいなもの…っていうじゃないですか。
ハロウィンハロウィンなんて浮かれる前に、墓参りくらい行きなさいよね~。

今回も、
「ハッピーチーズケーキ シーズンレシピ2」 を参考に作りました。


2014.10.30 Thu 12:12
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

レモンチェッロと特急とバニラなんちゃらと 



イオンに積んであって美味しそうで気になったレモンチェッロ。
満足に飲めないくせにね。

目の方は、ほとんどわからないくらいよくなりました。
ご心配おかけしました、ありがとう。

最近、まともに写真を撮っていないです。

ここから下は、iPhoneで撮ったもの。
つまんない日記です。


l502_2014080310553416c.jpg

ある日の空いてる特急列車。
前の席に部活遠征帰りのような男子が座っていて、
靴をぬいで、足を顔より高くあげて、ふんぞり返ってゲームしてるんだけど、
エアコンの風にのって、後列のわたしの鼻先になんともいえない足の臭いが…。
自分では、わからないのかな。
疲れて足をあげたいのかもしれないけど、車内は自分の部屋ではないのだよ。
人の顔より足を高くあげるなんて、行儀が悪すぎ。
親の顔がみたいわね。
その後、ガマンできなくなり他の席に移動。


l505.jpg

ある日の某ホール。
モナカとトリニティ・アイリッシュダンスを観ました。
楽しくて、かっこよかった。
踊れないけど踊れるような気がして踊りたくなる。
あっというまの二時間。
出口で握手してくれた女の子たちの手がポカポカでした。
可愛かった。


l500_20140803105533fb0.jpg

ある日のスタバ。
モナカは18才にして初スタバで、
注文するにあたり、ちゃんと公式サイトで勉強してましたw
バニラクリームフラペチーノ モカシロップ...だったかな?
いや、モカシロップ バニラクリームフラペチーノだったかな。
わたしはストロベリー ディライト フラペチーノ。
これは、ほんとうにおいしかった!
大袈裟だけど、喉に命を吹き込まれる感じ。


l504_20140803105534377.jpg

ある日の夕方。
浴衣を着てモナカとお祭りに。

ゲタの歯がひとつとれちゃったり、
おかしなことを連呼し続ける気狂い人にからまれて、
(人の顔を凝視して同じことを言い続ける)
ふたりで逃げたりして、たいへんでした。
普段でも、危ない感じの人は一定量いるんだろうけど、
おまつりは、その割合が普段よりも高まる気がします。
酔っぱらいも多いしね。
でも、おめあてのグループ、「夏恋」の踊りはちゃんとみれたからよかったです。


もう8月。
えーと、3日。
今年の夏も、暑い暑いと言ってるうちに、終わっちゃいそうです。

2014.08.03 Sun 12:04
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

わからないオシャレいろいろ。 


GX1+LUMIXG20mm/F1.7

昨日、モナカと作って食べた、うちどら。(家で作ったどら焼きw)。
甘めのパンケーキを小さく焼いて、ゆで小豆をはさんだけです。


l310.jpg

一時期、爪まで栄養が回らなかったのか、どの爪も二枚爪となりボロボロで短くしてたんですが、
10本、復活しました。
まだまだ再生能力があるのね。うれしい。

爪といえば、みなさん爪のオシャレにぬかりがなく、
指先に色を付けるだけでなく、さまざまなデザインを施しています。
個人的には、淡い暖色など身体の一部にある自然な色の単色使いや、
フレンチネイルくらいなら、
その良さは理解できるのですが、
ボーダーだったり、ドットだったり、
花やら光る石やら、立体的なチャームやら、10本それぞれ違う色やデザインやらと、
凝ったもののよさが、どうもわからずにいます。
と想ったら、男性の多くも凝ったネイルを嫌う人が多いとか。
でも、指先に気を使いネイルサロンで投資をし、
爪のおしゃれをしている女性のみなさんは、
そのへんのことなど十分に理解されてると想うので、
凝ったネイルは、
男性の目なんてしったこっちゃなく、
爪という小さな空間のアートを女性同士で見せあう、
あるいは自己満足的な楽しみとなるのでしょうか。
そう想うと、凝ったのをやってる人って、かっこいいのかも。

わからないといえば、(だいぶ前からだけど)パンプスを履くために、
浅いフットカバーみたいのが売ってて、
みなさんレースの部分などをちょっとだけ見せて履いてますが、
あれもよさがさっぱりわかりません。
素足で履きたいけど、素足じゃ気持ちわるいから、あれを履くのでしょうか。
なんか履いてる時もかっこわるいけど、
なにより、靴を脱いだ時の姿が、まがぬけててカッコ悪いと想う。
雑誌の外人さんのモデルさんとか、履いてる人いないし。
(愛用されてる方がいらっしゃったらごめんなさいね。
オシャレに詳しくない、わたしの戯言ですので。)

もっとわかんないといえば、キャラコンという、
カラコンの中に、それはそれは小さいマイメロディやキティちゃんが、
ぐるっと一周、描いてある商品があるんですが、
http://www.queen-eyes.com/fs/queeneyes/c/CHARACON/?gclid=COyjga__jr8CFU4AvAodEosAog
↑↑これです。
よほど目がいい人に瞳の中を凝視して、マイメロちゃんを確認してもらわないと…。
誰にもわかってもらえなくても別にかまわない、
自己満足的なオシャレということになるのでしょうが、小さすぎw

今日はもっとヘビーな話題を書こうと想って、
下書きを作ってあったんだけど、
長くなっちゃうのでここまでにします。

2014.06.23 Mon 11:17
カテゴリ: おいしいもの
comment -- | trackback -- |

PAGE TOP

« b a c k  | h o m e |  n e x t »